感動・泣き 未分類

日焼け後肌が赤くなる場合は、正しいケア方法で対応することで綺麗な日焼けケアを維持できる!

投稿日:

日焼けに「正しい」という明確な方法はないと言えます。その理由は、紫外線によって肌へ刺激を与えることで、メラニン色素が増えて色素沈着が起こって黒くなる、つまり、日焼けはどんなに綺麗に焼けても「肌へのダメージ」の結果だからです。

それでも日焼けした小麦色に憧れるという方は、日焼けをするときのポイントをしっかりふまえ、赤くなった場合でも正しくケアができるようにしておくことが大切です。ここでは、日焼けする時のポイントや、日焼け後のケア、ケアにおすすめの商品について紹介したいと思います。

これから日焼けしようと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

日焼けをするときのポイント

朝か夕方の日差しで焼くことが肌に負担をかけない

1日の中で、紫外線が多い時間帯は、午前10時から午後3時と言われています。太陽が地球を周る時に、日本では少しずつ高度を上げていき、夕方に向かって少しずつ高度が下がります。太陽の高度が高い位置にあるこの時間帯は、1日の約半分の紫外線が降り注いているため、肌への負担をかけないために、この時間帯を避けて、朝か夕方に焼くようにしましょう。

日焼けする時間は約1時間から2時間の間におさめる

綺麗に日焼けをするのであれば、1日で一気に焼くのではなく、最初は何分間からスタートして、最終的に約1時間から2時間程度でおさめるようにします。こうして、少しずつ何日かに分けて焼くことで、肌への負担を少なくし、ダメージを最小限に抑えます。できるかぎり、少ない刺激でこまめに焼いていく、という方法をイメージしてください。始めから一気に焼くと、火傷の状態になりますので注意しましょう。

日焼け後はケアをしっかり行うと綺麗な日焼け肌を維持できる

日焼けをした後は、とても敏感でデリケートなお肌になっています。紫外線の炎症をできるだけ早く落ち着かせ、保水・保湿することが重要になってきます。綺麗な日焼け肌を維持するためにも、アフターケアをしっかり行うことが大切です。

日焼け止めや日焼けオイルは、肌の負担になるものが多いため、日焼け後はできるだけ早く落とすようにしましょう。クレンジング剤もできれば敏感肌用を使用して、刺激の強いものは避けるようにしましょう。クレンジング剤はぬるま湯でよく泡立て、泡で洗い流すようなイメージです。痛みを感じる時は、クレンジング剤を使わず、ぬるま湯だけで洗うようにしましょう。

サンオイルを使用して綺麗に焼く

綺麗に焼きたいという場合には、サンオイルの利用がおすすめです。どれを使ったらよいかわからないという人は、最初はSPF値の低いものから始めてみましょう。色が付いてきた段階で、SPF0~4程度のものを利用し、ムラなくたっぷりと塗って、綺麗な仕上がりを目指します。

日焼けして赤くなる場合のケア方法

日焼け直後は、紫外線によるダメージを受けているため、肌はたいへん弱っている状態です。赤くなってしまった場合のケアは以下のとおりです。

水分を補給して体内にも水分を補給する

日焼けした肌は、水分が奪われて水分不足の状態です。ほてりが落ち着いたところで、保湿化粧水や刺激の少ない敏感肌用の化粧水を使用して、いつもの2~3倍の量を、念入りに保湿をしましょう。冷蔵庫で冷やしておくと、肌の炎症にも効果的ですのでおすすめです。肌への刺激を避けるために、コットンは使わず、手の平で肌を抑えるように、優しくなじませていくことがポイントです。

また、内側からのスキンケアとして、たくさんお水を飲んで、体内にも水分補給を行ってください。ビタミンCを含んだアセロラジュースやレモンジュースなどを飲むとより効果的です。

水分が抜けてしまっているので保湿効果をとり入れる

水分が抜けてしまったお肌に化粧水をたっぷり補給できたら、乳液やクリームなど油分のある化粧品で潤いをしっかり閉じ込める保湿効果を与えてあげましょう。日焼け直後は特に、水分の蒸発が早くなっています。日焼け後の赤みがひどく、ピリピリ感がある場合には、消炎作用のある保湿クリームや、ワセリンなどの軟膏がおすすめです。

熱くなった皮膚を冷やして荒れを抑える

日焼け後の肌は、軽度の火傷状態です。炎症を起こして熱くなっている皮膚を冷やして、ほてりをとることで荒れを抑えることに繋がります。そのままにしてしまうと腫れが生じることもありますので、まずはしっかりと冷やすことが大切です。

赤くなった部位やヒリヒリ感がある部位に、冷たい水で濡らしたタオルや保冷ジェル、氷水が入ったビニール袋を使って、しばらく冷やします。冷たいシャワーを浴びるという方法もあります。氷は直接当たらないようにタオルで包むなどして調節するとよいでしょう。

日焼けをケアしてくれる商品

日焼けケアにおすすめの商品を紹介します。

KOSE サンカット 日やけ止め透明スプレー フレッシュシトラス SPF50+ PA++++

KOSE サンカット 日やけ止め透明スプレー フレッシュシトラス SPF50+ PA++++ 50g

「KOSE サンカット 日やけ止め透明スプレー フレッシュシトラス SPF50+ PA++++」は、最強UVカット指数の日焼け止めスプレーで、爽やかなフレッシュシトラスの香り。肌への負担感を感じない、サラサラの使い心地です。無色透明なので、髪の毛にも使用できます。せっけんで落とせるのがポイントです。白浮きもせず、塗り直し・メイクの上からでも使用できます。内容量50g。

 

Larネオナチュラル UVホワイトプロ SPF24 PA++

Larネオナチュラル UVホワイトプロ SPF24 PA++ 30ml

「Larネオナチュラル UVホワイトプロ SPF24 PA++」は、ヘチマ水や月桃水、ローズなどの自然素材を10種類以上配合、UVカットしながら肌荒れ予防、透明感を引き出す美容液のようなUVローションです。肌に触れるものだから、食べられるくらいの自然素材を使用し、お肌を優しく守ります。

白浮き、ベタツキ感が少なく、さっと塗れますので、化粧下地にもおすすめ。夏だけではなく、オールシーズン使えます。毎日のUVケア・化粧下地に。

 

ビオレ さらさらUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス SPF50+ PA+++

ビオレ さらさらUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス SPF50+ PA+++ 50g

「ビオレ さらさらUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス SPF50+ PA+++」は、顔はもちろん、首や腕にも使える、水感覚が気持ちいいUVウォータリーエッセンスです。伸ばした瞬間みずみずしさがお肌に潤いベールを与えます。内容量50g。

 

アスタリフト パーフェクト UVプロテクター SPF50+ PA++++

アスタリフト パーフェクト UVプロテクター SPF50+ PA++++ 30g

「アスタリフト パーフェクト UVプロテクター SPF50+ PA++++」は、高い紫外線カット力で、日焼けによるシミやそばかすをしっかり予防しながら、潤いとハリを保つ日中用UV美容液です。化粧下地としても利用できます。なめらかに伸びる心地よい使用感。すぐれたカバー力を発揮し、透明感のあるお肌に導きます。

 

まとめ

綺麗に日焼けをするためには、日焼け後のケアが最重要です。いかに肌へのダメージを抑えるかがポイントになりますので、日焼け後に肌が赤くなった場合でも、きちんとケアの方法を知っておくことで、適切な対応ができ、綺麗に焼けた肌をキープできます。

元の記事を見る

-感動・泣き, 未分類
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.