感動・泣き

天皇、皇后両陛下が “ビニール傘” にこだわりを持たれる理由に感動

投稿日:

どんなときにも誰にでも、細やかなお気遣いをくださる天皇、皇后両陛下。

凛とした佇まいに、国民が勇気づけられています。



両陛下は御年80歳を越えた今でも、震災などの被災地に積極的にご訪問。

私欲を滅し、他者のために行動されるその姿は国民の見本となっています。



そんな両陛下の優しいお心配りが「傘」にも現れています。



被災地訪問にも、ビニール傘をお使いに

2011年3月11日、巨大な地震と大津波が東北の地を襲い、日本列島に甚大な被害をもたらしました。

被災地の現状を把握するために、2013年7月、両陛下は岩手県をご訪問。



この日、天気はあいにくの雨、そして陛下の手には、透明な傘。
(

陛下付きの職員が差し出したのは、陛下ご愛用の黒い傘でした)

しかし、天皇、皇后両陛下が、このビニール傘を使われたのには理由がありました。

元の記事を見る

-感動・泣き
-,

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.