感動・泣き

【目からウロコ!】レターパックで全国一律510円にする裏技が使えそう…

投稿日:

郵便局で掲示されていた【レターパックプラス(510円)を箱形(立体化)にする方法】が、@lunch5618さんによってツイッターで投稿され「地味に使えそう」「この発想は思いつかなかった」「目からウロコ」など話題になっています。

写真提供:@lunch5618さん(twitter.com)

※レターパックとは、日本全国一律510円の料金で郵便物を配送してくれるサービス。配達状況を確認できる「追跡サービス」や「対面での受け取り」(署名および受領印)にも対応。ゆうパックの最低価格は690円(郵便局やコンビニなどに持ち込むと120円の持込割引が適用)よりも安く、書類送付などのシーンでよく使用されるサービスです。

レターパック

渋谷郵便局 撮影:FEELY

レターパックプラスのテクニック

“レター”とはなんだったのか……

以下が指南されていた「レターパック510を箱形(立体化)にする方法」です。

写真提供:@lunch5618さん(twitter.com)

【手順1】目打ち等を使用して、端から5cmのところに折り目を入れていきます。

【手順2】4隅にも同じように折り目を入れていきます。

【手順3】角から斜め45度の折り目を入れていきます。(4つの角すべて)裏にも同じように折り目を入れていきます。

【手順4】折り目に沿って底の部分から折り曲げていきます。

写真提供:@lunch5618さん(twitter.com)

【手順5】形をつけて、レターパックを広げていきます。

【手順6】口の手前の部分を内側に折り曲げていきます。

【手順7】両端を中に折り込みます。

【手順8】縁に残った部分を折り曲げ、完成です。

レターパックの裏側

写真提供:@lunch5618さん(twitter.com)

これはすごい!!

目安として、この立体化タイプ(縦24cm×横15cm×厚さ10cm)なら「200ページの文庫本なら20冊程度」「葉書なら800枚」を梱包できるそうです!

このウラ技、問題ないの?

この斬新なテクニック、郵便局で展示されていたとはいえ受け取り拒否なんてことにならないの? 渋谷郵便局にて聞いてみました。

-感動・泣き
-,

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.