音楽

編集部が選ぶ今年のフジロック&サマソニのベストアクト15選

投稿日:

2015年のフェスシーズンも終盤にさしかかっていますが、Festival Lifeはメンバーも一新し、新体制で進んでいくことになったので、今回は新メンバーによるフジロック&サマソニベストアクト特集をお届けします。最後にはプレイリストにもまとめているので、今年の夏の思い出に是非!

各ライターが選ぶサマソニのベスト7選

Ariana Grande 8.15(土)17:30〜@MARINE STAGE

今年のサマソニは何といってもアリアナ・グランデ 。「かわいい」なんて言葉じゃ片付けられない完成度の高いパフォーマンスと歌唱力でオーディエンスを圧倒。ファンはもちろん、ファンでない方に尋ねてもあのステージを観てケチを付ける人なんていないはず。あとはさすがの親日家。日本語がお上手。「ニッポンアイシテルヨー❤」(Charlotte)

FFS 8.16(日)02:15〜@HOSTESS CLUB ALL NIGHTER

HOSTESS CLUB ALL NIGHTERへの出演だったため、夜中の2時過ぎからのスタートでしたが、観客の疲れを忘れさせるようなライブ。F.F.Sの曲はもちろん、Franz Ferdinandの曲でも、Sparksの曲でも皆踊って歌って大盛り上がり!本人たちもとても楽しそうに演奏していたのも印象的でした。日本語を交えたMCでコミュニケーションを取りながらライブをより一層盛り上げていました。(Kazuma Goto)

Wolf Alice

サマソニの予習時間がなく前日に駆け足で聴き漁り、耳にひっかかったWolf Alice。当日まず感じたのは「静かなる怪物」。美しい美貌から放たれる時折のシャウト、そして乱れる髪。フォーキーな曲があると思えば一変、このグランジっぷり。セクシーな狼に首筋を噛まれたような、そんな危険な香りが堪らなかった。(Sachiko Kadoya)

The Chemical Brothers

初のサマーソニック出演で1日目のヘッドライナーという大役。前回の『Don’t Think』のライブセットを基本に過去の代表曲を惜しみなく披露し、マリンステージの大観衆を沸かせた。今回のツアーではメンバーのエドの不参加が伝えられどのようなライブになるのか心配していたファンもいたが、そんなファンの不安を吹き飛ばすような素晴らしいライブだった。(Nabe)

MisterWives

可愛いは正義である。これが世界共通であると教えてくれたのは、ニューヨーク発インディーポップバンドMisterWives。ボーカルMandy Leeの可愛らしさとバンドの演奏力の高さで話題のニューカマーは、今回のSUMMER SONICが日本での初公演。Mandyの爽やかで突き抜けるような美声とステージを無邪気に走り回る可愛らしさをポップに引き立てるホーン隊。若くも洗練されたポップチューンはRAINBOW STAGEを軽やかに響き渡り、鮮烈な日本デビューを飾った。(Riku Kawasaki)

THE PRODIGY

結成から25年経つにもかかわらず、衰えるどころか逆に速度を増している感もあるTHE PRODIGY。新曲旧曲がバランスよく組み込まれたセットリストで、リアムが容赦ない音を叩きつけ、キースとマキシムが観客を徹底的に煽り、それに観客も負けじと応える。一番の山場は「All My Voodoo People Here?!!」とマキシムが叫んでからの「Voodoo People」。また旧曲だけではなく前作「OMEN」や新曲の「Nasty」「Get Your Fight On」の盛り上がりも凄かった。これから先もこの3人の更なる進化に期待が膨らむ、まさに圧巻なステージだった。(Etoo)

ZEDD

参りましたゼッド様! EDMという底抜けに明るい怪物がサマソニを、いや日本のフェスシーンを飲み込んだ瞬間。良いか悪いか、望んでいるか望んでいないかは別にして、今のロックバンドやポップシンガーがあの光景を生み出すことはできないのではないかと思ってしまうくらい衝撃的な1時間。マジック!のナスリ・アトウェがゲストボーカルに登場したり、サマソニに出演していたクリーン・バンディッド、アリアナ・グランデの楽曲もしっかり盛り込むあたりもニクい!愛しのアリアナちゃんにあげようと思ってたのに、あげちゃうぜベストアクト!(Shotaro Tsuda)

各ライターが選ぶフジロックのベスト8選

Noel Gallagher’s High Flying Birds 7.26(日)21:30〜@GREEN STAGE

派手なパフォーマンスもスペシャルなゲストも何もない終始聴かせるスタイルだった今年のノエル。それでも目が離せなかったということ自体が、現在のノエルの好調さと、音楽家としての地力の違いを見せつけてくれたように思う。最終日のトリというシチュエーション、官能的なホーン隊に絡み合うノエルの色気ある声、そして何より3万人が大合唱する「ドンルク」は鳥肌モノ!(Nadia)

FKA twigs

出演者発表時から多くのフジロッカーの注目を集め、今年のフジロックで最も期待されていたアクトの一人FKA twigs。他を寄せ付けないオリジナリティと神秘的な存在感を放つ彼女を一目見ようと始まる前から超満員のホワイトステージ。少数精鋭のバックバンドとライディングのみというシンプルなステージ構成ながら、片時も目を離すことが出来ないほど圧倒的な存在感と洗練されたステージパフォーマンスはまさに圧巻の一言。彼女が次世代を担うアーティストの中心である事を示すには十分すぎるほどの説得力を持っていた。(Nabe)

椎名林檎

純白の衣装を身に纏ったバックバンドを従え、高揚感と妙な緊張感が交じり合う開始5分前。そんな空気も一変、1曲目の「丸の内サディスティック」で待ってましたと言わんばかりの歓声と熱狂が一気にGREEN STAGEを突き抜ける。途中、突然真っ白な衣装を脱ぎ捨て、スクール水着にも見えかねない姿で艶やかに歌う林檎嬢、漂う色気は反則級。苗場の大自然までもがステージの一部に感じられる壮大なエンターテイメント。旭日旗を模したフラッグが舞う中、圧倒的に歌い上げる姿はまさに”女帝”。(Riku Kawasaki)

FOO FIGHTERS

日本のファンが待ちに待ったフー・ファイターズ。フジロックは7年振りの参加だったのだが、来日直前にフロントマンのデイヴが骨折したと悲報が入る。不安を胸に残したまま、彼らを待ったファンも多いはずだ。しかし彼らは一瞬で僕たちの不安を吹き飛ばしてくれた。笑いあり涙あり、濃厚な120分。ダイナミックな演奏で観客を釘付けにし、ロックバンドとは、ロックとは何たるかをフジロッカーズに見せつけてくれました!(Kazuma Goto)

KEMURI

最高に幸せな気持ちにさせてくれるLIVEでした。良い大人が、無邪気に左回りの特大サークルを作ってグルグル走り回る姿は、「フジロック最高!」と誰もが思う瞬間だったはず!2007年 WHITE STAGEの「Less Than Jake以来の特大サークル!皆のキラキラ笑顔が眩しかったです。(Ai Hamada)

GALACTIC featuring MACY GRAY

オレンジステージがなくなって奥地族的には非常に不安な今年でしたが1曲目「Sugar Doosie」が始まった瞬間その不安を一気に消し飛ばしてくれました。ロックも良い、ポップな感じも良いけどフジロックの奥地と言えばこのグルーヴ感なんだとしみじみ感じたところにMACY GRAY登場!どんな衣装なんだと思いつつもその容姿からは想像できない歌声で、今年もしっかりと観客を天国に誘ってくれました。(Ken)

TWENTY ONE PILOTS

まず初めに驚いたのは二人の身体能力の高さ。Vo&Keyのタイラーはステージ上を右に左に縦横無尽に走り回り、助走をつけてグランドピアノの上に勢いよく飛び乗ったと思ったら、よろけることなくピタッと止まって歌い始める。常に豪快な大振りでドラムを打ち続けるジョシュも、ピアノに昇ったかと思ったら何食わぬ顔でバク宙を繰り出す。そのアクションひとつひとつに会場が熱を帯びていき、「Guns for hands」のイントロが始まった時には会場中から割れんばかりの大歓声が。ステージの上と下がつながったことを実感した瞬間だった。(Ai Tkgk)

シーナ&ロケッツ

シーナさんがいなくなってからはじめてのフジロック。唯一無二のロックンロール。そして最後のYou May Dreamに泣いた。WE LOVE SHEENA AND ROKKETS FOREVER!!!(Shotaro Tsuda)

Edit by Shotaro Tsuda

元の記事を見る

-音楽
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.