音楽

赤塚不二夫没後10年を偲んでバカ騒ぎ!「フジオロックフェスティバル2018」第2弾出演者発表

投稿日:

赤塚不二夫没後10周年にあたる今年、命日とその前日の8月1日(水)と2日(木)に東京・恵比寿ガーデンプレイスにて開催される音楽と落語の融合イベント「フジオロックフェスティバル2018」の第2弾となる出演アーティストが発表となった。

フジオロックフェスティバルは赤塚不二夫没後10年にあたる今年、命日とその前日の8月1日(水)と2日(木)に、「ウケるためなら死んでもいい」との名言を残し、一生をかけてギャグをやりきった故・赤塚不二夫の意志を受け継ぎ、みんなで「バカ騒ぎ」する音楽と落語の融合イベント。

1日(水)にはザ・ガーデンルームで落語:「フジオ10年分のおバカ寄席」を昼夜に渡って開催され、ザ・ガーデンホールでは両日、ボツ10年ライブが開かれる。第1弾で発表された、電気グルーヴ、大友良英スペシャルビッグバンド+芳垣安洋、THE BEATNIKS(高橋幸宏+鈴木慶一)、矢野顕子らに加え、マキタスポーツ、LEO IMAI(LEO今井 岡村夏彦 シゲクニ 白根賢一)、そして16年ぶりに再始動したTOWA TEIのプロジェクト、Sweet Robots Against The Machine(新メンバーに砂原良徳、バカリズムが加わった3人組)が追加となった。

また、イベント期間中の両日に渡って恵比寿ガーデンプレイス内で”日本一バカな仲間たちとやる日本一バカな盆踊り”「バカ盆踊り」も開催。会場に吊られる赤塚キャラクターが入ったオリジナル提灯に名前を入れられるクラウドファンディングプロジェクトも受付中。赤塚不二夫没後10年を偲んで「バカ騒ぎ」する2日間の「フジオロックフェスティバル2018」のチケットは、6月16日(土)12:00より各プレイガイドにて発売となる。

©赤塚不二夫/フジオプロ

フジオロックフェスティバル 2018
日時:2018年8月1日(水)、2日(木)
会場:恵比寿ガーデンプレイス
公式サイト
クラウドファンディング支援サイト

赤塚不二夫が語る64人のマンガ家たち 立東舎文庫
リットーミュージック (2018-01-25)
売り上げランキング: 43,946

元の記事を見る

-音楽
-,

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.