感動・泣き 未分類

不倫に疲れた7つの原因と心を癒す方法

投稿日:

楽しく快楽もある不倫ですが、関係を続けるには、パートナーにバレないことが大前提。普通の交際以上に気を使う恋愛です。特に不倫関係が続くほど、付き合いを隠していくことに疲れてしまう時期も出てきます。

今回は不倫に疲れてしまった方のために、

  • 不倫で疲れを感じる原因
  • 不倫の疲れを癒す方法

をご紹介します。

\FEELY公式LINE@登録はこちら /
毎日トレンド情報をお届けします!
友だち追加

不倫で疲れを感じる7つの原因


不倫はパートナーに関係を隠して続ける必要があるため、常に気を張っています。不自然にならないようにパートナーとの生活を続けながら、バレはしないかと不安な気持ちを抱え、さらに不倫相手への不安もあります。特に疲れを感じる原因を見ていきましょう。

不倫がバレることに対する不安

不倫をすれば、パートナーにバレないかという不安を常に抱えることになります。関係を隠しながら生活しなければならないストレスで、毎日顔をあわせるパートナーとの生活が負担になって疲れてしまうのです。

さらに、不倫相手と会うたびに、誰かに知られないかと周囲に目を配り、時間をずらして相手と会うなど行動にも気を遣います。不倫をしている間は休まる場所がなく、常に不安を感じているのです。

周囲に相談できないつらさ

不倫を続けているうちは、不倫相手とどんなトラブルや不安を抱えても、パートナーに相談などもってのほか。知人や友人にも相談できないので、不倫でなにか問題を抱えても、なかなか解決できず、そのまま抱え続けなければなりません。誰にも相談できないということも、疲れてしまう原因です。

同じような境遇の人を見つければ、話をすることも可能かもしれません。しかし、そもそも誰かに不倫関係を話すとそこから周囲に話が広まる可能性もあり、リスキーです。

相手と連絡できない寂しさ


今のパートナーとの関係に不満があるから、あるいは関係が上手くいかず寂しいからと不倫する人もいるでしょう。不倫を続けると、パートナーより不倫相手との交際が楽しいと感じることも多いです。

しかし、おおっぴらに不倫相手とは会うことはできず、連絡も限られた時間で行わなければなりません。そのため相手に思うように連絡できず、相手からの連絡を待つしかないこともしばしば。早く連絡が来ないか、寂しく待つ時間が長いということも、疲れさせる原因です。

嘘をつくことへの罪悪感

不倫すれば、パートナーにはどうしても嘘を重ねる必要があります。最初は不倫相手との関係が楽しく、それが罪悪感を消してくれますが、不倫が続けばパートナーに嘘をついている罪悪感が募ります。

人によってどこまで罪悪感に耐えられるかはいろいろですが、罪悪感が薄い人でも、嘘をつくとバレないよう取り繕うのに緊張するものです。はじめは平気だと思っても、いつか嘘をつくことに疲れる時期が来るでしょう。

不倫相手が家庭を大事にしていると感じる


不倫の関係は人それぞれですが、家庭のある相手であれば、どんな家族と暮らしているのかは気になるもの。不倫相手が家庭を大切にしているとわかれば、家庭を壊しているのは自分だという認識から罪悪感が生まれます。

自分が不倫相手と会うたびに、家庭を壊していることに申し訳なさを覚えていれば、やはり疲れがたまっていくでしょう。また、不倫相手の一番大切な存在にはなれないことに、嫉妬や引け目を感じて疲れてしまうこともあるかもしれません。

別れを考えたときの葛藤

不倫相手との別れを考えたときも疲れやすいタイミングです。別れた方がいいのか、このままの関係を続けるべきか、また別れるなら、どのように切り出すかという葛藤は、体力を使います。別れを切り出すことで、他の人に不倫していることが伝わってしまうのではないかという不安もあるでしょう。

一般的なカップルよりも、不倫中のカップルは別れを考える機会が多いはずです。頻繁に頭を悩ませていることで、疲れがたまっていってしまうのです。

幸せ・不幸のアップダウンが激しい

不倫をしているのは、現状の生活に不満がある人が多いです。不倫中は、不倫相手と会っているときは楽しく、家に帰れば楽しくないという生活が続きます。また、不倫相手との時間もいつも楽しいばかりとは限りません。ときには不安の方が大きくなり、まったく楽しめないこともあるでしょう。

一人になってから落ち込んでしまうこともあるかもしれません。気持ちの浮き沈みが激しい生活は、精神的に大きな負担になります。

不倫で疲れた心を癒す方法


不倫を続けると疲れることもままあるでしょう。疲れを感じたならば、一度考えを変えてみると気持ちが軽くなります。また、一度不倫相手と距離を置くのも、リフレッシュできるでしょう。疲れを癒すにはどんな方法があるのか、ご紹介します。

相手中心の生活をやめる

不倫中は、家ではパートナーにバレないよう気を遣い、外では不倫相手のペースに合わせて時間を作るという、周りに振り回される時間が長いです。自分の時間を犠牲にして関係を続けるような、相手中心の生活は疲れるものです。相手に合わせるばかりの不倫関係ならば、一度付き合い方を見直しましょう

パートナーとの生活を中心にしていく、自分の時間を大切にするなど、時間に振り回されない生活に変えます。自分の時間がたっぷりとれれば、十分な休息も可能です。

一人の時間を楽しむ


不倫している人は、孤独になりやすい人と言われます。不倫相手がいても、満たされない孤独な時間を感じてしまうことがあるでしょう。誰にも認められない辛い恋愛を続けていくことに、寂しくなってしまうのです。そんな関係に疲れたなら、一度思い切って自分一人の時間を楽しんでみましょう

一人で食事を味わう、買い物に行って楽しむなど、自分の時間を楽しみ、パートナーにも不倫相手にも束縛されない時間を過ごしてみてください。自分の時間を持つことで、疲れた原因を見直す機会にもなります。

同じ境遇の人と話す

不倫は隠すのが当然の関係であり、密かに楽しむのが普通の感覚です。しかし、疲れたときは、誰かに話してみるのも手。仕事の愚痴を同僚と言い合うことで頭がすっきりするのと同様、口にすることでストレスが解消されるかもしれません。

もちろんパートナーに話すわけにはいきません。そこであなたと同じような不倫をしている人、片思いの恋愛をしている人に話してみましょう。同じような境遇であれば、理解してもらえることもあります。ただし、話す相手は慎重に選んでください。うっかり他人に話したことで周囲に広まり、パートナーに知られてしまう危険もあります。

別れるときはスパッと別れる

不倫していることに疲れを感じたならば、それは相手をそれほど好きでないのに、不倫関係を続ける大変さばかりが重くのしかかっている可能性があります。周囲に隠しながら関係を続けていくなかで、あまり愛されていないと不満を感じるならば、それは形だけの関係かもしれません。

このまま続けていくより別れた方が良いと思ったら、未練を残さず後を引かず、きっぱりすぐ別れましょう。不満を残しまま不倫関係を続けると、余計に疲れるだけです。疲れの原因と不倫相手への愛情をよく考えて、早めに別れるかどうか決断した方が良いでしょう。

まとめ


不倫は、相手との関係を隠して続けるものなので、どうしても通常の恋愛よりも疲れやすいです。長く関係を続けるほど疲れはたまり、不倫を続けていくべきか疑問に思うかもしれません。不倫して疲れたと感じたならば、まずは一呼吸置いて冷静になり、自分の時間を持ちましょう。このまま不倫を続けていくかどうかをゆっくりと考えて、後悔のない恋愛をしてください。

\FEELY公式LINE@登録はこちら /
毎日トレンド情報をお届けします!
友だち追加

元の記事を見る

-感動・泣き, 未分類
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.