音楽

ノットフェスで絶対に見ておくべき5組のアーティスト

投稿日:

01

今週の15(土)16(日)に幕張メッセで開催されるスリップノット主催のフェス「ノットフェス・ジャパン2014」。マキシマムザホルモン(急遽出演キャンセル)やMAN WITH A MISSIONといった今、ジャパロックの中心的なバンドだが多数出演する予定。
筆者はどちらかというと、キャンプインフェスでオーガニックサウンドを聴きながらゆる〜く音に酔いしれるタイプなのだがたまには「ヴォ〜ッ」とか「タテノリ」とかしてハッスルしてみたいと思っている。
今回は、そんなノットフェス・ジャパン2014に出演するアーティストの中から、オーガニック派の筆者がどうしても見てみたい5組のアーティストを紹介します。
オーガニック視点でのピックアップをお楽しみ下さい。

Limp Bizkit



1日目に出演するのが、90年代後半~00年代前半に活躍した「Limp Bizkit」。
筆者の青春時代ともいうべきバンドで、懐かしいの一言。
ギタリスト”ウェス”は健在で、10年経った今どこまでの鮮度でライブを見れるのか期待。
思いっきり”My Generation”でタテノリしたい気分。

Papa Roach



1日目に出演するのは、”Limp Bizkit”と同様に懐かしい枠の「Papa Roach」。
この動画の”Last Resort”は、一時期へビーローテーションで聴いていた想い出が。
懐かしい!


SILHOUETTE FROM THE SKYLIT



福岡発エモーショナルロックバンド。 ヘヴィメタルリフをサウンドの軸に据つつ、ピアノやクリーンギターを織り込んだメリハリの効いた展開と、硬質さと暖か みの同居したヴォーカルが作る壮大な世界観がただひたすらにエモい。耳障りの正統派さとは裏腹に革命主義色の 強い Lyric はトガリまくりで、聴き込ほどに腑に落ちる事間違いなし。
出典:公式サイト


2日目のオープニングアクトに抜擢されたのが、福岡発のエモーショナルロックバンド「SILHOUETTE FROM THE SKYLIT(シルエット・フロム・ザ・スカイリット)」。
今のジャパロックの最新型エモロックの中心バンドで、ただ重いだけでなく、ピアノなどのサウンドが入ってより幻想的な世界観を創りだしている。
去年の「RED BULL LIVE ON THE ROAD 2013」では、グランプリを獲得するほどの実力の持ち主。


WAGDUG FUTURISTIC UNITYとAA=



2日目に出演するのは、THE MAD CAPSULE MARKETSのVocal”KYONO”のソロプロジェクト
「WAGDUG FUTURISTIC UNITY」と同じく”上田剛士”のソロプロジェクト「AA=」。
MAD CAPSULEの中心人物が同日に出演するということは、もしかしたらと想像してしまう。


Amon Amarth



正直に言うと、最後は見た目だけで選んだ「Amon Amarth」。
見ただけで、凄いメタルバンドだと思ったのは初めてかも知れない。
ライブの映像を見たが期待を裏切らなかった。みんな長髪を振り回して、速弾きしている。そして、ファイヤー!!
こういうバンドが、見れるのもこのフェスに特徴。おそらく一番盛り上がるバンドだと思う。




元の記事を見る

-音楽
-, ,

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.