感動・泣き

10歳年上の男性心理とは?恋愛のプロが明かした年上男性の落とし方

投稿日:

この記事の情報提供者

10歳年上の男性は、年下の女性に対してどんな心理を抱いているか知っていますか?男心を把握することで、気になる年上男性の好意を読み取り、素敵な恋につなげることができるかもしれません。

そこで今回は、恋愛心理に詳しいT.Rさんのお話をもとに、10歳年上の男性が年下女性に抱く心理や、年上男性に効果が期待できるアプローチ方法などについてまとめました。

10歳年上の男性が年下の女性に抱く恋愛心理


10歳年上の男性と付き合っている女性は、珍しくありません。女性から見ると、頼りがいや大人の色気がある男性は、魅力的なもの。でも、そんな年上男性は、年下の女性にどんな魅力を感じているのでしょうか?

まずは10歳年上の男性が、年下の女性に抱く恋愛心理について見ていきましょう。

若い雰囲気に魅力を感じている

女性は 男性と比べると老化が早いと言われています。なので、見た目重視な男性が多いもの。同年代の女性には感じない、「あどけなさ」「若さ」「かわいらしさ」などに魅力を感じているのです。こういった魅力は、同年代の女性から感じづらく、10歳年上の男性にとっては、とても大きな魅力となるもの。

また、男性の中には、まわりの男性から羨ましがられたいという心理が働いて、付き合う女性を決める人もいます。「美人」「スタイルがいい」「色気がある」など、ほかの男性から羨ましがられるような女性と歩いていることで、優越感に浸れるという男性は少なくありません。

もちろん、そういった羨ましがられたいといった感情のみで、付き合う男性ばかりではありません。ですが、女性と付き合うことを考えたときに、優越感に浸れるかどうかを判断基準のひとつとしている男性は、珍しくないのです。

価値観の違いに興味を示している


10歳差となれば、これまでに育ってきた環境がまったく違うものになるでしょう。そのため、考え方や興味の対象が違いすぎて、面白い会話になることがあります。このような会話を通して、何かしらの「気づき」や「学び」を得られることに魅力を感じる男性は少なくありません。

これは、自分にはない考え方や感性を持っていることに対して働く「ないものねだり」の心理。自分にはないものを持っている人は、時に「魅力的」「すごい」「もっと知りたい」といった心理につながり、相手に好意を抱くきっかけとなるのです。

「近頃の若いやつは……」といった感じで、異なる考え方や価値観を受け入れられない人がいますが、こういった考え方の反対パターンと言えるでしょう。

10歳年上の男性が見せる脈ありサインとは?


10歳年上の男性は、大人の雰囲気を感じるからこそ、脈ありサインを見極めることが難しいもの。「同年代の男性なら、なんとなく考えていることがわかる」と感じていても、10歳も年上の男性心理はわからないと考える人は、少なくありません。

そこで、10歳年上の男性が見せる脈ありサインについて、見てみましょう。

会話がアンバランスなとき

武勇伝や先輩としての知識、経験などをたくさん話してくる人は、自分のことを知ってもらいたいと思っている証拠。これは心を開いている証であり、同時に認めてもらいたいという心理の表れでもあるのです。このように、好きな女性だからこそ、「自分のことをたくさん伝えたい」「こんな自分を受け入れてほしい」といった欲求が働くのが男性心理というもの。

また、女性に対する好意は、ひたすら質問をしてくるという行動となって表れることもあります。好きな女性のことなら、どんなことでも知りたいと感じるのが男性心理。強い興味を抱いているからこそ、「些細なことでも知りたい」「どんな風に考えるのか教えてほしい」と感じるのです。

ほかにも、女性に対してひたすら質問をしてくる10歳年上の男性の中には、包容力をアピールしようとしているケースもあります。これは、「自分はあなたの話をたくさん聞いてあげられるんだよ」というところを見せて惚れさせたいと考えているパターン。このように、「会話のバランスが少し崩れている」と感じるほど、自分のことを話してくる男性は、あなたに脈ありだと言えるでしょう。

金銭的な余裕を過剰にアピールしてくる


10歳年上の男性は、年上という点を活かして、魅力を伝えたいと思う傾向があります。これは、「自分は、あなたと同年代の男性とは違う」という、差別化したい心理が表れたもの。経済的な余裕を示すことで、より魅力的だと感じてもらいたいのです。

そのため、比較的早いペースで、少し良いプレゼントをくれることが少なくありません。だからこそ、こういったときは、脈ありと言えるのです。

ほかにも、ワンランク上の旅行や食事、芸術鑑賞に誘ってくるときも脈ありと言えます。こういった行動は「俺と一緒なら、こんなことも経験できるんだよ」というアピールをしたい心理の表れなのです。

10歳年上男性に対して効果のあるアプローチ方法


10歳年上の男性と親密になりたい場合、男性心理を把握することをおすすめします。男性のツボを押さえたうえでアプローチすることで、グッと距離が縮まるというケースは少なくありません。

そこで、10歳年上男性に対して効果のあるアプローチ方法について、紹介します。

自分の好きなものを開示する

自分の好きなものを男性に伝えることで、印象が良くなる傾向があります。男性は「好き」という言葉に弱いもの。

その「好き」という言葉を聞きたいがために、欲求を満たしてあげようと頑張る男性は、少なくありません。ほかにも、「好き」と言われたいがために、素敵なデートに誘ってくれたり、サプライズをしてくれたりする男性もいます。

自分の話ばかりを一方的に話すのは厳禁ですが、「私〇〇好きなんですよ」と嬉しそうに喋る女性の姿は、愛しいもの。また、「年下の女性の願いを満たせずに、何が年上だ」というプライドが働くこともあります。

年下の女性から「頼られたい」と思う男性は、決して少なくありません。そして、頼られたことを聞き入れたり、願いを叶えてあげたりすることで、素敵な笑顔を見たいと思うのが男性心理というものなのです。

さりげなくボディタッチをする


男性の同年代は、10歳年下の女性より普通老けています。そのため、若くて魅力的な女性に近づくだけでも、ドキドキしてしまうもの。顔や身体が接近することで、胸がときめくという男性は少なくありません。

このような理由から、軽いボディタッチなども効果的なアプローチ方法と言えるでしょう。笑った勢いで、さり気なく男性のほうに側頭部を触れさせるなど、女性の魅力を存分に伝えるボディタッチも、良いテクニックの一例です。

10歳年上男性にアプローチするとき、してはいけない行動や注意点


年上の男性に強い魅力を感じる女性は、少なくありません。そんな彼を「何とか落としたい」と思った場合には、彼にマイナスの印象を与えないことが大切です。せっかく良い雰囲気になっていても、男性の気分を損ねることで、恋のチャンスを逃してしまうかもしれません。

そこで、10歳年上男性にアプローチするときに、してはいけない行動や注意点について見てみましょう。

お金を出させようとする

「お金」に関しての発言は、10歳年上の男性を神経質にさせる恐れがあります。たとえば、「〇〇が欲しい!」「〇〇買って」「おごって」、などという発言はタブー。その理由は、この一言で「あー、この子はお金目当てなんだな」と思われてしまうから。

女性の欲求や願いを満たしてあげたいと思うのが男性心理ですが、その一方で、女性から露骨におねだりされるとガッカリしてしまうという男性は少なくありません。男性は、控えめで謙虚な女性に魅力を感じる傾向があります。だからこそ、慎ましやかな態度で接する必要があるのです。

人前では男性を立てる


たとえ、何かに対する知識が男性より深くても、デートなどの公共の場では、男性よりも知識が浅いキャラでいてください。どのくらい知識がないキャラを演じるかは、彼の様子を見ながら不自然にならない程度にすると良いでしょう。

劣等感を感じると、男性は居心地が悪くなってしまうもの。なので、控えめな態度で、男性を立てる気持ちが大切なのです。また、10歳年上の男性は、知識や経験が豊富なキャラを年下の女性に求めていないと考えられます。

ですが、2人きりの場所なら話は別。彼が不快に感じない程度に、あなたの知識を伝えることで、より魅力を感じてもらえることがあります。さらに、詳しい知識を持っているからこそ、深い話ができるということもあるでしょう。なので、話しながら彼の様子に注目すると良いですよ。

まとめ

「10歳年上の男性心理は、なかなか読めない」と感じている女性は多いもの。ですが、しっかりとポイントを押さえることで、脈ありかどうかを見極められます。また、年上の男性の心理を理解しておくことで、効果的にアプローチをすることができ、恋を実らせやすくなるというメリットもあるのです。

今回お伝えした男性心理をしっかりと把握して、年上男性との素敵な恋を実らせてくださいね。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.