感動・泣き

両思いなのに付き合わないのはなぜ?心理や対処法をご紹介!

投稿日:

この記事の情報提供者

今、自分が恋愛している相手は、自分のことを好きでいてくれている。要は、両思いということになります。しかしなぜ「付き合おう」という言葉がないのか、付き合おうとしないのか……。こんな場合は、相手にも何か理由があるのでしょう。

今回は恋愛に詳しい河合わかさん提供の情報をもとに、両思いなのに付き合わない場合の男性の気持ちや対処法などについて解説します。

両思いなのに付き合わない理由とは

両思いであるにもかかわらず付き合おうとしない男性には、必ず何かしらの理由があります。しかし、それをあなたに正直に話すか話さないかはわかりません。一体どんな理由が隠されているのか……考えられるものを以下にまとめました。

どちらかが本命ではない

好きか嫌いかと聞かれれば好きだけれど、「もっと良い人がいるかもしれない」と考えてキープしている可能性があります。あなたに「好きだよ」とは言うものの、なんだか相手の態度が煮え切らない場合は、その可能性高いです。

彼に猛アタックして振り向かせるのもアリですが、大事なところで煮え切らない相手であれば、さっさとサヨナラして次の恋へ進むのが良いでしょう。

自分に自信がない

もうひとつは、「幸せにできそうにないから付き合わない」というパターンです。とくに男性が30半ばを過ぎていて、リストラや転勤が絡んでいたり、フリーランスの仕事をしていたりと、仕事や収入が安定していない場合に起こります。

こういった男性からすれば、「結婚できないのに付き合ってとは言えないでしょう」という、優しさと切なさを兼ね備えた究極の態度なのです。

両思いなのに付き合わない男性の心理とは

現状、相手も自分を好きでいてくれているのに、なぜ付き合おうとしないのでしょうか。相手の男性が考えていることや心理を読み解いてみましょう。

  • 幸せにする自信がない
  • まだ結婚をすることができない
  • 今の関係を壊したくない
  • 自由を失うのが怖い

ということで、考えられる4つの心理について詳しく解説します。

幸せにする自信がない

目の前にいる女性を幸せにすることへの自信のなさが表れています。共働きが増えているとはいえ、「相手を養いたい」「自分が家族の大黒柱でありたい」と考える男性はまだまだ多いもの。その彼が、収入や精神的な面で自分に自信がなければ「ちょっとまだ結婚はできないな」と考えるのです。

まだ結婚をすることができない

年齢的に、年を重ねれば重ねるほどお付き合いの先に結婚が見えてきます。たとえ、収入面や仕事面で結婚ができない理由があっても、年齢が若ければ「結婚できるようになるまで待っていて」と言えますよね。しかし、アラサーやアラフォーとなるとそれも難しく、お付き合いそのものをしなくなります。

今の関係を壊したくない

あなたを大事に思うからこそ、このままの関係でいたいと考えている場合もあります。これも年齢が若ければそこまで深くは考えず、本能的に動けるかもしれませんが、年齢を重ねれば人との繋がりや関係性に対して慎重になります。

女友達として良い関係で大切にしたいと考えて、「違う付き合い方になるのが怖い」「このままの関係でいたい」と考えているのかもしれません。

自由を失うのが怖い

彼があなたを好きだとしても「自分の自由な時間を奪われたくない」「束縛されたくない」と考えている場合もあります。付き合えば、彼の女性関係や生活においても、制限される部分が少なからず出てくるでしょう。それが嫌だと感じている場合は、彼にとって今は、あなたよりも自由が大事ということです。

両思いなのに付き合わない男性への対処法とは

両思いなのに付き合ってくれない男性と、そのままズルズル一緒にいるのは時間がもったいなく、精神的にも疲れるものです。とくに結婚を真剣に考えていればいるほど「このままで良いのかな?」と悩んでしまいますよね。そんな場合、以下の方法で対処すると良いでしょう。

待てるなら待ってみる

彼のことが本当に大好きで、彼しかいないと感じるのであれば、待つのもひとつの手段です。今、彼に付き合う気がないのであれば、すでに述べたようななにかしらの理由を抱えているのでしょう。

積極的に攻めるのも逆効果になる場合があるので、待てるなら待ってみましょう。しかしこの場合、待った先で付き合えるかはわからないため、時間を無駄にするリスクも覚悟しておくことです。

距離を置いてみる

思い切って、その彼とは距離を置いてみましょう。まずは1日2日、いっさいの連絡を絶ってみることです。そのあいだに、おそらく彼は何のリアクションもしてきませんが、気にせずに自分の気持ちと向き合ってください。

彼のことが好きなのか、それとも結婚をしたいのか。結婚のほうが大事と思えたらこれも良いタイミング。彼は諦めて婚活にシフトしちゃいましょう!

自分磨きをする

結婚どうこうではなく、彼と付き合いたいと考えるのであれば、さまざまな方法で彼が自分を近くに置いておきたいと感じるように仕向けることです。その中でもやはり自分磨きをして、彼に「付き合わないとほかの誰かに取られてしまうかも!」と思わせるのが良いでしょう。

そのためには自分を客観的に見て、イメチェンをしたり、メイクやファッションをもっと研究したりすることです。

両思いなのに付き合わない男性と付き合う方法とは

心理や対処法についてわかっても、好きなのであれば「どうしても付き合いたい!」と思うのは当然のこと。それでも、彼からすれば理由あってのことなので、強引な行動はおすすめできません。以下の方法を実践してみてはいかがでしょうか。

相手に求めない

彼に対して付き合うことや結婚を迫ってはいけません。一方的に愛情を静かに注ぎ続けましょう。それを続けることで「この人と一緒にいたい」「この人はずっと俺を見棄てないでいてくれるんだ」と相手が思えば一歩前進です。こちら側は根気が要ることですが、彼との関係を変えていくには時間が必要なのです。

でしゃばらない

「あなたを愛していますよ」とメッセージを静かに送るのは良いですが、「私はあなたの彼女です」という態度は絶対にNGです。彼に寄り添い献身的に支えつつ、ときには母親のように影から見守るのがベストでしょう。彼の気持ちが安定して自信が回復してくれば「付き合おう」と言ってくれるかもしれません。

自分から告白してみる

「お互いに好きなはずなのにどうして?」と、あなたがモヤモヤするのは当然です。しかしこれが、彼に対して態度で出てしまったり、悩みが大きくなってしまったりするのであれば、何かを変えなければならない時期なのです。

思い切って自分から告白をし、それでも彼が濁したり、付き合うことを拒んだりすれば、踏ん切りをつけたほうが良いでしょう。

まとめ

その人の状況や年齢によって、付き合うことや結婚への考えは違ってきます。とくに女性は、結婚に対する考えが男性よりもシビアであることから、男性を追い詰めてしまうことも多々あります。それに対して男性は、女性関係よりもプライベートや仕事、趣味などをとても大事にする傾向があるのです。

どうしてもあなたが彼が良いとこだわるのであれば、彼の考えや状況を理解すること。それは、ときには妥協も必要になってしまうでしょう。これからの自分の人生についてしっかりと考え、なにが一番大切なのか、自分がどうしたいのかをじっくり考えて決断してくださいね。

元の記事を見る

-感動・泣き
-, , , , , ,

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.