感動・泣き

「泣きたい時は、泣いてもいいんですよ」鉄拳のパラパラマンガ “ベイマックス” が本当に泣ける(ディズニー公認)

投稿日:

スポンサードリンク




ベイマックス
数々の感動的なパラパラマンガで知られる、お笑い芸人の鉄拳さん。 独特の素朴なタッチの絵を用いた、全編手描きによる作品は世界的に評価が高く、アーティストとのコラボ作品も話題になっています。 そんな鉄拳さんの最新作がディズニー映画「ベイマックス」のディズニー公式PV。 内容は 映画のストーリーに即しており、主人公・ヒロと兄・タダシ、そして人間の心と身体を癒すケア・ロボット「ベイマックス」が登場し 、日本語版「ベイマックス」のエンドソング、AI 「Story」にのせて、涙腺を刺激する心温まる物語になっています。 鉄拳さんによると、「ロボットのベイマックスが、亡きタダシに代りヒロを大切に思う気持ち」を特に大切にした、とのこと。 既に映画を見たひとも、まだ見ていないひとも必見の作品です。

『ベイマックス』鉄拳「パラパラ漫画」



鉄拳さんの過去の作品も感動的!


鉄拳さんの過去の作品はこちら。 鉄拳さんのパラパラマンガは様々なアーティストの公式PVにも採用され、楽曲をより感動的なものにしています。

MUSE – Follow Me (鉄拳 Version) Official



イギリスの人気ロック・バンド、MUSE(ミューズ)の作品。ある男女が、あらゆる悲しみを乗り越えて家族となる姿が描かれています。

馬場俊英 – 弱い虫(MV edit) 歌詞あり



不条理な現実に立ち向かいながらも、健気に正しく生きていく家族をテーマに、制作にほぼ1カ月間を費やし、1300コマ以上にもなった大作。

鉄拳パラパラマンガ「名もない毎日」 RAM WIRE



デビューシングル「歩み」が映画「僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.」の主題歌に抜擢され、レコチョク総合ランキング1位話題になった「RAM WIRE」の作品。

郵便年賀.jp「年賀のキヅナ」鉄拳&吉田山田



鉄拳「約束」



どれも鉄拳さんの優しい人柄が伝わってきて、思わずちょっと泣きそうになる作品ばかりですね。 ちょっと疲れたとき、泣きたいときにまた見たい作品でした。

元の記事を見る

-感動・泣き
-, , , , ,

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.