感動・泣き

彼氏が連絡をくれない理由とは?恋愛のプロが対処法や注意点を公開!

投稿日:

この記事の情報提供者

彼氏が連絡をくれないと、焦ったり不安になったりしてしまうもの。やりとりできないイライラが募ると、彼に催促をしたり、代わりに連絡してくれる人を探したりしてしまいがち…。ですが、こういった行動は控えたほうがいいということを、知っていますか?

今回は、恋愛心理に詳しいT.Rさんのお話をもとに、なかなか連絡をくれない男性の心理や、そんなときの対応法などについてまとめました。

彼氏が連絡をくれないときの彼の心理や原因とは?


彼氏が連絡をくれない場合には、気持ちの問題や仕事などの要因が考えられます。連絡をくれないことを、「彼の愛情がなくなった」と感じてしまう女性は少なくありません。ですが、そういった不安は彼との関係をむやみに悪化させてしまう要因となりがち。

まずは、彼氏が連絡をくれない心理や原因について紹介します。

気分が乗らない

特定の相手との連絡だけでは、どうしても「飽き」が訪れるのが人間の心理。これは相手が彼女であっても同様です。彼女のことを嫌いになったわけではないのですが、「気分転換にほかの人と連絡を取りたい」とか、「誰とも喋らず自分のやりたいことに没頭したい」と感じる男性は少なくありません。

こういった場合には、やがて連絡がくるので、彼を信じて待つのがおすすめ。のちほど詳しくお伝えしますが、彼氏が連絡をくれないからといって、催促するのはNGです。彼に不快感を与えて、あなたの印象を悪くさせてしまうので要注意。

連絡回数を減らしたいという心理の表れ


日頃から、彼女との連絡が多すぎると感じている男性の場合、うんざりしている可能性があります。この場合に、彼氏が連絡をくれない心理としては、「連絡回数を控えようよ」という無言のサインだと考えましょう。

こういった際には、彼が友達などとどれぐらいの頻度で連絡を取り合っているのかを、さりげなく聞き出しましょう。そうすることで、周囲の人と、自分との連絡の頻度を比べることができます。まわりの人と比べて、連絡の頻度があまりにも多い場合には、連絡を取り合う回数を少し減らすように心がけると良いですよ。

忙しすぎる

「仕事のあとはとにかく寝たい」とか、「何も考えず、ゆっくりしたい」という男性は少なくありません。とくに、パソコン作業が多いなどの目を使う仕事や、全身を使う仕事、頭を使う仕事をしている男性の場合は、疲れが溜まりやすいと言われています。

こういった仕事をしている彼が繁忙期を迎えた場合、「彼女と連絡を取るより、仕事のあとは何も考えず休息に充てたい」と考えるのは珍しいことではありません。

このとき、しつこく連絡を取ろうとすると、相手の負担になってしまって、さらに連絡をくれないといった状況につながりかねないのです。そのため、寂しい気持ちをグッとこらえて、彼の連絡を待つことがおすすめです。

こまめな連絡が苦手な男性の特徴


連絡をくれない男性は、とくに深い意味はなく、頻繁に連絡をすることが苦手であるというケースも多く見受けられます。このような男性には、共通する特徴があるのでまとめました。連絡をくれないと思ってしまうほど頻度が少ない、こまめな連絡が苦手な男性の傾向を押さえておきましょう。

飽き性

飽きやすい人は、最初は連絡が続きますが、何の前触れもなく、突然連絡回数が激減することがあります。これは、より強い興味がほかのものにわいていると言えるでしょう。

このように飽き性の彼氏の場合には、コンスタントに連絡を取ることは困難です。飽き性の男性は、次から次へと興味の対象が変わる傾向があります。

そして、最初のうちはすごい集中力で関心のあることに取り組むのですが、それは最初の短期間で終わってしまうことが多いもの。その後は、またほかのことに強い関心を示して、没頭するといったことを繰り返しがち。このように、飽き性ということは、いろいろなことに興味がわくタイプであると言えるので、好奇心旺盛な男性と言うこともできるでしょう。

そういった性格は趣味などだけに限らず、人との付き合いにも表れます。そのため、特定の人と深い仲になるものの、次第にほかの人にも興味を示して、別の人との関わりを深めていくというケースも…。こういった飽き性の性格だからこそ、最初のうちは連絡の頻度が多いけれど、突然やりとりが減ってしまうということにつながるのです。

ルーズな人


無計画な人、きっちりとしていない人などを「ルーズな人」とまとめますが、こういった人も、こまめな連絡を苦手とします。ルーズな人は、連絡がきていることを把握しながらも、「あとで返事をすればいいか」と後回しにして、ズルズルと返信を先送りにしてしまうもの。

このようにいい加減な性格は、次第に返信のスピードを遅くすることにつながります。そして、いつしか「彼氏が連絡をくれない」と思われるほどに、頻度が少なくなってしまうのです。

彼氏が連絡をくれないときの対応方法


彼氏が連絡をくれない場合、彼に催促をしたり、早く連絡をしてくれるようにお願いをしたりしても逆効果。彼からの印象を悪くしたり、関係に亀裂が入ってしまったりすることも珍しくありません。

それでは、彼氏が連絡をくれない場合には、どのように対応すれば良いのでしょうか?ここでは、彼氏とのやりとりを増やすためのテクニックを紹介します。

連絡を取り合う時間を決める

せっかく恋人関係なのですから、時間を予約して、少しだけ彼を独占しちゃいましょう。たとえば1週間のうち、3日は22時からの10分間、LINEをすることをお願いするといった感じです。

このように短めの時間設定にすることで、最初に決めたルールを長続きさせることができます。また、あらかじめ連絡を取り合う日時を決めておくことで、そのときに向けてお互いに会話の内容を準備することができるというメリットがあるのです。

一般的には、彼氏が連絡をくれないときには、電話をしてみる方法がおすすめされることが多いもの。たしかに、男性はメールやLINEでのやりとりを億劫に感じる人が多く、「電話のほうが手っ取り早くていい」と考えている人がたくさんいます。こういったことをふまえると、連絡をくれない彼氏には電話が有効に感じますが、その一方で、電話をすると、催促をしている印象を与えてしまいがち。

たとえば電話をするときに、「なかなか返事がこなかったから、大丈夫かと思って」という内容だと、男性から「その程度で電話をしてこないでほしい」と思われることも少なくありません。このように、相手に催促をするような印象を持たせてしまうと、イメージダウンにつながってしまうので注意が必要です。

会話は会ったときだけにするように心がける


男性は女性と比べて、思った以上にLINEなどでの会話を苦手とするもの。もし、男性に合わせることができるのなら、LINEは約束の日時を決めるだけに留めましょう。そして、彼との話は、会ったときだけにすると心に決めておくことで、LINEなどの連絡をくれるように促すことができます。

たとえば、連絡をくれない彼とのやりとりを増やすためのテクニックをひとつ紹介すると、デート中に相手の興味関心の高い話題で盛り上がるという方法があります。そして、途中で「時間だ…」と言い話を中断して帰るのです。そのとき、去り際に「続きはLINEで!」と言うことで、その後のLINEやメールなどに持ち込むことができます。

このように、会話とLINEなどのメッセージのやりとりをしっかりと区別することで、会話とLINEの両方を充実させることができるのです。

彼氏が連絡をくれないときにとってはいけない行動


彼氏が連絡をくれないと、ついつい焦って行動してしまうのが女心というもの。でも、そんなときの行動は裏目に出てしまいがち。

そこで、彼氏が連絡をくれないときに、とってはいけない行動についてまとめました。

催促しない

よく言われることですが、「催促LINE」をしないように注意しましょう。具体的には、3日以内に2通連続で送ることは厳禁です。

男性にとって、返信することが「義務」となることは、「負担」になることと同じ。そして、彼女のことを負担に感じるような関係に、心地良さを感じる男性はいません。むしろ圧迫感を与えて日常生活にストレスを生じさせてしまいます。

そういったストレスが強くなってくるたびに、「彼女と付き合っていると息苦しい」とか、「楽しくない」といった不快感を覚えるようになります。最悪、別れを考えるきっかけになってしまうおそれがあるのです。そのため、彼氏が連絡をくれないからといって、催促をするのはやめましょう。

彼氏の代わりにやりとりしてくれる人を探さない


彼氏と連絡がとれないからといって、その時間をほかの人間との連絡に使うのは、ナンセンス。この場合、ほかの人間を「代替品」扱いしていることになります。人が違えば会話内容も異なるもの。

違和感が生じて、彼氏とのやりとりで得られるような満足感が得られないことは明白です。そして、代わりにやりとりをしてくれている人を軽く扱っている、気遣いがない行動をとっているということにもつながります。このように、彼氏の代わりにやりとりをしてくれる人を探しても、誰にもメリットが生じることはないので、控えるべきであると言えるでしょう。

まとめ

彼氏が連絡をくれないと、ついつい「冷めてしまったのかな?」などと思って不安になりがちですよね。そんなときには、冷静な判断能力を失って催促をしてしまうなど、関係を悪化させてしまうことも少なくありません。

男性の場合、連絡をくれないことが、愛情の喪失を意味するとは限らないもの。そういった点を理解できると、むやみに不安になることも少なくなり、一歩前進した関係に進めるでしょう。

今回お伝えした内容をふまえて、男心を把握し、お互いにとって気持ちのいい交際を続けられるようにしてくださいね。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.