世界には、日本で生まれ育った人にとって驚きの文化がたくさんありますよね。特にインドという大国は、同じアジアと言えど文化の違いを強く感じることが多いのではないでしょうか。

海外掲示板redditでは、そんなインドのある文化を紹介した投稿が話題になっています。写真と共に紹介されたのは、有権者が選挙で投票を行った後の習慣にまつわるお話。投票を行ったという印を残すために、指にあることをするんだとか。

Voters in India are marked with indelible ink after they cast their votes in elections. I was marked 3 days back. The gap in the line shows how much my nail has grown since then. from r/mildlyinteresting

あれ?勢い余ってインクがついちゃった?

一見そんな風にも見えなくない、指と爪に引かれた1本の線。これこそが、インドでは投票した証明になるんです。NHK選挙WEBによると、これは特殊なインクで書かれ、2~3週間は落ちないのだとか。日本でも音楽フェスなどのイベントで、入場した印として手にスタンプを押されることがありますよね。

写真のように人差し指を立たせるのが、投票をしたという定番ポーズになるそうです。たしかにみなさん、指にマークを書かれています。

たしかに自分の指は世界に1つだけ。消したりできなければ、良い証明となりますね。もちろん投票所では、これに加えてIDチェックもするそうです。

reddit上ではこの選挙スタイルを知って、自分の国も似たようなことをしているというコメントがちらほら。

「興味深いね!メキシコでも右手の親指にだけど、同じように線を引くよ。私たちだけだと思ってた」

「南アフリカでも同じことをするよ!親指だけど」

「マレーシアでは、指を青いインクに浸す文化があるよ」

どの国も、いろんな工夫を施しているんですね。シンプルなやり方が、意外と一番効率が良いのかもしれません。