感動・泣き

不倫相手に本気になったらどうする?関係維持とリスクについて

投稿日:

不倫相手に対して、日に日に思いが止まらなくなってしまい、不倫関係へ突き進んでしまう女性は少なくないです。しかし、実際本気になっていった場合、その結果はどのようなものが待っているのかは、想像してみたことはありますか?

不倫相手との関係に本気になってしまった場合や、関係を続けられるケース・続けられないケースなどについて、ご紹介いたします。

不倫相手との関係維持は難しい

もし不倫相手に本気になってしまったら、何とかして幸せを掴みたいと思うかもしれません。しかし、不倫相手との関係維持は実は想像以上に難しいと言えます。

結婚は法的効力が発生する関係です。そのため、不倫には浮気とは異なるたくさんのリスクがあります。また、お互いの気持ちとしても、本来は結婚相手を優先するところ、別の相手へと気持ちを向けてしまっているため普通の恋愛のようにすっきりとした関係で過ごす事は難しいでしょう。さらに、不倫ということから、相手の気持ちと自分の気持ちにすれ違いが生じている可能性も考えられます。

一般的な恋愛とは異なる様々な困難を乗り越えなくてはいけないため、全てを乗り越え幸せを手にするカップルは残念ながら稀と言えるでしょう。

結婚しても幸せになれないケースは多い

不倫関係にあったカップルは、結婚してもその後幸せになれるケースは少ないと言われています。その理由の1つとしては、不倫関係から結婚に発展するがゆえの、関係性の「微妙さ」にあります。

そもそも不倫関係が始まったきっかけとして、男性が精神的に不安定な状態にあり、それを女性が支える、また、支えている自分に価値を見出すといった状況だと「共依存」の状態になりやすくなります。

相手が自分の全てだと思い、相手なくしては生きていけないと錯覚してしまうのです。こうなると自分の幸せが相手に左右され、結婚しても不安感に押しつぶされてしまうでしょう。また、結婚した後、もともと不倫から結婚に至ったということから後ろめたさなどを感じ、素直な幸せを追求しにくくなると言えます。

相手の妻や彼女に罪悪感を覚えることもある

人によっては不倫特有の罪悪感に苦しむことになるでしょう。たとえ自分と愛し合っていたとしても、相手には法的に認められたパートナーがいます。本当ならそのパートナーこそが、相手に愛されるべきだったのです。

しかし、自分がいることで相手がそのパートナーと関係を修復する機会を奪ってしまったと感じるほか、不倫がばれていなくてもパートナーとの信頼関係にひびを入れている原因であるという自覚をしてしまうと、それが罪悪感となっていつまでも残ります。

また、罪悪感は不倫相手のみならず不倫相手のパートナーにも及びます。人は誰かに優しくすると自分も幸せになれます。しかし、逆に不倫によってたとえ不倫相手の本来のパートナーであっても、気持ちを傷つけてしまうと自分も後ろめたさを感じて不安に繋がるのです。

リスクは山積み

不倫の果てに二人で幸せになろうとする場合、普通の恋愛よりもはるかに多くの困難を乗り越えなくてはなりません。また、相手に社会的なリスクを負わせる可能性もあり、どちらか一方に負担が多くかかる可能性もあるでしょう。幸せになるためには双方ともにそのリスクを乗り越える覚悟が必要と言えます。

また、不倫を成就させた果てに、友情や愛情を失う人もたくさんいます。裁判に発展して多額の慰謝料が必要になるなど、金銭的な負担もあるでしょう。仮に、相手のパートナーにバレずに関係を続けていきたいというケースでも、常にバレるリスクを考え不安を感じながら過ごさなければなりません。お互いに好きだけではどうにもならないことも多いため、本当にその覚悟があるのかを今一度考えてみる必要があります。

→慰謝料などの法的なリスクが気になる方はこちら

相手の夫婦関係が崩壊しているなら良好な関係が続くことも

まれではありますが、不倫でずっと良い関係が長持ちすることもあります。不倫関係で不安定になったり、罪悪感を覚えたりするのは相手とそのパートナーの関係を傷つけていると感じる事によるものが大きいです。

たとえば、そもそも相手とパートナーの夫婦関係が崩壊している場合は、相手のパートナーへの申し訳なさが生じにくいです。相手がずっと結婚相手と別居している、常に冷えた夫婦関係が続いているなどの場合は、将来的な不安感も抑えられますから、良好的な関係が長く続くケースもあるでしょう。

不倫相手の本気度チェックポイント

不倫相手が自分に本気かどうかを知りたい場合は、いくつかのポイントに絞って相手を観察してみましょう。デートなど会う機会を増やそうとしているかや、自分の行動に興味を持ってくれているかなどがポイントになります。

そもそも不倫はバレてはいけない秘密の関係です。当然会えば会うほど、見つかる可能性が高くなり、リスクが深まります。しかし、それをおしても会いたいと思ってくれているかどうかというのは、一つのポイントです。

例えばセックスをしなくても、何気なく会う機会を増やそうとしてくれたり、仮に会えなくても電話を頻繁に入れてくれたりするのは、相手の自分に対する本気度が高くなっている証拠とも言えるでしょう。

また、普段自分が何をしているのか、誰と会っているのかなど、自分の行動をチェックしたがるのも恋愛特有の「束縛したい」という思いであり、本気を感じる行動です。また、本来のパートナーと別居を決意するようなことがあればそれはもうかなり本気であるということの表れと言えるでしょう。

本気っぽくても要注意!「好き」の裏側を見抜こう

相手が自分に甘い態度をとってくれていても、実はその裏に別の本音が隠れていることがあります。もし、「この人は自分に夢中に違いない」と思ったとしても、一旦冷静になり、真実自分を愛してくれているのかどうか、見抜くことが重要と言えるでしょう。

不倫をすると、最終的には本来のパートナーか不倫相手かのどちらかを選ぶことになります。しかし、不倫相手を選ぶのはリスクが高く、よほど本気でないと不倫相手は選ばれません。また、健全な恋愛と違い不倫の場合は、不倫をするだけの特別な事情があります。なぜ相手が不倫の道を選んだのかまで考え、見極めておかないと後から痛い目を見ることになると言えるでしょう。

セックスがしたいだけの可能性も

残念ながら身体目当てという可能性もあります。結婚している以上、結婚相手以外との性交渉は相手の信頼を損なう行為です。しかし、当の結婚相手とセックスレスの場合は、性欲を発散する機会がなく、そのはけ口として他の相手を探している場合もあります。風俗などを利用する手もあります。しかし、風俗を毎回利用するとお金もかかり、場合によっては病気のリスクも考えなくてはなりません。

その点、自分を好きになって支えてくれる女性であれば、お金や病気の心配もすることがなく、さらに精神的にも安らぎを得られるというわけです。男性は好きでない女性であってもセックスができます。甘い言葉を囁いてくれていても、実際には都合のよい相手を逃したくないだけというパターンもあると言えるでしょう。

熱い恋愛のために気分を盛り上げているだけかも

世の中には、ただ純粋に刺激が欲しいだけという人もいます。そもそも本気で好きかどうか以前に、不倫関係そのものに価値を感じているケースもあるのです。不倫という関係はスリルがあり、欲しくても手に入らないもどかしさがあります。これが癖になって不倫をしている人もいるのです。今まで平凡な恋愛ばかりをしてきた人や、物足りなさを感じている人にとっては抜け出せないものとなってしまうこともあります。

この場合、本来のパートナーと別れて新たに結婚したとしても、結婚したとたん相手が興味を失い、再び不倫されてしまうという可能性もあると言えるでしょう。また、実はすでに今の結婚相手に本気で、不倫は結婚相手の気を引くために行なっているというケースもあるでしょう。この場合、自分をダシに本来のパートナーとの関係がうまくいけば、不倫関係は解消されてしまうことも考えられます。

特別な関係や縁を感じて言っている?

運命的なものを感じている感情の表れとして、愛情を伝えているケースもあります。ただ、それは不倫だからこそ感じるものかもしれません。不倫関係で共依存に陥った時、不安定な男性・女性を支えることで、自分の存在価値を感じてしまうという場合は少なくありません。「この人には私しかいない」と思ってしまい、それを運命的なものと認識して本気度が高まってゆくのです。

不倫から結婚するとそういった「不安定などちらかを支える」といった部分が薄れてくるため、存在価値を感じられなくなり、再び不安定な人を探し始めることがあります。

また、特に精神的に不安定というわけではなく、ごく普通に魅力があった場合でも、そもそも不倫と言うシチュエーションそのものに非日常的な魅力を感じており、いざ相手が自分を選びパートナーと別れて自分と結婚となると、途端に今までの熱意が薄れていくケースもあります。

不倫が本気に変わるときはきっかけがある

すでに決まったパートナーがいる以上、多くの人はいきなり最初から本気で不倫をするわけではありません。不倫をしていて、本気で今のパートナーと別れ、不倫相手を選ぼうとするにはある程度きっかけがあるといえるでしょう。

そのため、単純に不倫で恋愛関係を続けているだけでは、相手が自分を選んでくれる可能性は少なくなります。もし不倫相手にも本気になって欲しい、その上で改めて不倫相手と結婚して幸せになりたいと考えるなら、あらかじめ不倫が本気に変わるきっかけをいくつか知っておき、相手が本気になってくれるチャンスを逃さないようにするとよいかもしれません。

きっかけその1:夫婦の関係悪化

不倫が本気になる理由の一つは、夫婦の関係が冷えているケースです。例えばセックスレスで、自分はしたいのに相手に拒否されていたりなどすると、性欲のはけ口がなく外部に相手を求めます。そこで不倫相手と出会い、行為の頻度や嗜好など性行為への価値観がぴったりと合致すると、この人とは相性が良いと思えるため本来のパートナーより優先されていくことがあります。

また、夫婦関係で別居していたり会話が無かったりするケースでは、不倫相手が寄り添って自分を支えてくれることで、自分の居場所はここだと思うようになります。また、相手を思いやる心の余裕もできるため、不倫相手とのことを本気で考えるきっかけになると言えるでしょう。

きっかけその2:不倫相手との妊娠

不倫相手との間に子供ができる場合も、関係が大きく変わるきっかけとなるでしょう。ただし不倫相手との妊娠は、関係が前進する場合も、すっぱりと切れる場合もあります。今まで優しかったのに妊娠したと分かった瞬間、態度を一変させて冷たくなる男性もたくさんいます。

お互いの気持ちがあり、それらを覚悟の上でならば、妊娠はけじめをつける一助になるかもしれません。ただ、不倫相手との間に子供を作ることは、非常にシビアな問題です。慰謝料や養育費、また、相手のパートナーに不倫が発覚するきっかけになります。そのため、不倫相手に本気になってほしいがために妊娠を狙うというのは、得策とは言えないでしょう。

きっかけその3:運命を感じる経験があった

不倫相手と一緒に居て、この人こそが自分のパートナーとなるべき人であると感じるケースもあります。新たに不倫相手との関係を築く中で、新鮮な恋愛体験をすると今のパートナーよりも不倫相手の方が良いと感じ、運命を見つけたと思うのです。

例えば、人によっては恋愛結婚というわけでなく、子供ができたために責任をとって結婚するケースや、見合い結婚だったため、夫婦愛が元々存在していないケースなども考えられます。さらに、今までのパートナーとも確かに恋愛関係にあったものの、もともと恋愛経験が少なく他の人はあまり知らなかったパターンなどもあるでしょう。確かに恋愛は縁です。最初に結婚した人が、自分と最も相性が良い相手であるとは限らないかもしれません。

不倫で失うものを考えよう

不倫は社会的に決して良いこととは言えません。お互いしか知らない関係であるうちはまだ良いものです。常にバレるリスクがある不倫は、訴訟につながる能性や、相手から見捨てられてしまう可能性もあります。相手に本気であり相手も自分に本気で、どうしてもこの不倫を長続きさせたい、成就させたいという場合は、不倫で失う数々のものを知った上で決めましょう。

また、軽い気持ちで不倫してしまい、どうすべきか悩んでいる場合は、自分がこれから失う可能性があるものが何なのかをよく知っておくことが大切です。その上で、「これからも不倫をするか否か」を秤に掛けましょう。

人によってはこれから先の人生全てをふいにしてしまう可能性もあるのが、不倫の怖いところでもあります。

慰謝料などの法的なリスクを知る

まず、現実的な問題として立ちはだかるのが慰謝料です。不倫を続けていくことはもちろん、将来的に結婚相手と別れて不倫相手と結婚する場合は、特に不倫が発覚するリスクが大きく高まります。

例え離婚した後であっても、結婚中に不倫されていた事実が発覚すれば慰謝料を請求されるでしょう。ケースにもよりますが、大体慰謝料の相場は50万円から300万円程度と言われています。

不倫した時の慰謝料は、事故で怪我した場合の慰謝料などと違い、実際に損害が出た明確な金額というものが存在しません。そのため、あくまで不倫相手の結婚相手にどれだけ精神的苦痛を与えたかによって変わってきます。

もともと別居しているほど仲が悪かったのなら、慰謝料も認められないか少額で済みます。しかし、そうでなければ多額の負担を覚悟した方が良いでしょう。

肉体関係のない浮気で相手と別れる場合 50万円から100万円
不倫関係にあり、それを原因に別居に至った場合 100万円から200万円
不倫を理由に離婚した場合 200万円から300万円

この他にも子どもの年齢や、不倫をどのくらいの間していたか、元々の収入がどれくらいか、不倫中不倫を隠すためにどのくらい嘘をついていたかなど細かなことでも慰謝料は変わっていきます。

人間関係で失うものを考える

健全な恋愛と違い、不倫は人間関係でも失うものが多くあります。特に不倫を長く続けていこうと思うならなおさらです。もちろん、一番被害を受けるのは相手の本来のパートナーです。しかし、それだけでなくお互いの両親や兄弟などに知られれば、少なくとも応援される可能性は少ないでしょう。

また、職場の不倫で周囲にばれれば、噂話の種になり会社で働きにくくなります。友人も不倫関係を勧める人は少ないはずです。家族や友人、職場の同僚などから別れるように勧められ、反発して周囲から距離を置き、ますます不倫相手に依存していくということにもなりかねないと言えるでしょう。

不倫関係は誰からも応援されません。交友関係の広い人ほど、失うリスクは高くなると言えます。

信用を失われキャリアに響くことも

不倫は社会的地位にも影響を与えます。誰でも可能性があるのは、仕事に集中できなくなることです。不倫しているということは、家庭がそもそも円満な状態ではありません。仕事が休みでも、家族にバレないように注意を払わねばならず、家で身も心も休み切ることができなくなるでしょう。休息がとれない分、仕事は次第に捗りにくくなります。

また、不倫相手との時間を捻出するために、会社で不審な行動をとったり休みを取ったりすることで会社に疑われたり、そこから結婚相手に気づかれたりする可能性もあります。

さらに、不倫が明るみに出ると会社でも白い目で見られ、時には異動など何らかの事実上の処分が下されることもあるでしょう。実際職場の異動どころではなく、もっと重い処分が科せられた例もあります。

過去には懲戒免職に至ったケースもあることを説明(300)
実は、意外にも不倫で懲戒免職になるケースもあります。不倫は私的な行為であり、本来なら不倫しただけでは相手のパートナーと裁判沙汰になることはあっても、会社での立場まで変わるものではありません。

例えば、いわゆる社内不倫で二人の関係が社内の風紀を著しく乱しているケースや、あるいは不倫をしていると言うこと自体が職業のイメージや、責任を損なうものであった場合は、懲戒免職になるケースが実際にあります。

日頃の行動が模範となるべき警察官でも、不倫が原因で1年間に数十人規模で処分されたことがありました。また、バスの運転手がバスガイドを妊娠させ、正常な業務を妨げたとして解雇処分になった例もあります。

不倫相手との関係は覚悟が必要

ご紹介したように、不倫は様々なリスクがあるものです。仮にお互いの間に本気の愛があったとしても、数百万の慰謝料や社会的地位の失墜、家族や友人関係へのヒビなど、失うものは枚挙にいとまがありません。

また、苦難の末に結ばれたとしても、もともと本気で不倫できる人であるだけに、結婚した途端スリルがなくなりまた、他の人と不倫してしまうケース、結局は不倫というシチュエーションに憧れていただけだったと気づくケースなど、幸せになれないパターンも多くあります。

不倫している間は気分も盛り上がり、なかなか抜け出せないものです。しかし、抜け出せない自分を感じたら一旦冷静になり、リスクをよく考えなくてはいけないでしょう。一時の夢と割り切って関係を清算し、もう一度自分の人生を歩き直すことを選択するのも大切かもしれません。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.