感動・泣き

世界が賞賛!高校生が725万トンの海に漂うプラスチックゴミを回収するシステムを開発

投稿日:

世の中には「太平洋ゴミベルト」と呼ばれる、プラスチックのゴミの山が渦巻いている海域が存在します。そのゴミ山の面積はなんとテキサス州の2倍、日本の国土の4倍に相当する広さ、ゴミの総量は1億トンを超えると推定されています。

そして今でもその海洋ゴミを、多くの生物が「餌」と間違えて食べ続けています。その食べた生物を他の生物が食べるという負の連鎖。私たち人間もそういった魚を食しているので例外ではありません。

sea01-728x392

そんな世界中で問題とされている「プラスチックゴミ」を回収する壮大なプロジェクトを1人の高校生が考えだしました。

プロジェクトの概要

当時19歳(高校生)だったBoyan Slat さんは、海洋にただようプラスチックゴミを回収するシステム「The Ocean Cleanup Array」を考えつきます。ゴミが流れ着く海域に巨大な柵(さく)を作り、そこに溜まったゴミをモーターで回収するというなんともシンプルなアイデアです。しかも網を使わないので、魚などが間違って引っかかることがなく、動力は太陽と海流なので環境にもやさいしいのが特徴です。

sea04-728x393

その効果が抜群で、年間約725万トンものゴミを回収できる計算になりました。更に面白いのが、メンテナンス費用はそこで回収したゴミをリサイクルすることにより割り当てられます。

sea02-728x398

夢のような話ですが、2012年に「TED」を通じて全世界にプレゼンテーションを行っています。そして世界中の人から評価され、本格的にプロジェクトとしても始動しています。プロジェクトの初期費用は「The Ocean Cleanup」のサイトでクラウドファウンディングによって集められています。

プロジェクトの映像

高校生によるTEDでのプレゼンテーション

1人の高校生が世界を動かす時代。

このアイデアを思いつく人は他にもいたかもしれないですが、それを実際に行動にうつしているのが本当に素晴らしいです。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.