感動・泣き

仕事が遅い・仕事ができない人の17個の特徴&改善策!仕事が早い「できる人」になる方法

投稿日:

仕事が遅いと毎日残業続きになり、会社からの評価も低くなりがちですね。周囲にも迷惑をかけてしまうことになり、「なんとかしたい」と思っている人もいるでしょう。

この記事では仕事が遅い・仕事ができない人向けに、解消するための対処法を紹介します。

100人に「自分の周りにいる仕事が遅い人」についてアンケートを実施。アンケートの回答をベースに仕事が遅い人の特徴とその原因、対処法について解説します。

仕事を効率的に行うための方法や、ミスした場合の解決法についても説明しますので、どうも仕事がうまくいかないと悩んでいる人はチェックしてみてください。

あなたはどれに当てはまる?仕事が遅い理由診断

仕事が遅いといっても、その原因はさまざまです。適切な対策を講じるために、まずは仕事が遅い理由を突き止めましょう

次の「仕事が遅い理由がわかる診断」を受けることで、その理由がわかります。質問に対して「はい」「いいえ」で答えてください。

Q.
作業中に考え事や世間話をしていると作業の手が止まりがちですか?

仕事が遅い・できない人は「時間当たりの生産性が低い」

そもそも「仕事が遅い人」「仕事ができない人」とはどういう人でしょうか。

今回の記事では、仕事が遅い人・仕事ができない人を「時間当たりの生産性が低い人」と定義します。

Aさんは1日8時間、フルスロットルでプレゼン作成・事務作業・ミーティング・営業をこなし、他の社員からの質問対応にも応じる一方で、Bさんは8時間勤務のうち、1時間弱はコーヒー休憩をし、求められた作業も半分程度しか終わっていないとします。

すると「Aさんは仕事ができる人。Bさんは仕事ができない人」という印象が生まれても仕方ないでしょう。

では、このケースではどうでしょう。

Aさんは1日8時間フルスロットルで仕事をこなします。Bさんは8時間のうち、1時間程度はやはりコーヒー休憩などをしています。ですが残った7時間でAさんの2倍の作業量を楽々こなします。

上の場合、Bさんの勤務態度にはもしかしたら疑問を持つ人もいるかもしれません。ただし「Bさんが仕事ができる人」と感じる人もやはり多いのではないでしょうか。つまり「仕事ができる」「仕事ができない」という判断をする上で、時間当たりの生産性という考え方はとても重要。

では「時間当たりの生産性」が低い人の特徴は何でしょうか。5つの重要な点を紹介します。

優先順位の整理ができない

いわゆる「マックジョブ」と呼ばれるマニュアル通りの単純作業は、現在多くはRPAやロボットに置き換えられつつあります。つまり現代のビジネスパーソンには、マルチタスクの処理能力と臨機応変さ、そしてクリエイティビティが求められます。

AIやロボットの普及に伴い、「人間」が価値を発揮する仕事は大きく2通りに分けられつつあります。

1つは、人間ならではの創造性を発揮する仕事。例えばエンジニアやコピーライターが該当します。もう1つは高度な専門性が要求される、繊細な手作業。熟練工などの仕事を指します。

「人間ならではの創造性を発揮する仕事」「高度な専門性が要求される繊細な手作業」のいずれも、AIにはできない複雑な問題に対応することが求められる仕事です。

ですが、肝心の人間がそれらの問題に対して「どこから手を付けたらいいのか分からない」「期日を守れない」といった状態になってしまっては、人間が付加価値を発揮するどころではありません。

現代のビジネスパーソンはスピード感をもって複雑な業務を担当するのは前提の上で、常に「優先順位の整理」と「捨てる、もしくは自動化すべきタスクの検討」を行い続けなくてはいけません。

問題解決能力が欠けている

問題解決能力に欠ける人は、時間当たりの生産性が低いです。

ある業務上の課題を担当するにあたり「優先順位を整理し」「最優先の課題に取り掛かった」つもりでも、そもそも、その整理基準が間違っているケースがあるからです。

問題解決能力に自信がない人は、問題解決フレームワークをいくつか覚え、課題に面した際にフレームワークに当てはめて思考する癖をつけるとよいでしょう。

代表的なフレームワークには「3C分析」「SWOT分析」「PEST分析」「ファイブフォース分析」などがあります。

思考停止している時間が長い

「言われたことを漫然とこなすだけ」「その業務がなんのために存在するのか、理解せずに働いている」など、思考停止状態で働く人も時間当たりの生産性が低いケースが多いです。

思考停止状態に陥ると、状況に応じた柔軟な動き方ができなくなりがちです。

集中力がない

集中力がない人も、生産性が低いケースが多いです。

ただし集中力に難があっても、一定時間離席したり、飲食をすることで気持ちを切り替えることができるのであれば問題ありません。一部の企業では、社員の集中力アップを狙いとして昼寝やシエスタの許可を出しているケースもあります。

つまり「集中力がなく」「生産性が低い」とは、集中が切れたままだらだらと仕事をしてしまう人です。切り替えが肝心です。

適性がない仕事をしている

どんなに優秀な人でも、適性がない仕事を任せられると真価を発揮できないものです。

もしもあなたが「自分に合っていない仕事をしている」自覚があるのであれば、キャリアチェンジを視野に入れましょう。専門の転職し跡が提供している無料自己診断を受けてみることをおすすめします。

グッドポイント診断やってみた。転職希望アラサー女が気になる診断結果や転職で最大限活用する方法を全部見せます!

100人にアンケート!あなたの周りにいる仕事が遅い人の特徴は?

「自分は仕事が遅いと思われているのではないか?」と不安になっていませんか。当サイトでは、100人に「周りにいる仕事が遅い人の特徴」についてアンケートをとりました。

その結果は、次のグラフの通りです。

回答は細かく分かれましたが、24%で一番多かったのが「マイペース」でした。周りをよく見ずに自分のペースで仕事をすることで、仕事が遅くなってしまうようですね。

これらアンケートの集計結果をもとに、仕事が遅い人の特徴とその原因・対処法について詳しく分析しました。このあと詳しく紹介します。

仕事が遅い人の17の特徴・原因・対処法を紹介

 

 

 

アンケートで浮かび上がった「仕事が遅い人」の特徴について、順番に見ていきましょう。その原因と対処法を詳しく紹介しますので、自分が当てはまる特徴があったら、ぜひチェックしてください。

特徴:マイペース

仕事が遅い人の特徴として一番多かった回答が「マイペースな人」です。周りの状況や依頼された仕事の内容に無頓着で、自分のペースで仕事を進めようとします。早く仕事を終わらせようという意識が薄いとも言えるでしょう。

ルーティンの仕事をこなしているだけならマイペースでもいいのですが、急ぎの仕事や頼まれた仕事にうまく対応できず、仕事が遅くなってしまいます。

原因:周りを見ていない

周りの状況を見ようとせず、自分のスケジュールだけを考えているのが原因です。頼まれた仕事をいつまでに仕上げる必要があるか、何が望まれているかに考えが及びません。

対処法:依頼者などの周囲の人の状況を理解する

仕事を依頼してきた人の状況や周囲の人を、きちんと気にかけることが大切です。依頼された仕事は急ぐのか、周囲の状況からどの仕事が優先されるのかを見極めるようにしましょう

わからないときは、どの仕事を優先しなければならないのか質問することも大切です。

特徴:質問や相談ができない

質問や相談ができないことも、仕事が遅くなる人の特徴です。どんな仕事でも、最初はわからないことがあるもの。質問や相談をせずに仕事内容や上手な段取りがわからない場合、仕事がなかなか進まないことになります。

よくわからず自己判断や、根拠のない「自分のやり方」で仕事をすることで、思わぬミスに繋がることもあるでしょう。

原因:コミュニケーション不足

質問や相談ができないのは、コミュニケーションが不足しているからです。入社したばかりで親しい人がいないため、声をかけづらいこともあるでしょう。「忙しそうにしているので質問できない」「簡単なことを聞くと叱られそうな気がする」など、いろいろな理由があります。

もともとコミュニケーションが苦手で、人に声をかけづらいという人もいるでしょう。

対処法:素直に質問をする

質問や相談をすることは、何も迷惑ではありません。遠慮せずにどんどん質問することです。何も聞かれずに仕事が遅れたり間違えられたりする方が、よほど迷惑になります。

質問をして教えてもらったことは、すぐその場でメモをしましょう。後から見返すようにすれば、同じ質問を繰り返すこともなくなります。

特徴:頼まれた仕事を全部自分でやりきっている

事が遅い人は、頼まれた仕事を全部自分でやりきっていることが多い傾向があります。人に頼むこともできるのに全部自分でこなそうとして、いたずらに時間をかけてしまうのです。

原因:責任感が強すぎる、完璧主義

頼まれた仕事は自分がやらなければいけないと思い込み、全部自分でやろうとするのが原因です。責任感が強すぎるとも言えますが、それがかえって周りに迷惑をかけることにもなってしまいます。

対処法:自分の能力をしっかり認識し、仕事を他の人にお願いする

自分の能力をしっかり認識することが大切です。頼まれた仕事に対して、自分一人でこなすことができるかを判断しましょう。できないと思ったら無理をせず、他の人にお願いするなど対応してください。

特徴:お願いされたことを後回しにして忘れてしまう

お願いされた仕事を後回しにして忘れてしまうなど、段取りが悪いことも「仕事が遅い人」と思われてしまいます。仕事の優先順位がわからず、急ぐ仕事を放置してしまうことで仕事が遅くなってしまうのです。

原因:タスク管理ができていない

タスク管理ができていないのが原因です。作業がいくつもあるときは仕事をリストアップして、やるべきことを明確にするタスク管理が不可欠です。タスク管理をしないと何を優先して行う必要があるかを整理することができません。

対処法:仕事に優先順位をつけ、タスク管理を行う

仕事に取り掛かる前に優先順位をつけるなど、タスク管理をしっかり行いましょう。「急ぐ仕事、重要な仕事は何か」「その作業にかかる時間はどのくらいか」などを考え、実際に使える時間との調整を図ります。次にする作業を選択するときのルールを決めて、仕事の効率を高めましょう。

特徴:仕事をどう行えばいいのかわからない

仕事の上手な進め方がわからず、無駄な作業ばかりして遅くなっている人もいます。あれもこれも手を出して、何一つ終わらないという状況になったりもします。

原因:ゴールから逆算できていない

仕事のゴールを見定めて、そこから逆算することができないのが原因です。仕事を完成させるまでの作業がイメージできず、いつまでもズルズルと作業してしまいます。

対処法:仕事の開始→中間→終わりの流れまでのイメージを書き出す

ゴールを定めて、仕事の開始から終わりまでの流れを書き出してみましょう。なんとなく場当たりに作業するのではなく、書き出した流れをどのくらいの時間で行うか具体的に決めてから作業にとりかかります。

特徴:頼まれたことをこなしていくうちに、どんどん仕事が溜まっていってしまう

仕事が遅い人は、作業を全て場当たり的にこなしています。頼まれたことの意味や期限、目的を考えずなんとなくこなしていくうちに、優先順位がぐちゃぐちゃになって「仕事をしているはずなのに、どんどん仕事が溜まっていく」のも特徴です。

原因①:仕事の優先度を理解していない

仕事の優先度を理解していないのが原因です。頼まれた仕事に目がいってしまい、本当に重要な仕事をおろそかにしてしまいます。

対処法①:タスクを整理し、優先度の高い仕事から取り掛かるようにする

タスクを整理して、今自分にとって一番優先度の高い仕事は何かを常に把握しておきましょう。仕事を頼まれたからと慌ててとりかかるのではなく、あくまで「今、重要が高い仕事を終わらせる」ということに集中してください

原因②:人の頼みを断れない

自分のことで手一杯なことはわかっているはずなのに断れない、という方は「人の頼みを断ることができない」ことが原因かも。

どうしても断ることが苦手な方は、以下の対処法を試してみてください。

対処法②:一言で断る癖をつける

断る際の一言を心の中で決めておきましょう。「自分の仕事がなかなか終わらないので難しいです」などが好ましいでしょう。

そうすることで、とっさに「はい、大丈夫ですよ」と言ってしまうことを防ぐことができます。

特徴:意思決定が遅い

意思決定がなかなかできず、時間がかかっている人もいます。決断が要求される仕事なのになかなか決断を下すことができず、仕事が遅くなってしまうのです。

原因:決断を後回しにしてしまう

すぐに決断ができず、後回しにしてしまうのが原因です。そのために、片付かない仕事が山積みになってしまいます。

対処法:すぐに決断をし、わからない場合は周りの人に聞く

いつかは決断しなければならないものなら、すぐに決断するように努力してみてください。どうしても決断できない、どうしていいかわからないというときは一人で悩まず、上司など周りの人にアドバイスを求めるようにしましょう。

特徴:仕事がどんどん増えていってしまう

仕事が遅い人は、周囲から見ると仕事がどんどん増えていく印象があります。一生懸命仕事をしている様子ではあるけれど、常に仕事を抱え、四苦八苦しています。

原因:仕事をなんでも引き受けてしまう

仕事をなんでも引き受けてしまうのが原因です。「人がいい」「気が小さくて断ることが苦手」といった人にありがちで、頼まれるとつい引き受けてしまったりします。

対処法:自分の向き不向きを理解し、仕事の分担をする

仕事を頼まれたときは、その仕事が自分に向いているかどうかを判断しましょう。向いていない仕事は、他の人に頼むなど分担してください。また、仕事がいっぱいですぐにこなすことができないときは、そのことを相手に伝えて断ることも大切です。

特徴:修正が多い

仕事を終えても修正されることが多く、完成させるまでに時間がかかる人もあります。仕事の完成度が低く、いつまでも完了させることができないために仕事が滞ってしまいます。

原因:確認の回数が少ない

しっかり確認ができていないのが原因です。確認の回数が少ない、きちんと見ていないなどで、求められたクオリティに仕上げることができません。

対処法:つどつど途中ごとに確認をするようにする

仕事の途中ごとに、しっかり確認を行うようにしましょう。以前修正されたことを参考に、同じことを繰り返さないように注意してください

特徴:全て力技でこなす、資料のフォーマットがない

作業の全て力技でこなそうとして、時間がかかりすぎている場合もあります。同じような資料を作成する場合はフォーマットを作るなどで時間を短縮することができますが、そのような工夫ができません。

原因:効率化ができていない

作業を効率化しようとする工夫ができないため、力技に頼ろうとします。それで仕事がこなせればいいのですが、効率が悪いためにどうしても仕事が遅くなってしまいます。

対処法:フォーマットを作成し仕組み化・効率化する

フォーマットを作成することで資料の目的ごとに決まったものを使うことができ、時間を短縮することができます。プレゼン資料や企画書、報告書などの資料もフォーマットを作成すれば、効率的に作業を行うことができるでしょう。

特徴:資料が簡潔でなく、わかりにくい

資料を作るのに時間をかけすぎているのも、仕事が遅い人の特徴のひとつです。時間をかけて作った資料は細かすぎて簡潔でないため、わかりにくいというデメリットもあります。

原因:仕事を完璧にこなそうとしすぎる

仕事を完璧にこなそうとするあまり、資料作りに時間をかけすぎてしまいます。完璧主義の人にありがちですが、そのためにかえってわかりづらい資料になってしまうことになります

対処法:結論をきっちり書く

資料を簡潔にわかりやすく書くのも能力のうちです。説明ばかり長くて結論がわからないのでは、必要な情報が伝わりません。結論をきっちり書くように心がけましょう。

特徴:情報を全て調べようとする

仕事をするために必要な情報を全て調べようとして、時間を取られているケースもあります。調べている時間が多く、肝心の仕事はなかなか進みません

原因:仕事のそもそもの目的をきちんと理解できていない

情報の収集に時間を取られるのは、仕事の目的をきちんと理解できていないことが原因です。情報を調べるのは仕事を効率よくこなすためで、そちらに時間をかけすぎるのは本末転倒になります

対処法:仕事の目的をきちんと理解し、対処法も学ぶ

プレゼンでの質問や上司からのツッコミにうまく対応しようとするあまり、情報収集に時間をかけすぎてしまうのはややナンセンス。答えられなくても「調べた上で再度報告します」と、誠実に対応すれば問題ないことも多いでしょう。

仕事の目的を理解して、上手な対処法を学ぶことも大切です

特徴:どこから手をつけていいのかわからない

仕事が遅い人は、どこから手をつけていいかわからず無駄な時間を過ごしてしまうことも多かったりします。特にたくさん仕事を抱えている人にありがちで、優先順位がわからずに途方に暮れているような状態です。

原因:今どういう仕事があるのか、どれからやればいいのかわかっていない

今自分はどういう仕事を抱えていて、どれからやればいいのかわかっていないのが原因です。仕事の重要度がわからず手当たり次第に仕事をすることで、本当に急ぐ仕事が遅くなってしまいます

対処法:身の回りをきちんと整理することを常に心がける

仕事のタスクを整理することはもちろんですが、身の回りもきちんと整理することを常に心がけましょう。整理整頓ができていないと、仕事にも影響してきます。いつも探し物をすることになり、それに時間を費やして仕事が遅くなる原因にもなります。

周辺の整理がきちんとできていれば、仕事も同じく整理しながら行う習慣が身につくでしょう。

特徴:過去にミスした箇所を再び間違えてしまう

 

 

過去にミスした箇所を再び間違えるなど、間違いを繰り返すことで仕事が遅くなる場合もあります。間違いが多いとどうしてもその修正に時間を取られてしまうためです。

原因:過去のミスした箇所の振り返りを行っていない

過去にミスした箇所について、しっかり振り返りを行なっていません。間違えたことはその場で確認し、次は同じことを繰り返さない対処が必要ですが、それを怠っているのが原因です。

対処法:ミスのメモをきちんと取り、改善を業務で行なっていく

スしたことはすぐに確認し、なぜミスしたのかをメモにとっておきましょう。次に同じような仕事をするときはメモを確認しながら、同じ間違いをしないように努めてください。

仕事を効率的に行うための改善策7STEP

仕事が遅い人には、効率良く仕事ができないという共通点があります。効率良く仕事をするための改善策には、いくつかのポイントがあります。それを意識することで、仕事を早くこなすことができるでしょう。

毎回仕事を0から始めない

毎回仕事を0から始めるのではなく、過去に似た仕事をした場合はそれと同じ手順を行うなど、時間を短縮できる工夫をしましょう。

仕事が早い人の真似をしてみるのもひとつの方法です。観察してみたり、どのような工夫をしているのか聞いてみるのもいいでしょう。

仕事の一連の流れを理解する

仕事の一連の流れを理解するようにすることが、早く仕事をこなすコツです。流れを知ることで、「何が急ぐのか」「どの仕事を先にすることで効率良く仕事が流れるか」を知ることができます。

「なぜこの仕事が必要なるのか」「この仕事はどのような意味があるのか」など、仕事の前後の流れが理解できないと無駄な作業を行なってしまうこともあり、仕事の効率が悪くなってしまいます。

仕事をタスク管理する


仕事はタスク管理する習慣を身につけましょう。

まず、やるべきことを書き出してください。書き出したものを「報告書の作成」「売上の集計」「市場分析」など、カテゴリー別に分類します。この中でさらにタスクを細分化し、優先順位をつけます。それぞれをいつまでに終わらせるか、期限を設定しましょう。

1日ごとに今日行う段取りを書く

毎日、1日の始まりに今日行う段取りを紙に書く習慣をつけてみましょう。その日に行うべき作業を、優先順位をつけて書き出します。一番急ぐ仕事から片付けていくことで、効率良く仕事を進めることができます。

一日が終わったら、予定していた作業ができたかどうかもチェックしてください。

休憩できちんと休みメリハリをつける

仕事が溜まっている場合、どうしても休憩を削って仕事をこなそうとしがちです。しかし、人の集中力はそう長く続きません。長い時間働き続けると集中力が衰えてしまいます

休憩はきちんと取って、メリハリをつけるようにしましょう。頭をリフレッシュさせることで、仕事の能率が上げることができます

仕組み化を積極的に行う

資料のフォーマットを作るなど、仕組み化を積極的に行いましょう。フォーマットがあれば、ゼロから作成する必要がなくなります。過去資料の転用などでも、時間を短縮することができます。

パソコンを使う仕事であれば、タイピングや仕事に必要なスキルを学ぶことも効率化につながるでしょう。

自分の強みを知り、それを仕事の効率化に活かす

仕事のやり方を見直してみましょう。自分の長所=「強み」を知ることで、それを仕事の効率化に活かすことができます

強みを知るには、自己診断ツールを利用するのがおすすめです。転職サイトのリクナビNEXTに登録すれば、5つの強みを知ることができる「グッドポイント診断」を受けることができます。

「グッドポイント診断」を受けてみたい人は、次の記事で詳しい内容がわかるのでチェックしてみてください。

 

グッドポイント診断やってみた。転職希望アラサー女が気になる診断結果や転職で最大限活用する方法を全部見せます!

仕事でミスをしてしまった時の4つの対処法


誰にでも仕事で失敗してしまうことはあります。失敗したことにこだわるのではなく、適切に対処することで次の仕事に活かすことができます。

ここではミスしたときの対処法について、見ていきましょう。

失敗をしてしまったら素直に謝るのが鉄則

まず失敗したときは素直に謝りましょう。責められることを恐れて報告せず、自分でなんとかしようとするのは絶対にNGです。事態を悪化させてしまう可能性もあります。報告することで、大きなミスだと思っていたことでも、上司が一緒に考えて簡単に解決できる場合もあります。

謝るときは言い訳せずに、誠意を持って謝ってください。

リカバリー方法を学ぶ

謝ったあとは、ミスをリカバリーする方法を学びます。このとき、犯したミスを上司や先輩に解決してもらったら、そこから学ぶことはできなくなります。仕事を増やして迷惑をかけたという罪悪感がずっと残るでしょう。

次に間違えた場合に迅速に対応するためにも、どんな解決方法があるのかを自分で考えることが大切です。先輩や上司の助けを借りることはあるとしても、問題を解決しようとする姿勢を持つようにしましょう。

手慣れた業務こそ丁寧にこなす

仕事に慣れてくると作業が雑になり、思わぬミスをする場合もあります。手慣れた業務こそ、丁寧にこなすことが大切です。大丈夫だろうと思っていても、いつも行う確認作業を怠らないようにしましょう。

ミスを頻繁にしてしまう人は、周囲にいる人から学ぶ

ミスを頻繁にしてしまう人は、ちゃんと仕事ができている周りにいる人から学ぶことも大切です。どのような作業をしているか観察してみましょう。ミスをしないためにどのような工夫をしているか聞いてみるのもいいですね。

次の記事では、仕事に失敗ばかりしている人について対処法を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

仕事で失敗ばかり。ミスの対処法や落ち込んだ時に気持ちを整理する13の対処法

仕事が遅いことは、あなたに当てはまる対処法を知ることで改善できる

「自分は仕事が遅い」と悩んでいる人は、仕事が遅い人の特徴に当てはまるものがないかチェックしてみてください。思い当たることがあったら、その対処法を試してみましょう。意外と簡単に仕事が早くなれるかもしれません。

ちょっとした工夫で仕事を効率化し、手早くこなすことができます。仕事が早くなれば、周りからの評価も高くなります。記事の内容を参考にして、快適に仕事ができるようになりましょう!

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.