感動・泣き

長澤まさみの堂々とした歌声に絶賛の声「メッチャ上手かった!」

投稿日:

「長澤まさみ、歌上手くてびびった!」

先週より公開されたユニバーサル・スタジオ×イルミネーション・エンターテインメントが贈るアニメーション映画『SING/シング』。

大人も子どもも楽しめるミュージック・エンターテインメント映画の日本語吹替版には、内村光良さん(コアラのバスター・ムーン役)や山寺宏一さん(ネズミのマイク役)、MISIAさん(ゾウのミーナ役)、スキマスイッチ大橋卓弥さん(ゴリラのジョニー役)などなど豪華キャストが出演しています。※日本のみが全編吹替え版の制作が許可されています

コアラのバスター・ムーンとヤマアラシのアッシュとゴリラのジョニーとブタのグンターとゾウのミーナ

(C)Universal Studios

長澤まさみはヤマアラシのアッシュ役

長澤まさみさんが『SING/シング』日本語吹替え版で演じたのはパンクロック少女のアッシュ(ヤマアラシ)。

アッシュ(ヤマアラシ)はパンクロック少女。

長澤まさみさんとヤマアラシのアッシュ

(C)Universal Studios

コアラのバスター・ムーン(内村光良さん)が開催したオーディションに彼氏とペアで応募したものの、合格したのは自分だけ。

さらにパンク調の曲からガールズ・ポップらしいキュートな曲を求められます。

※カーリー・レイ・ジェプセンの名曲『Call Me Maybe』を歌う長澤まさみさん

『Call Me Maybe』を歌う長澤まさみさん(ヤマアラシのアッシュ)

(C)Universal Studios

その後、彼氏から浮気され、傷つきながらも本番で披露したのが、オリジナル曲『セット・イット・オール・フリー』。

力強く、爽快なメロディで失恋を乗り越えようとするロックナンバーには多くの人が共感の感想を寄せています!

『SING/シング』オリジナル版では、スカーレット・ヨハンソンが歌っています。

長澤まさみさんとヤマアラシのアッシュ

(C)Universal Studios

アッシュと同様に、自身が芸能活動をはじめる事務所のオーディションでも自己アピールとして歌を披露したという長澤まさみさん。以前もドラマでみせた英語の歌『STAY』(リサ・ローブ)が絶賛されました。

長澤まさみさんにとっての『SING/シング』は“挑戦”だったと振り返り、「彼女(アッシュ)自身が自分の殻を破って曲を作り上げるというストーリーになっているので、それに自分も気持ちが乗れたかなと思いました」「セリフとして心に届いたらいいなと思いました」とのコメントを残しています。

長澤まさみさん

写真:Newscom/アフロ

【『SING/シング』の関連記事】

山寺宏一の歌声が渋くてダンディーでかっこいい!【SING・ネズミ役】

MISIAとトリー・ケリーの美声に聞き惚れる!【SING・ゾウ役】

違和感ない…!スキマスイッチ大橋卓弥がサム・スミスを熱唱【SING・ゴリラ役】

元の記事を見る

-感動・泣き
-, ,

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.