感動・泣き

宮崎駿が紅の豚の主人公を【豚】にした理由「なんだか納得!」

投稿日:

 『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)で放送された「秋のジブリ」第二弾『紅の豚』(宮崎駿監督)。1992年に劇場公開された同作品の主人公は、渋い豚のポルコ・ロッソ。『紅の豚』にまつわる疑問の一つとして、なぜ主人公に豚を起用したのか? と語られることがあります。

紅の豚

出典:Amazon.co.jp | 紅の豚 [DVD] DVD・ブルーレイ – 宮崎駿

なぜ、主人公は豚なのか?

 この疑問に対する回答を、放送の裏でトリビアを更新する番組公式ツイッターアカウントが明かしました。

「豚は尊敬されないけど、少なくともあんまり憎まれない」

 なるほど! 犬と猫を比較した分かりやすい説明。ロマンを語り、カッコつけるポルコ・ロッソの人間くさいキャラクターには憎まれない要素が不可欠だったのですね。

 次回の「秋のジブリ」は『猫の恩返し』! 楽しみですね!

画像出典:@kinro_ntv(twitter.com)

関連記事:『紅の豚』名言が「いまの日本企業に聞かせてやりたい」と再注目される。

元の記事を見る

-感動・泣き
-,

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.