音楽

フェスのリストバンドでストラップを作ってみよう!

投稿日:

フェスシーズンも終盤戦!毎週のようにリストバンドが溜まっていく人も多いはず。リストバンド1つ1つに思い出が詰まっているし、「フジロック」や「ライジングサン」などのリストバンドはちょっと豪華な布製なので捨てるのはもったいない。学生の頃は、そのまま手首に重ねづけして、ちょっと誇らしげにしていたものですが、社会人になるとさすがにそうもいかず。というわけで今回は、どこにでもつけられるストラップの作り方を紹介したいと思います。

実際にストラップを作ってみた!

準備する材料

No.1
 ① フェスのリストバンド(布製のもの)
 ② ヒモ留め No.3(15mm) ¥140 
 ③ Cカン (0.8×6×8mm)   ¥100
 ④ カニカン No.3        ¥145
 ※②〜④:貴和製作所で購入(全て税抜き)

必要な工具

No.2
①平ヤットコ 2本(ペンチでも代用可)
②布用接着剤(100円均一ショップで購入)

作り方

①フェスリストバンドにアイロンをかけてしわを伸ばす

No.3
リストバンドの加工がしやすいように、アイロンでシワをしっかり伸ばしておきます。汗をかいていたり汚れていたりするので事前に洗っておくとベター。またアイロンで伸ばした後にミシンを使って裏地を付け、強度を高めるのもアリ。

②リストバンドを二つ折にする

No.4
リストバンドを2つ折にし、折り目にアイロンをかけます。中央から半分に折ってもいいですが、フェスのロゴが折れてしまうのがもったいなかったので、中央から少しずらしてどちらかの面にロゴ見えるように折りました。

③端を接着する

No.5
リストバンド先端に布用接着剤をつけて(幅1mmくらい)接着します。先端を接着することにより作業時のズレを防止します。ミシンを持っている場合は先端を縫いつけるのもアリ。

④余った部分をハサミでカット

No.6
接着した部分より先の飛び出た部分をハサミでカットします。

⑤ヒモ留めをつける

No.7
ヒモ留めのサイズは15mmがベストです。ヒモ留めの口の中に接着後余りをカットした部分を挟み込みます。

No.8
リストバンドをヒモ留めの中に挟み込んだら、ヤットコを使ってヒモ留めの口を閉じていきます。一気に閉じるのではなく、ヒモ留めの右側左側と交互に力をかけていった方が、微調整が効きます。

⑥ヒモ留めを取り付ける

No.9
Cカンを広げてカニカンに通しておきます。

No.10
ヒモ留めにCカンを通します。

No.11
Cカンを閉じます。写真ではヤットコを2本使っていますが、1本でも閉じられます。

No.12
Cカンをしっかり閉じないと、揺れた際にリストバンドが外れてしまうので注意が必要です。

⑦完成!
No.13

リストバンドストラップの完成です。

***

所要時間は約10分程度、費用も1本あたり100円前後と、とても手軽に作ることができます。ストラップにすればカバンにもつけられますし、余っているリストバンドがある方は、それぞれのフェスを思い出しながらストラップ製作にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Text & Photo by Ai Tkgk

元の記事を見る

-音楽
-, ,

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.