感動・泣き

社会人100人が選ぶ仕事が辛い理由!仕事したくない・しんどい時の原因別対処法・乗り越え方

投稿日:

「仕事が辛くて会社に行きたくない」そう思ったことがある人は多いと思います。仕事が辛いのを我慢していると、ストレスが溜まってしまいますね。

この記事では、仕事が辛いと思う原因と、その対処法について紹介します。

仕事が辛いと感じたことがあるか、どんな時に辛いと感じるかについて、100人へのアンケートを実施しました。このアンケートの結果をもとに、仕事が辛いと感じる人の特徴と原因について分析。その対処法を解説します。どんな時に仕事が辛いと感じたのか、アンケート回答者の体験談も合わせて紹介しましょう。

さらに、仕事が辛くてストレスを感じた時の発散方法も取り上げています。


「仕事が辛い」「しんどい」「逃げたい」と思う気持ちは責められるべきものではない

泣きたいくらい仕事が辛いと思う気持ちは「心のSOSサイン」

仕事が辛くて、思わず涙がぽろぽろと流れてきたり、泣いてしまった経験はないですか?

泣いてしまうくらい仕事が辛いのは、あなたの心がSOSサインを発している証拠。

上司や同僚の発するオーラが苦手なのか。職場環境が合わないのか。労働時間が長すぎて肉体が悲鳴を上げているのか。原因はケースバイケースでしょうが、いずれにしても「辛い」という感情を完全に押し殺すべきではありません。

たいていの人は「仕事の辛さ」は軽微で、仕事終わりに気分転換すれば翌日また出社できるもの。もしあなたが「泣きたいくらい辛くて、涙が出てくる」のであれば心の負荷は相当重いものだと考えた方が良いです。

仕事を辛いと感じる人は、あなただけではない

今回、編集部では仕事の辛さに関するアンケートを社会人100人に実施しました。詳細な結果は後述しますが、結論として「社会人の7割は仕事を辛いと感じたことがある」ということが明らかになりました。

もしも一人で辛さを抱え込んでいるなら、身近な社員に相談してみるのもよいでしょう。あなたが思っている以上に、心強い味方になってくれるかもしれません。

社員と会社がタッグを組んで職場環境改善に取り組むのが理想的

「仕事が辛い」という社員がいる場合、本来は社員と会社が連携して職場環境改善に取り組むのが理想的です。たとえば「労働時間が長すぎる」「朝が早く、夜が遅いため体力が持たない」という社員からの訴えがあれば、会社側はフレックス制度やリモートワークの導入を検討しても良いでしょう。

一方で社員当人も、自分の働き方を見直し「自分にできる範囲での働き方の工夫」は検討すべきです。

すぐに改善が見込めないなら、転職するのも手

とはいえ、組織が大きくなれば大きくなるほどマネジメントサイドからすると「社員一人の訴えで、会社全体の制度を変える」のは難しくなっていくもの。少なくとも、すぐに劇的な改革を望むのはなかなか大変です。

ですが、仕事が辛い本人からすれば改善が望めないのは厳しいですよね。

すぐに改善が見込めないなら、転職するのも手です。その際に気を付けるべきは職場選び。厳しいようですが、少なくともあなたは現職にはマッチしなかったと言えます。つまり仕事選びを、確実に一回は間違えています。

まずは慎重に自己分析と業界分析を行いましょう。自己分析にはリクナビNEXTのグッドポイント診断を使うのがおすすめです。

100人にアンケート!仕事が辛いと感じたことのある人はこんなにも

仕事が辛いと感じたことがあるかについて、働いている人100人にアンケートを実施しました。その結果は次のグラフの通りです。

「ある」と回答した人は72%で、「時々ある」と答えた人と合わせると97%という結果になりました。「ない」と答えた人はたったの3%で、ほとんどの人が「仕事が辛いと感じた経験がある」ということですね

アンケートでは、「ある」「時々ある」と答えた人に、「辛い」と思った理由についても質問してみました。

辛いと感じる割合で一番多いのは「上司や部下とのそりが合わない」

辛いと思った理由について回答は細かく分かれましたが、一番多かったのが「上司や部下とのそりが合わない」で20%、ついで「仕事に楽しさを感じない」が19%という結果になりました

仕事とは直接関係ない人間関係に悩む人が多い一方、仕事自体にやりがいを見出せず「辛い」と感じている人もたくさんいるということがわかりますね。

次の項目では、それぞれの理由について原因と対処法を紹介します。

仕事が辛いと感じる人の11の特徴、原因、対処法

アンケートの結果をもとに、仕事が辛いと感じる人の特徴を見ていきましょう。自分に当てはまるものをチェックしてみてください。その原因を知ることで、対処法を講じることができます。

特徴:上司や部下とのそりが合わない

「上司や部下とのそりが合わない」が、仕事が辛い理由でトップになりました。職場にはいろいろな年代や価値観の人が集まり、摩擦が生じやすい環境です。特に上司や部下は立場が異なることで、いい関係を保つことが難しい場合も多いでしょう。

さとみ30歳
お局ばかりの職場で新人の気持ちを忘れてしまったのか、私が何か作業をしている時でも自分のタイミングで呼びつけては早口で新しい仕事を説明し、初めての仕事でできなかったら「この前説明したよね?」と嫌味ったらしく叱ってきます。
ユリ40歳
中間管理職的立場なので、上からも下からも相談を受けます。それぞれの立場で大変なのはわかるけど、板挟みになって困りますね。

原因①:コミュニケーション不足

そりが合わないのは、いくつかの原因があります。そのひとつはコミュニケーション不足で、お互いの考えがよくわからないと誤解を生むこともあるでしょう

原因②:相性が悪い

そもそも性格が合わないなど、相性が悪い場合もあります。特に年代が違う上司と部下の関係では、お互いの価値観が理解できないということもありがちです。

対処法①:積極的にコミュニケーションを取るようにする

上司は部下の話をよく聞くようにする、部下は上司に質問をするなど、積極的にコミュニケーションをとるようにしてみましょう。

コミュニケーションをとれば、お互いの考えをよく知ることができます。相手の考え方を理解することで、仕事で協力し合える関係にもなれるはずです。

対処法②:辛い場合は職場で信頼できる人に相談をする

相性が悪くてコミュケーションが取れず、どうしても辛い場合は信頼できる人に相談してみましょう。第三者の立場から、適切なアドバイスがもらえるかもしれません

職場に信頼できる人がいない場合は、プロのカウンセラーとオンラインで話ができるcotreeがおすすめ。

24時間あなただけのカウンセラーがカウンセリングしてくれる「cotree」

特徴:仕事に楽しさを感じない

「仕事に楽しさを感じない」という人は19%と、1位と並んで高い割合を占めました。楽しくない仕事を毎日長時間続けるのは、辛くなってしまいますね

美枝28歳
顧客情報をパソコンに打ち込む単純作業で、毎日同じことの繰り返しなので、まったく楽しくありません。今日も同じことを続けるのかと思うと、朝から辛くなります。 
豊37歳
自分が将来なりたかった仕事とは何の関係もない職業に就いたので、仕事にやりがいを感じません。

原因①:仕事に飽きてしまっている

仕事が楽しくないのは、「仕事に興味が持てない」「いつも同じ仕事で飽きてしまっている」などの理由で、仕事にモチベーションが持てないことが原因になります

対処法①-1:仕事内容を改善するために積極的に提案する

仕事内容にもよりますが、改善して作業の質を高めることができる場合は積極的に提案していきましょう。提案して改善していくことが、仕事のやりがいにつながっていきます

対処法①-2:新しい仕事を積極的に引き受ける

また、上司に申し出て、新しい仕事を積極的に引き受けることもおすすめです。仕事に変化が生まれモチベーションが高まるだけでなく、業務への積極性が評価されるというメリットもあるでしょう。

仕事に飽きてしまったという方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

「仕事に飽きた」を理由に仕事を辞めてもいい?21の対処法と転職をする際の注意点

特徴:会社での居心地が悪い

会社での居心地が悪い場合も、仕事が辛くなります。会社に行くのも嫌になってしまうでしょう。

貴子28歳
上司が感情にムラがあり、会議などでぴりぴりしていると周りの空気が重くなってしまいます。質問などもしにくくなってしまいますね。
昌枝36歳
小さな課だったため、他の部署に吸収されてこれまで仲の良かった人と離れ、居心地が悪くなりました。人間関係がガラッと変わったことで仕事するのも辛くなってしまいましたね。

原因:人間関係が悪い

会社の居心地が悪いのは、人間関係が大きく左右します。人間関係が良くないと仕事がやりづらくなり、辛く感じる原因になるでしょう。

対処法:挨拶など基本なことから始める

挨拶など、基本的なコミュニケーションを取るように努めましょう。朝と帰りの挨拶は欠かさずに、何か親切にしてもらったときは丁寧にお礼をしてください。基本的なことから始めることで、人間関係も徐々に良くなっていくはずです。

職場の人間関係に悩んでいる人は、次の記事も参考にしてみましょう。

職場の人間関係が怖い!うまくいかない!疲れた!31の改善法、ストレス解消法を紹介

特徴:自分の中で悩みを抱え込んでしまっている

仕事とは別に悩みを抱えている場合も、仕事が辛くなることになります。悩みで仕事が手につかなくなってしまうでしょう。

ユキ25歳
悩みを外に出すことができず、溜め込みやすい性格です。悩みで頭がいっぱいになると、仕事をするのも辛くなってしまいます。
信二36歳
家族のことで悩みを抱えていた時期があり、その時は仕事が手につかず辛い思いをしましたね。

原因:自分の悩みを聞いてくれる人がいない

悩みを聞いてくれる人がいないため、自分の中で悩みを抱え込んでいることが原因です

対処法:信頼できる人に相談に乗ってもらう

信頼できる人に相談に乗ってもらうようにしましょう。仕事に関する悩みでないなら、親友や家族など、できるだけ仕事外の人に相談するのがおすすめです。

24時間あなただけのカウンセラーがカウンセリングしてくれる「cotree」

相談できる人がいない場合は、カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?悩みを聞いてもらうだけでも、心の負担が軽くなるはずです

カウンセリングを受けに行くのは敷居が高いという人におすすめなのが、いつどこでも手軽に利用できるオンラインカウンセリング「cotree」です

24時間、電話やビデオで相談できる「話す」カウンセリングと、メールのやり取りで適切なアドバイスがもらえる「書く」カウンセリングがあります。

cotreeの詳しい内容は、次の記事で知ることができます。ぜひチェックしてみてください。

 

【オンラインカウンセリング】cotreeの口コミ・評判・実際に受けた感想・メリット・おすすめの理由

特徴:仕事に対する意欲がない

仕事に意欲が湧かないと、辛く感じてしまいます。モチベーションが上がらず、時間が早く経過することばかり考えてしまうでしょう。

淳32歳
部品を検査するという単純作業なので飽きてしまい、仕事に意欲が湧きません。仕事量に対する給料が合っていないのも、意欲が湧かなくなる理由になりますよね。
弥生42歳
事務仕事で、毎日同じことの繰り返しです。このまま定年まで働き続けられるかと考えたら無理としか思えませんね。

原因:同じルーチンワークで飽きてしまっている

毎日同じルーチンワークで仕事に飽きてしまうと、意欲が湧かなくなります。特に事務仕事にありがちですね。同じ仕事を繰り返すだけでは刺激がなく、仕事への熱意も失ってしまうでしょう。

対処法:新しい仕事を積極的にする

新しい仕事がもらえるよう、積極的に申し出てみてください。他の業務をすることはキャリアアップにもつながり、仕事へのモチベーションが高まるでしょう。

以下の記事で仕事にやる気のでない方の原因別対処法を詳しく解説しています。

仕事でやる気がない人のための26の対処法!100人に聞いた実際の経験談も

特徴:仕事での拘束時間が長い

「毎日残業が続いている」「休日出勤がある」など仕事での拘束時間が長いと、仕事が辛くなります。過労やストレスの原因にもなるでしょう。

たまき27歳
仕事量が部内でトップクラスなので、早朝に出勤し日中はフル稼働です。帰る頃には日付を超えていることもたびたびで、本当に辛いですね。
さつき24歳
明らかに人が足りていないのに、会社は人員増員をしようとしません。残業ありきの仕事の割り振りで、毎日残業が当たり前です。

原因①:1日ですべきことを把握できていない

1日にするべきことをきちんと把握できていないなど、仕事の段取りが悪いと長時間勤務になってしまいます

原因②:職場の風土が悪い

人手が足りない、残業が当たり前の会社といった、自分ではどうにもできない場合もあるでしょう。

対処法①:1日のスケジュールを作成する

仕事の段取りが悪いことが原因の場合は、仕事にとりかかる前に1日のスケジュールを作成してみましょう。それに優先順位をつけ、何から手をつけたらいいかすぐわかるようにします。

重要な仕事から順に取り組めるようにタスク管理すれば、仕事を効率良くこなせるようになるでしょう。

対処法②:改善を試みて、難しい場合なら転職を検討するのも

人手や残業などの問題点を、上司に相談してみましょう。それでも改善が見込めない場合は、転職も視野に入れるようにしましょう。

転職を検討中の方なら、あなたの価値観とキャリアを診断してくれるVIEWで無料診断をしてみることがおすすめ。あなたの価値観に合った企業がわかるだけでなく、その道のプロである転職エージェントに無料で相談をすることもできます。

職場の風土が合わないことが怖い、といった方は、まずVIEWの無料診断を試してみましょう。

転職を考えている方におすすめの診断を他にもチェックしてみる!

特徴:通勤が辛い

仕事自体は辛くないけれど、仕事に行くまでの往復が辛い場合もあります

雄作35歳
郊外にマイホームを買って、通勤が片道2時間になりました。満員電車を乗り継いで、会社に着いた頃はもう疲れています。
綾子31歳
満員電車が本当に辛いです。満員の車両に乗れず、遅刻しそうになることもしばしば。毎日仕事に行くのが辛いですね。

原因:満員電車、時間が長いなど

満員電車や通勤時間が長いなど、身体的な負担が大きいことが原因です。特に体の小さい女性は満員電車の中で押されることは苦しく、恐怖を感じることもあるでしょう。

対処法:通勤時間帯を変える

満員電車は、通勤時間帯を変えることで避けることができます。少し早い時間に出れば、空いている車両でゆったりすることができるでしょう。早めの職場についてコーヒーで一服すれば、リフレッシュして仕事に望むことができます。

仕事をだるいと感じる人の中には、通勤時間が原因の方はとても多い様子。以下の記事で実際の生の声や対処法をさらに深掘りして解説しています。

仕事がだるいと感じる人へ!200人が答えた理由に対する26の対処法を教えます

特徴:職場で孤立してしまっている

職場で孤立していまうと、情報を共有しづらくなって仕事が辛くなります。

さやか26歳
まだ新しい会社で、周りにはオープンニングからいる人たちばかり。完全に輪が出来上がってしまっているため、仕事上必要な情報などが、その人たちの中で完結してしまいます。私にまで伝達されないことがありました。
すみえ40歳
基本的にお喋りは好きではないし、持ち場で固まっていては良くないので自然と離れてしまうのでどうしても一人でいることが多いです。

原因:コミュニケーション不足

コミュニケーションが不足していることが原因です。職場にはいろいろな年代や立場の異なる人が集まっているので、コミュニケーションしづらいこともあるでしょう。

しかし、仕事をしていく上では、職場の人とのコミュニケーションは欠かせません。最低限のコミュニケーションは必要になるでしょう。

対処法:1:1での会話をするよう心がける

仕事を円滑に進めるためにも、周りの人との会話を心がけましょう。まずは隣の席の人と1:1での会話ができるよう努めてみてください。最初は朝と帰りの挨拶だけでもいいので、少しづつ交流できるようにしたいものです。

次の記事で、職場で孤立してしまう人の対処法を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

職場で孤立する人(女性・男性)の10の特徴と対処法。孤立したら転職・退職すべき?

特徴:同じことでミスをしてしまう

いつも同じことでミスをしてしまうと、自分に自信がなくなり仕事が辛くなってしまいます。

育江34歳
経理の仕事で、数字のミスをしてはいけないと気を付けているのに、いつも似たようなところで間違ってしまいます。
ミカ24歳
とにかく紛失が多くて、ホチキス、セロハンテープなどのちょっとした文房具などは日常茶飯事です。大事な書類や名簿などもなくしてしたことがあり、呆れられてしまいました。

原因:ミスしてしまったことを振り返っていない

一度してしまったミスを振り返っていないのが原因です。どうしてミスしたのかを確認しておかないと、また同じことを繰り返してしまいます。

対処法:反省ノートを作成し、改善点を見つけ実行する

反省ノートを作成し、改善点を書いておきましょう。後から見てよくわかるように清書しておき、次の作業の時は必ず見返すようにしてください。

仕事に失敗ばかりしている人については、次の記事が参考になります。チェックしてみましょう。

仕事で失敗ばかり。ミスの対処法や落ち込んだ時に気持ちを整理する13の対処法

特徴:過去にした仕事を忘れてしまう

過去にした仕事を忘れてしまうと、仕事が辛くなります。特に年度末だけやる仕事などは、忘れてしまいがちです。

静香28歳
産休明けで同じ部署に帰ってきた時、やり方が微妙に変わっていたり、忘れていたりします。もっとできたのに、前はどうやってたっけ?となるのが辛いですね。
リサ23歳
経理の仕事をしてますが、決算の仕事を毎年忘れてしまい、そのたびに苦労します。仕事を担当しているのが自分だけなので、周りに聞くこともできず辛いです。

原因:メモを取っていない

記憶だけを頼りにして、メモを取らないのが原因です。些細な内容なのでメモは必要ないと思っていても、時間が経つと忘れてしまうものです。

対処法:過去にした仕事をすぐに確認できるようにメモをとる

しばらくやらない仕事は次に備えて、メモを取るようにしましょう。仕事をするときは必ずそのメモを確認するようにします。自分が担当する仕事専用のマニュアルを作っておくのもおすすめです。

仕事を覚えられない…とお悩みの方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

仕事を覚えられない人の特徴。仕事が辛い時の対処法・改善策&新人の教え方も

特徴:仕事外の飲み会等にストレスを感じる

マリ37歳
中途採用だったので先輩たちに仕事上とても気を使う毎日。それなのに打ち合わせと言いつつそのまま飲み会へ突入するのが嫌でたまりません。
みさき29歳
異動の多い職場で異動があるたびに送別会を開催しますが、半年後に戻ってきたりすることもよくあり、本当に送別する必要があるのか謎です。断りづらく、参加するのも疲れてしまいます。

仕事外の飲み会やイベントが多く、それにストレスを感じる人もいます。仕事外なのに、仕事の延長のように飲み会が義務になってしまうのは辛いですね。

原因:職場に仲のいい人がいない、プライベートの時間が減ることが苦痛

職場に仲のいい人がいないと、飲み会に参加しても楽しくありません。仕事の時間外なのにプライベートの時間も削られてしまうのも苦痛になります。

対処法:2回に1回は断るなど決める

どうしても辛いのであれば、何か理由を作って断るのも仕方ないでしょう。習い事の予定を伝えて、2回に1回程度は断るなど決めれば、負担も軽くなります

仕事でストレスを感じた時の10の発散方法や乗り越え方

仕事が辛くてストレスが溜まると、体調を崩す原因にもなります。こまめに発散するようにしましょう。ここではストレスの上手な発散方法や乗り越え方を紹介します。

否定された時、自分を責めすぎない

自分の意見が採用されない、主張しても認めてもらえないなど否定された時に、自分を責めすぎないようにしましょう。自分を責めることで、ますます自信をなくしてしまいます。「次は頑張ろう」と前向きに考えることが大切です。

落ち込む時は時間を決める

落ち込んでいても、何も解決できません。落ち込むのは仕方ありませんが、いつまでも気持ちを引きずらないことが大切です。落ち込む時は時間を決めるようにしてみましょう。「落ち込むのはここまで」と決めることで、気持ちを切り替えることができます。

落ち込みやすい人におすすめの対処法を、次の記事で紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

【特徴別】落ち込みやすい原因と対処法6選!プロが気分を切り替えてリラックスする方法も紹介

ストレスを感じたらすぐにその原因の芽を摘み取る

ストレスを感じたらそのまま放置せず、その原因を探るようにしましょう。すぐにその原因の芽を摘み取っていくことが、ストレスを溜めず元気に過ごせるコツになります。

ストレスが強いと感じた時は頑張りすぎず、こまめに休憩をとって息抜きをすることも大切です。

自分の強みを知る

仕事が辛いのは、自分の力が十分に発揮されていないからかもしれません。自分の強みを知ることで、それを仕事に活かすことができます。

転職サイトの「リクナビNEXT」に無料登録すると、自分の強みがわかる「グッドポイント診断」を受けることができます。この5つの強みを知り、今の仕事でどう活かせるかを考えてみるのもおすすめです

次の記事で「グッドポイント診断」の詳細を知ることができます。

グッドポイント診断やってみた。転職希望アラサー女が気になる診断結果や転職で最大限活用する方法を全部見せます!

一日のスケジュールを朝に書き出す

仕事にとりかかる前に、一日のスケジュールを書き出してみましょう。作業に優先順位をつけ、どのくらい時間が必要かを就業時間から逆算して配分します。

作業ごとに決めた時間で終わらせるなど細かくゴールを設定することで、達成感を味わえます。仕事への意欲が湧いてくるでしょう。

仕事が終わらない時は周りに助けを求めることも大切

仕事量が多くて仕事が終わらない時は、一人で抱え込まずに周りに助けを求めることも大切です。また、上司に今の状況を説明して仕事の分担を変えてもらう、違う仕事に変えてもらうなど頼んでみるのもいいでしょう。

運動を積極的にする

ストレス解消には、体を動かすことが効果的です。適度な運動をすることで、脳内の神経伝達物質である「セロトニン」を増やすことができるといわれています。セロトニンは別名「幸せのホルモン」と呼ばれるもので、脳内のセロトニン量が増えると心が落ち着いて幸せな気分になり、ストレスが解消するとされています。

通勤時は一駅前で降りて歩くなどこまめに動き、休みの日は何か好きなスポーツをするなど、積極的に運動をするといいでしょう。

オン・オフの切り替えをしっかりする

仕事を離れたら好きなことをして気持ちを切り替えるなど、オン・オフの切り替えをしっかりするようにしましょう。休みの日も仕事のことを考えて悩んでいると、ストレスが溜まってしまいます。

自分が楽しいと思うことを思いっきりやる

休みの日は仕事を忘れ、自分が楽しいと思うことを思いっきりやってみましょう。好きな趣味に没頭する、友人や家族と会話を楽しむ、行ったことのない場所を旅行するなど、自分が一番やりたいことに集中してみてください。

楽しいことに集中することで気分はリセットされ、新たな気持ちで仕事に取り組むことができるでしょう。

睡眠時間は必ず確保する

睡眠不足になると疲れが取れにくくなり、ますます仕事が辛くなります。睡眠時間はしっかり確保するようにしましょう。残業が続いて睡眠が短くなってしまう場合は、昼休みに仮眠をとる、通勤電車の中で睡眠をとるなど工夫してみましょう。

精神的に辛い時は辞めて、転職も視野に入れる

どうしても仕事が辛く、ストレスも溜まる一方だという場合は、今の仕事が合わないのかもしれません。自分に合う仕事に転職することも視野に入れてみましょう。

ミイダスの「コンピテンシー診断」はあなたがストレスフリーな環境がわかる

出典:ミイダス

転職サイトの「ミイダス」に登録すると「コンピテンシー診断」を受けることができます。この診断で自分にとってのストレスフリーな環境がわかります。登録は無料なので、ぜひ受けてみてください。

登録することで自分の市場価値を診断することもでき、今の自分がどのくらいの年収をもらえるのかを知ることができます。

すべての登録が完了すると書類選考通過済みのオファーが届いて、希望に合う会社があればすぐ面談をすることができます。今の仕事を続けながら、効率的な転職活動をすることができるでしょう。

次の記事で、実際にミイダスに登録した体験を読むことができます。転職を本気で考え始めている人は、チェックしてみてください。

ミイダスのコンピテンシー診断(旧キャリア適性チェック)でわかる自分の5つの強み!

あなたの価値観に合った転職ができる「VIEW」

出典:VIEW

今の仕事が自分の価値観に合っていないと思う人におすすめなのが、キャリア診断アプリ「view」です。20代を対象にしたアプリで、価値観に合った仕事を探すことができます

質問に答えると自分の価値観とキャリアをAIがマッチングさせ、自分の適職がランキング形式でわかるという仕組みです。これまで気付けなかった適職に出会えることもあるでしょう。

VIEWについて詳しくまとめた記事があるので、あわせてチェックしてみてください。

ミレニアル世代の転職におすすめ!価値観×AIキャリア診断「VIEW」を実際にやってみた

自分の5つの強みを活かすことができる職場を見つけられる「グッドポイント診断」

楽しく仕事をするためには、自分に合う仕事を探すことが大切です。自分の強みを知ることで、それを活かせる適職を見つけることができるでしょう。

自分の強みを知るには、転職サイト「リクナビNEXT」が提供する「グッドポイント診断」がおすすめです。無料登録することで利用できる自己診断ツールで、18の資質の中から自分の強み5つを知ることができます。

「グッドポイント診断」については、次の記事で詳しく紹介しています。さっそくチェックしてみましょう。

 

グッドポイント診断やってみた。転職希望アラサー女が気になる診断結果や転職で最大限活用する方法を全部見せます!

仕事が辛い原因を追及し、対策をすることでストレスフリーに!

仕事が辛い時はそのままにせず、原因を見つけましょう。対処法を講じることで、ストレスを減らすことができます。

どうしても辛くてストレスも溜まるばかりという人は、自分の実力を発揮できる仕事に転職するという選択肢もあります。記事で紹介した自己診断ツールやキャリア適正チェックなどを活用して、自分に合った仕事を見つけてください!

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.