感動・泣き

【夢占い】子犬の夢が意味するものとは?白い子犬は幸運の夢

投稿日:

子犬の夢を見ることはありますか。夢占いでは子犬の夢も色々な意味を持つと考えています。ただ、状況によってその意味も様々なものとなるので、どういう夢がどういう意味なのかをしっかり考えおきたいです。

ここでは、

についてご紹介します。

子犬の夢が意味するもの

子犬の夢が意味するものとはどういうものなのでしょうか。ここではそれぞれの夢が持つ意味について紹介します。子犬がどういう子犬だったのかによっても変わってくるので、そこは子犬ごとにしっかりと考えてみると良いでしょうね。

白い子犬の夢:吉兆・幸運の訪れ

白い子犬の夢は、吉兆を意味しています。何か幸運が訪れる予兆とも言えるでしょう。夢占いでは白が吉夢に繋がってくると考えているので、より幸運が訪れる可能性が高いと言えるでしょう。吉兆なので、何かに挑戦するというのも良いかもしれません。普通の生活にも幸せなことが見えてくるので、ぜひ前向きに考えてみましょう。

黒い子犬の夢:体調悪化に注意して

黒い子犬の夢を見たら、体調悪化に気をつけておくことが必要となります。黒はあまり夢占いでも良い色とは言えないので、体調悪化などが進んでしまうかもしれません。そのため、自分の体調に関してはしっかりと確認しておきましょう。もしかしたら健康運が下がってしまうこともあるので、その点も注意が必要となります。

茶色い子犬の夢:人間関係に広がりが起こる暗示

茶色い子犬の夢は、人間関係に広がりが起こる暗示と言われています。今ある関係がより広がっていくので、交流が増えていく可能性が高いです。もちろん、今の人間関係がどうなのかによって変わってきますが、自分から積極的に関わっていくことによって交流も広がっていくのではないでしょうか。

以前に飼っていた子犬の夢:精神的に安定している

以前に飼っていた子犬の夢を見たら、それは精神的に安定していることを意味しています。以前飼っていた子犬が自分の中で、心の支えになってくれている証拠です。もう亡くなっているという場合でも、心の中で生きているので悲しむ必要はありません。それを前向きに捉えて、より前に突き進んでいくと良いのではないでしょうか。

不気味な子犬の夢:身近な人とのトラブルの暗示

不気味な子犬の夢は、身近な人とのトラブルを暗示しています。そもそも不気味な子犬というのはどういうものかと言われれば、人によって感じ方は違ってきますね。ただ、本能的に怖い犬や恐ろしい犬を見た時には、何かトラブルがあるかもしれません。子犬の夢の中でも凶夢の可能性があるので、そこは現実世界でも慎重に行動しなくてはなりません。

人懐こい子犬の夢:新しい友人ができそう

人懐こい子犬の夢を見たら、新しい友人ができるかもしれませんね。子犬というのは古来から人間のパートナーとして活躍してきたということもあります。そのため、人懐こい子犬を見たら、それ自体が新しい友人を暗示しているのです。人間関係にも良い兆しが見えるので、そこは積極的に交流を増やせるように努力してみてはいかがでしょうか。

子犬と自分のかかわりが意味するもの

子犬と自分の関わりによって、意味が変わってくることもあります。そのため、夢の中でどういう関わり方をしていたのかによって判断してみても良いですね。ここからはそんな子犬と自分の関わり方で変わってくる意味について紹介します。

子犬を抱く夢:精神的な成長をあらわす

子犬を抱く夢を見たら、それは精神的な成長を表す意味があります。心が大きく成長している証拠なので、より心を成長させていくためのきっかけにもなるでしょう。子犬を抱くということは母性の投影でもあります。男性よりも特に女性がこの夢を見ると、精神的に成長していくことができるのではないでしょうか。

子犬を拾う夢:対人運がアップする時期

子犬を拾う夢を見たら、それは対人運がアップする時期かもしれませんね。人間関係がより良くなる証拠なので、積極的に人との関わりを持ってみてはいかがでしょうか。知人や友人はもちろん、恋人などとの関係も良くなることが多いです。対人運が良い時に交流を増やすと、より良い方向に進んでいくこともできるのではないでしょうか。

子犬を飼う夢:子供がほしいと思っている

子犬を飼う夢を見たら、それは子供が欲しいと思っている証拠かもしれません。子供が欲しいというのは男性も女性も持っている気持ちですが、子供を産むことができるのは女性だけです。だからこそ、男性よりもこの手の夢を見ることが多くなるかもしれません。より自分が求めていることを暗示しているとも言えるので、気持ちを整理しておきましょう。

子犬を洗う夢:不仲の人と仲直りしたい

子犬を洗う夢を見たら、それは不仲な人と仲直りしたいと思っているのかもしれませんね。不仲な人がいるという人は、仲直りするきっかけと考えて良いでしょう。意地を張ってしまって仲直りできないかもしれませんが、きっかけがないと仲直りできないということもあるでしょう。この夢を見たら、仲直りするチャンスを狙ってみてください。

子犬と遊ぶ夢:運気上昇中

子犬と遊ぶ夢を見たら、運気上昇中と言えるかもしれませんね。運気が上昇しているので、何をやっても上手くいくことが多くなります。もちろん、運気上昇中であっても、何もしなければ何も変わりません。運気は努力をしないと引き寄せることができないので、そこは自分の努力を積極的に磨いていくことが必要となります。

子犬をなでる夢:誰かに甘えたいと感じている

子犬を撫でる夢は、誰かに甘えたいと感じている証拠です。子犬のようになりたいと自分を投影しているとも言えるかもしれませんね。甘えたいけれど甘えられないという時にも見ることが多いので、自分で自分を甘やかしてみるのも良いかもしれません。自分に対してご褒美を用意したりすることで、より運気も良い方向に向いていくかもしれませんね。

子犬とおしゃべりする夢:子犬の言葉は何かの警告かも

子犬と話をする夢を見たら、要注意かもしれません。子犬の言葉は何かの警告を意味することもあります。子犬が何を伝えようとしているのかをしっかり考えておくことが必要となってくるのではないでしょうか。子犬に言われたことをしっかり覚えておき、現実世界でも注意しておくようにしましょう。

子犬と子猫の夢:独占欲が強くなっている

子犬と子猫が出てくる夢だったら、独占欲が強くなっているのかもしれませんね。なんでも自分の思い通りにしたいと思っている証拠なので、そこは注意が必要となってくると思います。独占欲だけなら良いですが、それが依存に変わってくることもあります。そうなると運気が下がってくるので注意しておきましょう。

子犬の行動が意味するもの

 

子犬の行動が意味するものとしては、色々な意味があります。子犬の様々な行動によって変わってくるので、夢の中でどんな行動をしていたかを確認しておきましょう。ここからは子犬の行動によって変わってくる意味について紹介します。

子犬が家に入ってくる夢:結婚が近い・家族が増える

子犬が家に入ってくる夢を見たら、それは結婚が近いことや家族が増えることを意味しています。実際に結婚や妊娠、出産が近い可能性があるので、相手がいる人はより積極的にアプローチしてみても良いかもしれませんね。相手がいない人は、これを機会に相手を積極的に探してみてはいかがでしょうか。

子犬が怪我をする夢:身近な人に病気や怪我などが起きる暗示

子犬が怪我をする夢を見たら、身近な人に病気や怪我などが起きるかもしれません。安直ですが、子犬が怪我をするというのは不吉ですよね。それは現実世界で人間に被害が及ぶことにも繋がってくるので、十分に注意が必要となってくるでしょう。

子犬が迷子になる夢:全体的に運気は下降気味

子犬が迷子になる夢を見たら、全体的に運気は下降中と言えるでしょう。運気があまり良くないので、何か新しいことを始めるには不向きだと言えます。運気が上昇するまでは、耐える時期だと言えるでしょう。まずは自分の運気が上がるように努力してみてください。

まとめ

子犬の夢を見たら、そこには色々な意味があります。様々な状況によって意味も変わってくるので、そこはしっかりと覚えておくことが必要となるのではないでしょうか。ここで紹介した意味を知り、まずは自分が見た夢がどうなのか知ってみても良いかもしれませんね。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.