感動・泣き

トライズ(TORAIZ)の評判・口コミ。料金100万の価値はある?【受講生の声・体験談有り】

投稿日:

短期間に外国語を習得するには、海外留学などで外国語にどっぷり浸るのが効果的だと言われています。でも、もしも国内で同程度の英語力が身につくとしたら、試してみたいと思いませんか?

コーチング型英会話スクールのトライズ(TORAIZ)では、1年間に1000時間の英語学習を行うことで、受講生の英語力を「英語圏で生活できるレベル」にまで引き上げることを目標にしています。そのカリキュラムは1つ1つ明確な論理に裏打ちされています。

今回はそんなトライズの受講経験者の口コミ・レビューを1つ1つ紹介。さらにfeely公式モデルの中俣亜美が実際にトライズの無料カウンセリングを受けてきました!

\トライズの無料カウンセリングをチェック/

トライズの魅力やレッスンの様子を見ていきましょう。

総合評価 スピーキングとディクテーションに特化。1000時間の学習で確実な効果が期待できる
実績 800~1000時間の学習修了後には、英語圏での勉強や日常生活に困らないレベルである「45点」に到達
講師の品質 日本人コンサルタントとネイティブ講師がともに最新の情報を共有しながら、受講生の学習を支援する環境が整っている
教材の品質 オリジナル教材ではなくあえて市販教材を組み合わせ、オーダーメイドカリキュラムを組み上げることでより一人一人の細かなニーズに対応
受講生へのサポートの品質 毎日のインプットや学習状況のサポートを日本人コンサルタントがメールや面談で実施。学習継続率91.0%
コストパフォーマンス 一見高額だが、実はひと月当たり単価・1レッスン当たり単価は安い
補助金・給付金の有無 対象外だが、時折割引キャンペーンはある
コースの豊富さ 一般コースとTOEICコースの2つ
アクセスしやすさ 一般コースとTOEICコースの2つ

トライズ(TORAIZ)には年間100万円越えの受講料の価値があるのか

総合評価

総合評価 スピーキングとディクテーションに特化。1000時間の学習で確実な効果が期待できる

トライズでは学習時間を「1000時間」に設定し、1週間に20時間。毎日3時間は英語学習に割くカリキュラムを組んでいます。その理由は「英語話者が日本語を習得するのに要する学習時間が2200時間」とされており、その逆も同等の時間が必要と考えられるため。日本人は学校教育で1200時間分相当の英語教育を受けるため、残り「1000時間」の学習が足りない状態なのです。

カリキュラムは英語スキルを最短で身につけるべく

  • スピーキング(話す練習)
  • ディクテーション(英語を聞き取って書く練習)

に注力。スピーキングとディクテーションに特化して、1年にわたって継続的に学習できるスクールは、他にはありません。サポート体制も万全。専任コンサルタントとネイティブ講師が、受講開始前からゴール達成まで走り続けます。

さらに詳しく見ていきましょう。

実績

実績 800~1000時間の学習修了後には、英語圏での勉強や日常生活に困らないレベルである「45点」に到達

実力の伸びを正確に把握するために、トライズの受講生は全員Versant(ヴァーサント)で毎月英語力を計測します。Versantは実践的な英語のスピーキング力を測るためのテスト。国内外の大手グローバル企業や政府機関でも導入されています。

トライズ受講生は200時間の学習終了後のVersant受験で平均4.5点、400時間の学習後で平均6.5点のスコアアップを達成。800~1000時間の学習修了後には、英語圏での勉強や日常生活に困らないレベルである「45点」に到達しています

講師の品質

講師の品質 日本人コンサルタントとネイティブ講師がともに最新の情報を共有しながら、受講生の学習を支援する環境が整っている

日本人コンサルタントとネイティブ講師がともに最新の情報を共有しながら、受講生の学習を支援する環境が整っています。

また講師・教材の品質を高く保つための企業努力にも要注目。独自に語学研究所を開設し、理論的かつ実践的な英語学習方法を日々研究。語学学習に関する最新の情報や成果をいち早くキャッチして、現場のプログラムに反映さ背ています。

教材の品質

教材の品質  オリジナル教材ではなくあえて市販教材を組み合わせ、オーダーメイドカリキュラムを組み上げることでより一人一人の細かなニーズに対応

トライズでは受講生それぞれのゴールから逆算し、ひとりひとりに最適な教材や学習方法、スケジュールを提案してくれます。オリジナル教材ではなくあえて市販教材を組み合わせ、オーダーメイドカリキュラムを組み上げることでより一人一人の細かなニーズに対応できる環境を整えています。

会議でのディスカッション、学会でのスピーチ、ビジネスでの交渉など、専属コンサルタントと相談しながらあなたにぴったりの教材を活用することができます。

受講生へのサポートの品質

受講生へのサポートの品質 毎日のインプットや学習状況のサポートを日本人コンサルタントがメールや面談で実施。学習継続率91.0%

英語は知識をインプットするだけでは話せるようにはなりません。しかし、確かなインプットが無ければ、いつまでも話す力(アウトプット)につながりません。

トライズでは両方のバランスを非常に重視しているため、毎日のインプットや学習状況のサポートを日本人コンサルタントがメールや面談で行います。さらにネイティブ講師がレッスンでのアウトプットをしっかりバックアップ。このサポート体制の結果、1年という長期受講ながら学習継続率は91.0%。万全のサポート体制が整っています。

コストパフォーマンス

コストパフォーマンス 一見高額だが、実はひと月当たり単価・1レッスン当たり単価は安い

受講料は月額約95,000円(12か月一括払い特典利用の場合。入会金・コンサルティング費別途)。一見高額に見えるトライズの受講料ですが、ひと月当たりの単価に換算すると、他の英語コーチングスクールよりもリーズナブルなのです。

一般的なコーチング型英会話スクールと、トライズの料金設定を比較してみましょう

一般的なコーチング系英会話スクール トライズ
コース料金 約30万〜40万円 約140万円
受講期間 2ヶ月 1年間
1ヶ月あたりのコース料金 約12万〜19万円 約9万円
1日あたりのレッスン費用 4000円〜9000円 約3000円

コース料金で見ると他社が平均30万~40万円のところ、トライズが約140万円と一番高く見えます。

ところが1か月あたりのレッスン料に換算すると、他社が12~19万円のところトライズは9万円台の価格に。また他社の1日当たりのレッスン料は4,000円~9,000円となりますが、トライズでは3,000円台に収まります。

しかもトライズのレッスン料金には、毎月のVersant受験料や毎日のメールサポートも含まれているので、コストパフォーマンスは非常に高いといえるでしょう。

補助金・給付金の有無

補助金・給付金の有無 対象外だが、時折割引キャンペーンはある

トライズのレッスンは、一般教育訓練給付金の対象とはなりません。しかし、キャンペーンでの割引を時折提供しています。ホームページなどでチェックして、タイミングを逃さないように利用したいですね。

コースの豊富さ

コースの豊富さ 一般コースとTOEICコースの2つ

トライズで受講できるのは、一般コースとTOEIC対策コースの2つ。TOEIC対策コースは2か月という短期コースながら、効率的にスコアをアップするためのプログラムが盛り込まれています。一般コースに比べると、受講料も23万円と安価なので、短期間に必ず成果を出したい!という方には、取り組みやすいですね。

アクセスしやすさ

アクセスしやすさ 国内数か所に学習センター。地方の人はオンラインレッスン主体

トライズでは、国内数か所に学習センターを開設しています。東京に9か所、横浜に1か所、大阪に2か所のほかに、オンラインセンターも設置。オンラインレッスンは地方在住の方にも便利です。

\トライズの無料カウンセリングをチェック/

【受講生の声】トライズ(TORAIZ)のメリット・デメリット

トライズの実際の受講生が感じている、トライズのメリットとデメリットをまとめます。

メリット

メリット1 1年間のオーダーメイドカリキュラムで確実に英語力アップ
メリット2 1000時間の学習を「やり切る」ことが可能
メリット3 1日3時間の学習を専属コンサルタントがサポート
メリット4 ネイティブ講師との英会話レッスンがある
メリット5 スピーキングとディクテーションを重点的に強化
メリット6 1レッスンあたりの料金は安い

 

 

1年間のオーダーメイドカリキュラムで確実に英語力アップ

それぞれのレベルによって学習方法やスケジュールは異なりますが、共通することは「英語を口に出すこと」を重視する点です。普通の英会話教室ではリーディングを重視していますが、スピーキングとディクテーションを重点的に学んだ方が苦手意識を克服できると感じます。

個別のカウンセリングや自分に合った教材の選定など、自分だけの「オーダーメイド」なレッスンをこなすことができるのがトライズの最大の魅力。さらにスピーキングとディクテーションに特化している点も特長。

リーディングではなく「口に出して学ぶ」スタイルで英語を学びたい方は、トライズの受講を前向きに検討する価値があると言えるでしょう。

1000時間の学習を「やり切る」ことが可能

1000時間の学習は妥当で、カリキュラムに無駄もなく、英語力は確実に上がります。みっちり学習する環境があり、時間を有効に活用すれば1000時間は妥当でした。基礎力から応用力まで鍛えられました。

「本気」の受講生にとって、目標があることはモチベーションを高く保つための必須条件。トライズのレッスンには1000時間というはっきりした具体的な目標があるため、「やりきった」という成功体験も味わえるのですね。

1日3時間の学習を専属コンサルタントがサポート

コンサルタントの対応の品質は高いです。日本人のコンサルタントが、しっかりと自分の英語学習の進捗状況を確認してくれました。スケジュールを調整してくれたので満足です。

忙しい女性は、ついつい英語の学習よりも仕事や他の予定を優先してしまいがち。そこをしっかり専属コンサルタントがサポートしてくれるので、受講生の満足度も高いです。

ネイティブ講師との英会話レッスンがある

週に2回のマンツーマン・プライベートレッスンと、週に1回のグループレッスンをネイティブ講師から受けられます。自宅でのセルフ・トレーニングで学習した成果を、週に3回ネイティブとのレッスンで確認することで、学習効果が何倍にも高まります。

スピーキングとディクテーションを重点的に強化

個々に合った教材を使用して、スピーキングとディクテーションを重点的に学びます。スピーキングを何度も何度も復習することで、受講を続ければスキルは自然に身に付けることができます。
外国人とのレッスンをうたっていても、レッスン中に講師ばかりが喋っていては、受講生が英語を話すチャンスは減ってしまいます。トライズでは、受講生のスピーキング力を伸ばすためのレッスンが徹底的におこなわれているようですね。

1レッスンあたりの料金は安い

高い目標を掲げる受講生を、徹底的にサポートする講師陣の姿勢とシステム。加えて、毎月のVERSANT受験で自分の英語力レベルが確認できる。これだけの品質を考えれば、トライズの1レッスンあたりの料金は安いといえるでしょう。

【受講生の声】デメリット

一方、受講生からは次のようなデメリットも聞かれました。

リーディングや文法習得には重点が置かれていない

トライズはスピーキングとディクテーションを重視しているので、たしかに普通の英会話教室に比べるとリーディングは少なめかもしれません。しかし内容は理にかなっていると思います。リーディング重視で英単語ばかり覚えようとすると時間がかかってしまいますが、スピーキングとディクテーションは文章を把握したり表現力も素早く身に付けます。実践的で考えるのであれば、スピーキングとディクテーションを重点的に強化することは賛成です。
リーディングや文法の学習は、自宅で辞書や参考書を引きながらじっくり取り組むこともできます。しかし、英語を「話す」力をつけるには、目の前の相手と実際に会話することがベスト。トライズではレッスン中にしかできないスピーキングとディクテーションに特化していると考えれば、効率重視のメソッドととらえることもできますね。

経済的に苦しい人には不向きな価格設定

高い効果には納得できるけれど、やはり1年間で100万円の負担はかなり大きい、と感じる方も多いようです。トライズは、「1年間集中して確実に英語を話す力を身に付ける」ことに特化したスクールなので、時間をかけてマイペースで英語を習得することを重視する方には不向きな価格設定かもしれません。

短期で一気に語学力を伸ばすのには不向き

一年間に渡って総合的に学ぶスクールのため。短期集中で学びたい人はRIZAP ENGLISHかPROGRITを受講すべき。

トライズは、1年に渡って総合的に実践的な英語力を伸ばすスクールです。結果が出るまで1年も待っていられない!という方は、同じくコーチング系英会話スクールの中でも基本受講期間が短い、他のスクールを検討してみてはいかがでしょうか。

トライズ(TORAIZ)のプログラムの流れ

いかがでしたか?メリットとデメリットをじっくりと比較検討したうえで、実際のプログラムの流れについても見てみましょう。

レッスン開始前に「Versant」を受験する

トライズでは、受講生すべてがVersantを定期的に受験します。レッスン開始前には現状のレベルチェックの意味で受験し、受講生の英語力を診断します。

Versantとは?

テストに書かれている英語の問題を通じて、発音などをチェックしています。また質問に対して、英語でしっかりと答えることができるのかどうかチェックしています。流暢に喋れるようになっていることがわかるので満足しています。

VERSANTは、世界標準の英語スピーキングテスト。高度な自動言語認識システムを利用して、スマホやパソコンで日時や場所を問わずに英語力を診断することができます。このテストをレッスン開始前に受験し、受講開始後も定期的に受験して定期的に英語力の伸びを測ります。

教材は市販の英語参考書・教材を使う

トライズでは、入手しやすい市販の教材を、生徒の目標や希望に合わせて選びます。受講生が英語を学習する目的は、海外旅行からビジネスでのプレゼンテーションまで実に様々。それぞれが自分自身にとって最適な教材を使用することは、目的達成への近道です。

教材の例

自分に合った市販の教材を使用することになります。「CDBたったの72パターンでこんなに話せる英会話」など、初めは基礎から学べるような教材になります。

CD BOOK たったの72パターンでこんなに話せる英会話 CD BOOK たったの72パターンでこんなに話せる英会話

教材は受講生のレベルや興味・関心に合わせて、コンサルタントが随時セレクトします。

受講生の中には「プラダを着た悪魔」や「英国王のスピーチ」といった名作映画のセリフ集を、シャドーイングとディクテーションの教材として用いるケースもあります。

プラダを着た悪魔 (名作映画完全音声セリフ集スクリーンプレイ・シリーズ) プラダを着た悪魔 (名作映画完全音声セリフ集スクリーンプレイ・シリーズ) 英国王のスピーチ (名作映画完全セリフ音声集―スクリーンプレイ・シリーズ) 英国王のスピーチ (名作映画完全セリフ音声集―スクリーンプレイ・シリーズ)

レッスン期間は1年間が目安

トライズでは、1年間に1000時間のレッスンで結果を出すことを重視しています。忙しい社会人がこれだけの学習量を2年、3年と続けるのは大変なこと。モチベーションを高く保ちつつ無理なく結果を出すためにも、レッスン期間の目安は1年間となっています。

レッスン回数

1年間で1000時間のレッスンの内訳は?トライズのレッスン回数を見てみましょう。

セルフ・トレーニング

トライズでは、週に約15回分(約28時間分)、スピーキング、シャドーイングやレッスンの予習を行うことが求められます。自分のペースで学習できるこの時間を効果的に使って、対面レッスンでのアウトプットに臨みます。

対面レッスン

セルフ・トレーニングでインプットした知識を使って実際に英語で話す力をつけるために、対面レッスンを受講します。トライズの対面レッスンは、マンツーマンのプライベートレッスンとグループレッスンを組み合わせています。マンツーマンでは自分の目標や希望に合わせてスピーチ、ディスカッション、ロールプレイなどの練習を行い、グループでは最大4名までの少人数でディスカッションを行います。

オンラインレッスン

学習センターに通えない受講生には、オンラインレッスンが便利。トライズではすべてのサービスをオンラインで受けることができるので、ライフスタイルに合わせて早朝や深夜の受講も可能です。トライズによると、全受講生の4割以上がオンラインのみで受講しており、通学生とまったく遜色のない成果を上げているそうです。

トライズの期間ごとの学習内容

次に、トライズでの1年間の学習の流れを見てみましょう。

1か月目の学習内容

CDBたったの72パターンでこんなに話せる英会話を使用して、基礎的な英会話のパターンを何度も学びました。リスニングを中心に学べたので、スムーズに苦手な英語を克服することができました。

最初の1か月は、基礎的なパターンの繰り返し練習で、苦手意識を低くすることを重視しているようですね。

3か月目の学習内容

ネイティブ英会話講師との英会話レッスンとグループのディスカッションを行います。

学習開始から3か月目で、早くもグループディスカッションができる力がついているようです。

6か月目の学習内容

リスニングとシャドーイングを中心に行い、新しい教材を使用して学習しました。ここにきてVersantの点数も伸びてくるようになりました。

半年もすれば自分なりの学習ペースも確立し、VERSANTでの結果にも表れています。

9か月目の学習内容

さらに新しい教材を使用して、Versant対策なども行っていました。ネイティブ講師と少人数のディスカッションを行いましたが、英語をしっかり聞き取れて話せるようになりました。

9か月の間に、どんどん教材を切り替えながら目標達成に向かっている様子がわかります。

12か月目の学習内容

Versantテストで最高点を取ることができました。最後は、マンツーマンレッスンやグループレッスンなどを行い、新しい教材なども使用しました。

成果が気になる1年後。VERSANTで最高点が取得できたということで、満足度も高いようですね。

トライズ(TORAIZ)のコース詳細

ここまでトライズの通常コースをご紹介してきました。トライズではこの他に、TOEIC対策に特化したプログラムを受講することもできます。

TOEIC対策はTOEIC対策の特化コースがおすすめ

通常コースとTOEIC対策プログラムは、何が違うのでしょう?1年間継続して学習する通常コースとの大きな違いは、2か月という受講期間です。短期間にTOEICの特典アップを目指す方には、TOEIC対策プログラムがおすすめです。

トライズ(TORAIZ)の無料カウンセリング体験談

トライズのレッスンを受けてみたい!と思った方は、まずは無料カウンセリングを受けてみましょう。このたび、feely公式モデルの中俣亜美が実際に無料カウンセリングを受けてきましたので、参考にしてくださいね!

私は仕事で英語を使うことがほぼないので、英語力には不安があります。英語学習を通じて、旅行で困らないくらいの英会話力を身につけたいです。「海外旅行などで英語を難なく使えるようになりたい」ですね。

中俣 亜美

トライズの無料カウンセリングを受けた校舎

新宿校でカウンセリングを60分程度受けました。事前にホームページを拝見して行ったのですが、高級感のあるホームページでかつ場所もオフィスビルの高層階。

トライズの新宿校は、新宿・コクーンタワーの近く

「レベルの高い・所得の高い方がいく場所なんだろうな」という印象は受けました。そのため正直、私のように「仕事で英語を使うことのほぼないような者」がカウンセリングを受けてもいいのかな、と行く前はちょっと不安でした。

トライズの入り口の写真

アクセス

東京都新宿区西新宿1-25-1新宿センタービル30階

\トライズの無料カウンセリングをチェック/

カウンセリングの流れ

トライズ新宿校のカウンセリングルームは美しく整理整頓された一室でした


私の目標レベルを聞いてくださり、目標レベルに合ったメニューや教材を使いましょうと説明してくださいました。具体的な教材もいくつか見せてくださり、「よく使うフレーズは覚えて反射的に使えるようになるのがよい」など、学習のコツなども一緒に教えてくださいました。学習の進め方についても、会話を学ぶためには映画の台本を読むと良いといったアドバイスを受けました。


私は最終ゴールを「海外旅行などで英語を難なく使えるようになりたい」と設定したのですが、トライズはさらに上のレベルを目指せるスクールだという印象も受けました。実際にトライズを受講しているほかの方は「仕事で英語を使えるようになる」というゴール設定をしている方が多い印象です。

実際のカウンセリングシート。英語学習の経験や悩みに関するカウンセリング項目が記されています。

英語力を確実に身につけるには1000時間必要であるという明確な定義を示してくださった上で、1日確実に3時間確保する・週に3回スクールに通う・定期的な学習チェックがあるなど完璧なサポート体制だという印象を受けました。確実に高い英語力を身に付けることができると思います。

カウンセラーへの印象

カウンセラーの方は実際にコンサルタントをされている女性で、年齢は40歳程度でした。カウンセリングシートに記載した内容一つ一つに対し丁寧な質問をしてくださいました。

感想

仕事で将来的に海外で働くことを意識しているにもかかわらずTOEICの点数が低く短期的に点数をあげたいなど、具体的なゴールが決まっている方にはたいへんお勧めです。一方で、負担はかけたくないけれども英語に触れたい・レッスン程度にと考えている方には身体的にも経済的にも少々負担が大きいと思います。
本気で英語力を身につける必要性のある方は、ぜひトライズに行っていただきたいとおもいます。コンサルタントの方が親身に相談に乗ってくださいます。

\トライズの無料カウンセリングをチェック/

トライズのコース一覧・価格一覧

それでは、トライズのコースと価格をまとめてみましょう。

スピーキング本科(通常プログラム) TOEIC対策プログラム
入会金 5万円 5万円
コンサルティング費 185,000円
受講料 月額 94,852円(12か月一括払い特典:30万円OFF適用後) 23万円
受講期間 1年 2か月
備考1 受講料には、コンサルティング・毎日のメールサポート・週3回のネイティブ講師とのレッスン・2週に1回の進捗確認面談・月1回の進捗確認テスト(Versant受験)・オリジナル学習管理ツールの使用が含まれます。 万が一トライズ既定のスコアアップを達成できなかった場合、一定の条件を満たしていれば無料で1か月レッスンが延長される「スコアアップ保障」の制度があります。
備考2 受講後1か月までの「全額返金保証」、受講1か月後以降に途中解約の場合に適用される「途中解約保障」、万が一英語力が全く伸びなかった場合の「無料延長保証」などの保証制度があります。

【まとめ】トライズのカウンセリングを受けると英語学習プランが立てやすくなる

1年間に1000時間のレッスンって、実際にはどの程度の負担になるの?自宅学習や予習がかなりあるようだけど、ついていけるかな?など、トライズでは受講生に本気を求められる分、スタート前の不安も募りますね。

ここまでいろいろとまとめてきましたが、トライズの良さは最初から最後まで受講生をしっかりゴールに導くためのサポート体制が整っているところです。受講生に本気を求める分、日本人コンサルタントもネイティブ講師も本気で受講生と関わり続ける。そんな律義さが、トライズの高い評価につながっています。

ですから、受講についてはひとりで悩まずに、まずは無料カウンセリングを受けてみましょう。

\トライズの無料カウンセリングをチェック/

90分のカウンセリングで、思いつく限りの疑問や不安を解消した上で決断すればOK。無料カウンセリングは、Skypeを通じてオンラインで受けることもできるので、トライズの運営する学習センターから離れた地域にお住いの方でも気軽に相談できます。きっと、あなたにとって最適な選択ができるように、本気で向き合ってくれますよ!

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.