未分類

打たれ弱い人の特徴とは?打たれ弱い性格を克服するには

投稿日:

打たれ弱い性格だと、何かと損が多いです。弱いということは平均以下というわけですから、平均以上の人や打たれ強い人と比べて何かと劣ってしまうのです。ですが、打たれ強くなる方法というのも存在します。まずは自分を知って、適切な解決策を考えていきましょう。

ここでは、

  • 打たれ弱いとは?
  • 打たれ弱いことのデメリット
  • 打たれ弱い性格を克服する方法

について解説していきたいと思います。

「打たれ弱い」とは?

まずは、打たれ弱いという性格がどういった特徴なのか、基本的な部分から考えていきましょう。人並程度の耐久力があると思っている人も、意外に打たれ弱いかもしれません。下記の特徴と、自分を照らし合わせてみてください。

失敗した時に落ち込んで立ち直ることができない


打たれ強い打たれ弱いというのは、失敗したり負けたりしたときの強さや弱さといえるでしょう。打たれ弱いと、ショックを受けるどころか、落ち込んでしばらく立ち直ることができないほどです。打たれ強ければ、そもそも落ち込むことはない、また落ち込んだとしても、早い段階で立ち直れます。

ささいなことに傷ついて強くなる方法がわからない

失敗と成功、勝ちと負けの定義についても特徴的です。打たれ弱い人は、ささいなことでも失敗や負けをイメージするため、頻繁に傷ついています

傷つくとストレスになるわけですから、本心ではきっと打たれ強くなりたいと思っているはずです。ですが打たれ弱い人は、強くなる方法が分かりません。結果、打たれ弱い性格を引きずってしまいがちです。

人一倍ストレスを抱え込んで解消できない

傷つくことで抱え込んだストレス自体の解消も、苦手としています。そもそも、ストレスの解消がうまい人は、失敗したあとの立ち直りが早いです。そのため、打たれ弱いこととストレスの解消が苦手というのは、似たようなニュアンスといえるかもしれません。

打たれ弱い人は損することが多い!8つのデメリット

打たれ弱くても、生きていけないわけではありません。その性格がしっくりきているのであれば、そのままにしておいても問題ないでしょう。ですが、打たれ弱いとさまざまな損が発生してしまいます。主には、次の8つのケースが代表的です。

自分の意志が弱く周りの評価を気にしすぎる


誰に何を言われようが自分が正しいと信じられる、そんな強さがあれば、他人の評価は気にならないでしょう。ですが打たれ弱い人は、周囲からの評価や自分の噂話をされると落ち込んでしまうため、そうならないよう常に周囲が気になっています。結果、仕事に集中できない、自信なさげな態度になる、意思をうまく主張できない性格になってしまいます。

プライドが高く他人からの批判に傷つきやすい

傷ついたときは弱い一方、プライドが高いというのも打たれ弱い人の特徴です。普通の人は、多少周囲からけなされても、そこまで気にしないでしょう。むしろコミュニケーションの一環として、好意的に受け止められる場合すらあるほどです。ですがプライドが高い人は、少しの批判にも敏感に反応します。結果、日常的にストレスを抱え込んでしまうのです。

責任感が強すぎて失敗を全て自分のせいと思い込んでしまう

打たれ弱い人には、責任感が強い人も少なくありません。だからこそ、失敗したときに大きく落ち込んでしまいます。自分が至らなかった、準備が足りなかった、周囲に迷惑をかけた、そんな罪悪感にさいなまれるためです。極端な人は、自分に関係がないところで起こったミスまで背負い込もうとしてしまうほどです。

物事を大げさにとらえすぎて自分で勝手に傷ついてしまう

打たれ弱い人は、心が繊細です。そのため、普通の人にとって大した問題でないことでも、傷ついてしまいます。同じ環境で働いているにもかかわらず、打たれ強い人と打たれ弱い人のそれぞれがいるのはそのためです。

自分に対して否定的で最初から諦めてしまう


打たれ弱いということは、日常的に負けたり失敗したりしている、もしくはそのような感覚を味わっているといえるでしょう。そうした失敗体験の多さから、自分に自信が持てません。そのため否定的であり、何ごとも最初から諦めてしまいがちです。

自分自身が傷つきたくないがゆえに他人に攻撃的になってしまう

傷つき慣れている人は、その苦しみを理解しています。苦しい感覚を味わいたくない、そんな本能から、他者に対して攻撃的になりやすいです。自分を傷つける対象を、先に押さえ込もうとしているのです。一見強く見えるかもしれませんが、弱さの裏返しといえるでしょう。

慎重すぎてリスクを負うことを恐れチャンスを逃してしまう

失敗を恐れる人は、慎重に生活を送るようになります。リスクを避けて生きることで、できるだけ傷つかないようにしているのです。ですがその場合、チャンスを掴める絶好の機会にまで、及び腰になってしまいがちです。結果、無難な生き方しかできなくなってしまいます。

叱られ慣れていないことで些細なことにもくよくよとしてしまう

幼い頃から頻繁に叱られていた人は、社会に出てもそう簡単に挫けません。ですが甘やかされて育ってきた人は、叱られるという慣れない状況に、心が折れてしまいやすいのです。そのため、些細なことにも何かとくよくよしてしまいやすくなります。

今日から打たれ強くなる!打たれ弱い性格を克服する8つの方法

打たれ弱い性格のデメリットは、上記の通りあらゆる面にマイナスな影響を与えます。では、どうすれば克服できるのでしょうか。以下の8つからなる方法を、試すと良いでしょう。

ネガティブな思考からポジティブ思考に切り替える


成功体験の乏しい打たれ弱いタイプは、何かとマイナス思考です。そこで、打たれ弱さの克服を意識する前に、まずポジティブ思考をすることを心がけてみましょう。ささいなことで落ち込まなくなるため、思考法から打たれ強くなることも大いに可能です。

失敗などのストレスをうまく発散する方法を身につける

ストレスが溜まると、多くのデメリットが出てきます。心身共に疲れやすいですし、それこそネガティブ思考に陥りやすくもなります。にもかかわらず、打たれ弱さから傷つくたびストレスが溜まっていくので、負のスパイラルといったところです。生活リズムを整える、趣味に没頭する、たまに贅沢をするなど、自分なりのストレス発散法を身につけることでストレスへ対処できるようになります

真面目にとらえすぎず時にはスルーすることも覚える

打たれ弱い人は責任感が強いですが、そんな性格を少し柔和にしてみましょう。真面目なのは良いことですが、自分と無関係な責任や問題はスルーして、心を休ませてください。これは決して不真面目なわけでもなく、普通のことです。慣れてくれば、自然に柔軟な過ごし方が実践できるでしょう。

周りの評価を気にするのではなく自分がどうしたいかを大事にする

周りの評価を気にしてばかりだと、自分らしい生き方ができなくなります。ちょっとした噂や批判にも傷ついてしまうので、ストレスも溜まりやすいでしょう。他人にどう映るかより、自分がどうしたいかを重視してみてください。

自分の考え方に固執しすぎず周りの意見を受け入れる余裕を持つ


自分の考え方にこだわり過ぎると、万が一うまくいかなかったときに平常心を乱してしまいます。プライドは高く維持しすぎず、周囲の意見も受け入れる余裕を持ちましょう。

失敗した時に言い訳を考えず次の行動を考えるようにする

物ごとの言い訳を優先的に考えていると、失敗しても良いという考えが大きくなってしまうので、うまくいくこともうまくいかなくなってしまいます。言い訳をしても、何も解決しません。

その代わりに、失敗したケースにおこなう次の行動をイメージしておきましょう。失敗してもなお目的に近づけるので、前向きな意味で心の余裕が持てます。

自分の思考の癖を理解し違う角度からも物事を見るようにする

人の思考には、それぞれ癖があります。そのため、自分の考えがすべて正しいとは限りません。自分をしっかり持つことも大事ですが、同時に違う角度からも物事を考えられる視野の広さを持つようにしましょう。まずは自分の癖を理解して、柔軟な思考に繋げてください

自分を振り返り短所も含めて自分自身を認めてあげる


打たれ弱い性格は、自分に自信がないともいいかえられます。そこで、まず自信を持つための工夫をしてみましょう。自分を振り返って、短所も含めて自分を認めてあげるのです。そうすることで自信が生まれ、どのような状況でも、堂々としていられるでしょう。ささいなことで傷つかない、強い心を育てられます。

まとめ

打たれ弱い性格は、生まれつき一生治らないわけでもありません。上記のような対策をおこなうことで、克服にも期待できます。打たれ弱いと、さまざまなデメリットが伴います。人生全体の充実度を高めるためにも、実践しておいて損はないでしょう。

元の記事を見る

-未分類
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.