感動・泣き 未分類

ナルシスト男はどんな男性?上手に付き合う6つの方法

投稿日:

ナルシスト、という言葉を聞いたことがあると思います。あまり良い意味では使われない言葉ですが、どのような人を「ナルシスト」と呼ぶのでしょうか。今回は「ナルシスト男」の特徴や上手く付き合う方法などについて紹介します。

ナルシスト男ってどんな男性なの?

男性
ナルシストを簡単に言えば「自分が大好きな人」のことを指します。他にもいくつか特徴があるので、それらも合わせて紹介します。

自分の容姿が大好き

ナルシストで思いつくのは常に鏡を見ている男性、身だしなみを気にする男性ではないでしょうか。もっとも有名な特徴として自分の容姿が大好きというものがあります。

自分の容姿が大好きな人のパターンとして、両親から可愛がられて育った人も当てはまります。特に女兄弟の中の男性、しかも末っ子となると親も過剰に可愛がることがあるでしょう。周囲から褒められ過ぎて、自分の容姿に自信を持った結果ということにもなるようです。

もうひとつは、自分自身にコンプレックスがあった人です。整形と聞くと良い印象を受けない人もいます。例えば一重から二重にするだけでも、かなり雰囲気を変えることが出来ます。今までコンプレックスになっていたからこそ、新しい自分の顔を過剰に好きになるという人もいます。

いつも完璧な外見を保とうとする

ナルシスト男は、普段から完璧な外見を保とうとする節があります。例えば常にコームを持ち歩いている人などもこれに当てはまります。たとえ風によるものであっても、自分の外見を乱すものは決して許せない、すぐに直さないと気が済まないという人です。

そのため、身だしなみを整えてさほど時間が経っていないのに再び鏡やコームを取り出すことがあります。自分の外見に関する完璧さは強いため、ある意味潔癖症と似通った部分もあるかもしれません。

自撮りが大好きなナルシストな男


ナルシスト男は自撮りが大好きな人が多いようです。かなりのナルシスト具合になると自撮り棒を持ち歩く人もいるほどです。自撮り=女性というイメージが強い傾向にありますが、男女問わず自撮りをする人は「ナルシスト」「イタイ人」という印象を持たれてしまうようです。

気に入ったものを写真に残すことは悪いことではありません。ただ、気に入ったもの=自分、という考えは少々周囲には受け入れがたいものがあるようです。

周囲で一番モテる男性は自分という意識がある

ナルシスト男の特徴として、自分が一番モテるという意識を持っているというものがあります。友人と一緒に笑いあっていても、どこか友人を下に見ている場合があり、普段は積極的な部分を見せないのに女性が絡むと周囲が引いてしまうほどの積極的さを見せることもあります。

これは「自分はモテる」「女性が自分に気がないわけがない」という絶対的な自信を持っているからです。実際は本人が思っているほど、女性は気にしているわけではないので意思の疎通が上手く出来ない場合もあります。

ナルシストな男はこんなふうに接してくる


ナルシスト男は女性に対してどのような接し方をしてくるのでしょうか。本人は「イケてる」と思っているかもしれませんが、意外と周囲はドン引きしていることを平気でしてきます。こちらでは、その接し方の一部を紹介します。

いつも自慢話をしてくるナルシスト男

気づけば自分の自慢話ばかりしてくる男性はいませんか? これもれっきとしたナルシスト男です。他人から「すごい」と思われるようなことをべらべらとまくし立てる特徴があります。

例えば、高級レストランに行ったこと、海外旅行に行ったこと、仕事のこと、自分をアピールするためにありとあらゆる自慢話をしてくるのです。本人は「すごいだろう」というつもりで言っているのですが、聞かされる方としては延々と自慢話ばかりではうんざりしてしまいます。そういったことに気づけないため、ナルシスト男の周囲から女性の姿がなくなる、というケースも珍しくありません。

自分が一番詳しい!ナルシスト男の知ったかぶり

流行っているものに対して「前から知っていた」と知ったかぶりをする男性もナルシスト男です。流行る前から知っていた自分はすごいだろう、というアピールをしています。

基本的に知ったかぶりの場合、ちょっとしたボロが出てしまうため、周囲もすぐウソだと気づきます。しかし、そのウソを正そうとする人はなかなかいません。指摘をしても「そうじゃないから」と自分の意見を押し通す人が多いからです。

知ったかぶりをしても「はいはい」と適当に流されている場合もあるので注意しましょう。流行りのものを誰が一番早く知っているかは問題ではありません。むしろ、最初に知っているから何? と感じる人も多いのではないでしょうか。

自分に都合の悪いことは忘れる

ナルシスト男の特徴として、自分に都合の悪いことは忘れるというものがあります。極端な話になればお金を借りても借りたこと自体を忘れているということもあるのです。

自分をアピールすることに関して積極的なのですが、都合の悪いことに関しては避ける傾向があり、最終的には記憶から抹消する人もいます。その結果、ナルシスト男に対して信用を置けないという人も少なくありません。

ナルシスト男と付き合う上手な方法


付き合い始めはナルシスト男であることはなかなか分かりません。後からナルシスト男だと分かった時、どのような付き合い方をすればいいのか悩む人もいるでしょう。そこで、こちらではナルシスト男と上手に付き合う方法について紹介します。

盛り上がりやすい話題は美容の話


ナルシスト男は女性顔負けのスキンケアなどを行っている人もいます。男性も化粧水などを使う時代なので、特別おかしいことではないのですが、その頻度やこだわりが女性以上の場合もあります。

そういう一面もあるため、ナルシスト男と盛り上がりやすい話題は美容の話と言われています。スキンケア、日焼け止め、さまざまなこだわりを持つ男性がいます。そういった話題を振ることで付き合いにくさを感じさせないほど話が盛り上がることもあるようです。

ルックスを少しだけ褒める

ナルシスト男にとって、もっとも嬉しいことと言えばルックスを褒められることです。そのため、話の中にナルシスト男のルックスを褒めるのを少しだけ入れておきましょう。ただ、過剰に褒めると「当たり前だから」という言葉が返って来てイラッとすることもありますし、恋人ではない場合はナルシスト男に勘違いをさせてしまう場合もあるので気をつけましょう。

基本的には期待せずに付き合うこと

ナルシスト男を付き合う上手い方法、身も蓋もない話になりますが「期待しないこと」です。性格がなかなか変わらないように、ナルシストである部分を変えることははっきり言って至難の業です。自分自身に余計な負担をかけないためにも、期待せずに「この人はナルシストだから」という気持ちで付き合うのが一番楽なやり方です。

彼女への愛情や思いやりを育てよう

母性本能をくすぐる可愛い男子の特徴
ナルシスト男は矯正不可能と思われがちですが、その想いの強さを別の方向に向けることは出来ます。交際している彼氏がナルシストだった場合、彼女への愛情や思いやりを育ててあげましょう。好きの方向性を変えることで、ナルシスト具合を軽減することも可能です。

「好き」という気持ちはたくさん伝える

ナルシスト男の場合、好意に飢えている人もいます。好きと伝える人がいなかったために、ナルシストに傾いている場合もあるのです。そういったタイプの場合「好き」という気持ちをたくさん伝えることで上手く付き合っていけるようになることもあります。

内面を理解して褒めたり共感したりする

外見に自信を持っているのがナルシスト男ですが、内面を褒められることは滅多にありません。だからこそ、外見ではなく内面を褒める、共感することで上手く付き合えるようになります。外見を褒められることはあっても、内面を褒められることは少ない、それがナルシスト男の特徴とも言えます。

まとめ

ナルシスト男と上手く付き合っていくのはなかなか難しいものです。しかし、ちょっとした工夫をすることでナルシストの部分が気にならなくなるほど上手く付き合える場合もあります。ナルシストだからといって諦めず、上手く付き合っていける方法を模索しましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き, 未分類
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.