感動・泣き 未分類

鍼灸を受けるとどんな効果があるの?おすすめの書籍もご紹介!

投稿日:

しつこい肩こりや腰痛だけでなく体の調子を整えるために鍼灸治療院を利用されるという方も多いのではないでしょうか。鍼灸とはその名の通り、鍼と灸を使って体のツボに刺激を与えてさまざまな疾患や病気の治療、予防を行う東洋医学に基づいた施術です。

外科手術や服薬を基本とする西洋医学とは違って、体にかかる負担がほとんどないものであること、未病と言われる病気になる前の状態であっても効果が期待されることなどによって、現代では世界中の医療関係者からも注目されているものです。

そこで、鍼灸の特徴や効果、鍼灸施術に向いている人、鍼灸に関するおすすめ本などについて解説します。

鍼灸っていったい何?

鍼灸とは、極細の金属の鍼やもぐさを使って体のツボに刺激を与える施術のことを指します。鍼の施術では、極めて細いステンレス製の金属針をツボに刺入して刺激し、こりや痛みをほぐしたり、血液循環を促したりします。

灸は、もぐさを使ってツボに熱刺激を与えるもので、直接もぐさを皮膚に乗せて火をつける直接灸と灸と皮膚の間を開けて火をつける間接灸の2つの種類があります。いずれも体を小宇宙としてとらえ、そのバランスが崩れることによって体調を壊すという考え方に基づく東洋医学で用いられる施術です。

約2000年以上の長い歴史がある東洋医学

鍼灸は東洋医学の治療法のひとつであり、東洋医学は小宇宙としてとらえる体のバランスが崩れた際に病が発祥するという考え方に基づくものです。鍼灸治療をする場合には、問診、触診によって体の変化や状態を把握してから行うこととしています。鍼や灸を施術することで体のバランスを整えて機能回復を図ろうとするものです。

鍼灸は石器時代の中国にその期限があると言われており、日本には中国の僧侶が仏典とともに伝えたとされています。平安時代から室町時代にかけて漢方などの中国医学とともに日本に定着し、江戸時代には日本独自の伝統医学として進化、発展しました。

経穴(ツボ)に鍼や灸を施して気・血の流れをよくする

整体などの治療院のなかには、気の流れを重視した気功をベースとしたものもあります。漢方や東洋医学の世界では、気の流れや血液の流れが病と密接な関係があるとされており、病気になるのは気や血の流れが悪くなって体全体のバランスが崩れるものと考えられています。

足の裏は第二の心臓と言われるほどツボが多くあり、その場所や痛み具合によって内臓系の疾患があることや疾患が生じるリスクなどをツボを押すことで診断することもあります。体中に点在するツボは、さまざまな臓器とつながっており、ツボを鍼や灸で刺激することによって体全体に作用し、気や血の流れを改善することができます。

鍼灸をする効果ってどんなもの?

西洋医学では投薬によって病気を治療することが多いため、場合によっては副作用を引き起こすこともあります。鍼灸は、ツボを刺激することによって体の調子を整える施術であるため、副作用はほとんど気にすることがありません。

体にかかる負担も少ないため、幅広い年齢層の方に効果があると言えるでしょう。東洋医学のひとつである鍼灸の効果については多くの公的機関が研究を進めており、2002年にはWHOによってさまざまな疾患や症状に対して有効であることが認められています。そこで、鍼灸によるさまざまな効果について説明します。

身体の内側から温める

鍼灸には、血液の循環を改善するとともに筋肉の緊張をゆるめることによって冷えの解消にもつながる効果があります。女性には冷え性の方が多く、冬になるとカイロや靴下の二重履きなどで寒さ対策をすることも多いでしょう。これらは体の外から体を温めようとする行為ですが、体の芯から温めるには体の外からではなく内側から温める必要があります。

最も手っ取り早く体を温めるには、ツボを刺激することが有効です。ツボを刺激することによって血流が改善し、手足の指先などに巡らされた毛細血管にも血液が流れやすくなり、体全体を温める効果が期待できます。

自律神経を整える効果

鍼灸でツボを刺激すると痛み止め効果のあるホルモンが分泌されるだけでなく、リラックス効果が得られるセロトニンなどのホルモン分泌も活性化されます。このことによって自律神経のバランスが整い、交感神経と副交感神経の働きがスムーズに行われるようになります。

自律神経が整うと体や心の調子がよくなるだけでなく、胃腸や内臓の機能も向上します。胃腸などが悪くなると服薬によって治療することが多いものですが、鍼灸では薬による副作用を心配することもありません。

神経や臓器の機能

鍼灸ではツボを刺激することによって気や血液の流れを改善することを目的としています。刺激によって組織や器官の機能を回復させる作用があり、痺れや運動麻痺などの神経や臓器の機能低下に対しては、興奮作用によって働きを活性化することができます。

肩こりや筋肉痛などで鍼灸をよく利用するのは、ツボを刺激することによって血管を拡張させ、血行を促進する作用があるためです。さらに、白血球を増加させることによって整体の防御機能や免疫機能を活性化すると考えられており、感染症などにもかかりにく体質への改善も期待できます。

脳卒中など脳血管疾患がもたらす後遺症に対するリハビリテーションへの活用

2000年もの歴史を誇る鍼灸ですが、最近では脳卒中などの脳血管疾患がもたらす後遺症に対するリハビリテーションへの活用も行われるようになっています。鍼では肩や腰だけでなく、顔や頭などあらゆる部位であってもツボに刺激を与えることができます。手や顔、まぶたや唇などを刺激することによって脳梗塞などによって失われた機能を補完しようとする働きを促すと感がられています。

脳血管疾患を患った後のリハビリでは、理学療法や作業療法と鍼灸を併用して後遺症にアプローチする試みが行われており、今後もさらに研究が進むことでしょう。

鍼灸を受けるのにおすすめの人

鍼灸はしつこい肩こりや耐えられない腰や背中の痛みなどを理由として利用することが多いものです。また、中高生でスポーツ障害を理由に治療を受けることもあります。服薬のような副作用がほとんどなく、体への負担もそれほどないため、幅広い年齢層に利用されているのでしょう。

肩こりや腰痛だけでなく、実は、婦人科系の疾患や不妊治療の一環として鍼灸の施術を受けている人もいます。どのような効果があるのかについて説明しましょう。

腰痛

鍼灸に通う人のなかには長年腰痛に悩んでいる人も数多くいます。コリをほぐすのとは違って、日常生活にも支障をきたす痛みにどのような効果があるのでしょうか。鍼治療では、極細の金属製の鍼を直接ツボに刺して刺激します。鍼では、ツボを刺激されることによってモルヒネのような強い痛み止め効果のあるホルモンが分泌され、痛みを和らげる効果があることが高く評価されています。

また、痛みの信号を脳に伝える神経をブロックする効果もあり、痛みの症状を緩和するのに有効とされています。整形外科などの診断では特に原因が特定されず、これといった治療ができないで痛みに苦しんでいるという方にとっては救世主となる施術と言えるでしょう。

不妊・妊活中の女性

妊活のために仕事を制限する女性が多いように、妊娠しにくい人にとっては不妊は深刻な問題です。強い痛みを伴うだけでなく高価な注射を何度も打たなければならない辛い治療が長く続きます。最近では、不妊症を解決するために鍼灸を活用する人も増えています。

鍼灸では不妊症の根本原因を治療するのではなく、体の調子を整えて妊娠しやすい体をつくることを目的としています。ツボを刺激することによって、血行を促進して腹や骨盤周りの冷えを改善したり、自律神経を整えてホルモンバランスを整えたりする効果が期待できます。

婦人科系疾患

鍼灸の施術は、生理痛や月経不順、更年期障害や冷え性など、女性特有の婦人科系疾患にも効果があると言われています。なかでも月経時の下腹部痛や腰痛などの生理痛は毎月あるものであり、女性にとっては辛いものです。

鍼灸によってツボを刺激することによって、血行促進、冷えの解消、ホルモンバランスの回復などが期待できるため、痛みを軽減することができます。また、鍼灸だけでなく漢方薬やマッサージなどの複数の施術を組み合わせて体の調子を整える場合もあります。

鍼灸の事が良く分かるおすすめ書籍

全国に鍼灸院は数多くあり、気軽に利用することができます。しかし、施術を受けるばかりでは体中のツボと症状の関係やツボの位置や刺激を与えることによってどのような効果が得られるかということについてはわからないままです。

なぜ鍼灸が体にさまざまなよい効果を与えるのか、ツボはどのように体に配置されているのか、など、より深く鍼灸について学びたい方におすすめの本を紹介します。

ツボ単―経穴取穴法・経穴名由来解説・〔ユ〕穴単語集

ツボ単―経穴取穴法・経穴名由来解説・〔ユ〕穴単語集

実写や3DCG画像を駆使して361ものツボについて徹底的に解説している本です。このツボを押すと頭痛が和らぐ、このツボは鼻づまりの症状が緩和する、などいくつかのツボ押しの効果については実感されている方が多いことでしょう。

この本は全てのツボを網羅しており、どのツボを押せばどんな効果があるかがピンポイントでわかります。鍼灸師を目指す学生のバイブルともなっており、学校の教科書よりもわかりやすいと評判になっています。

オールカラー版 基本としくみがよくわかる東洋医学の 教科書

オールカラー版 基本としくみがよくわかる東洋医学の 教科書

東洋医学の基礎理論から臨床までを網羅しており、カラーで見やすいだけでなく丁寧な解説に定評がある本です。東洋医学の理論を支える陰陽論や五行論などの自然哲学思想についても図解で説明しており、初めての人でもわかりやすい内容となっています。

専門用語には振り仮名もつけられており、用語解説も充実しています。東洋医学の最強のバイブルとして国家試験への対策本としても重宝するでしょう。

東洋医学式 カラダとココロの整え方

東洋医学式 カラダとココロの整え方:一年中薬に頼らず暮らせる 季節にあわせた養生のすすめ

女性は、病院に行くほどはないけれど何となく体の調子が悪いという、いわゆる未病の状態になることが多く、痛みや辛さを一人で抱え込んでしまうことがあるものです。筆者は、女性の不調を解消するために東洋医学に基づいた生活習慣を提案しており、その内容は食事や睡眠、ツボやセルフお灸など多岐にわたっています。

季節に合った養生の仕方や日常生活での心がけなどが、分かりやすいイラスト付きで解説されています。女性でも読みやすいということも魅力と言えるでしょう。

プロが教える東洋医学のすべてがわかる本 (史上最強カラー図解)

プロが教える東洋医学のすべてがわかる本 (史上最強カラー図解)

タイトルにもあるように、2000年以上の歴史を誇る東洋医学についてその全てをプロの視線で解説した図解シリーズの本です。東洋医学の基本的な考え方や病気のとらえ方など、東洋医学の基本にも触れることができ、読み物としてもおもしろいのも魅力となっています。

オールカラーでビジュアルが充実しており、視覚的にとらえやすいのも大きな特徴と言えるでしょう。現代では、難病治療や緩和医療などにも活用されている東洋医学についてしっかりと学ぶことができるおすすめの本です。

まとめ

鍼灸治療院というと年配の方が肩こりや腰痛の症状を緩和するために通う所というイメージがあります。しかし実際は、WHOでもその効果が認められており、現代ではスポーツ鍼灸や美容鍼灸、難病治療や緩和医療など、さまざまなシーンで活用されています。

薬に頼る治療ではないため、副作用や体への負担を心配することがなく、ツボを刺激することによってさまざまな効果を得ることができます。痛みやこりの解消だけでなく、婦人科系疾患や不妊症にも効果が期待されており、女性にもおすすめの治療の1つであると言えるでしょう。

元の記事を見る

-感動・泣き, 未分類
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.