感動・泣き

キス上手な女性って?キスする時の男性心理と上手な仕方を解説!

投稿日:

この記事の情報提供者

誰も教えてくれない上手なキスの仕方。これで合っているのかなと不安になりつつしている方も多いのではないでしょうか。改めてキスをする時の男性心理や上手なキスの仕方について、恋愛に詳しいyukinanaさんからの情報を元に解説していきます。

キスが上手だなと感じる基準は?

一重にキスといってもほっぺたや口にさりげなくするような可愛らしいキスや、抱き寄せるような情熱的なキスまで様々なキスがありますよね。そもそもキスが上手い下手とはどんな基準で判断しているのでしょうか。上手なキスの特徴を解説していきます。

呼吸のタイミングが合う

呼吸を相手に合わせられる人は、キスが上手いと言われています。息を止めすぎたり、鼻でばかり呼吸をしていると、苦しくてキス自体に集中できません。

相手の呼吸に自分の呼吸を沿わせるように丁寧にタイミングを合わせてみましょう。相手は安心して相手に委ねることができるため、心地のいい時間を作ることができます。

歯や鼻がぶつからない

骨格上、鼻が高いなどの特徴がある場合はキスの角度を変化させ、ぶつからないようにすることで、スマートに上手なキスができます。

折角の良いムードが鼻や歯がぶつかることで冷めてしまうこともあるので、キスが上手な人は大変気を使っている場面でもあります。

コツは焦らず、ゆっくりと丁寧に相手との距離を縮めていくこと。鼻や歯がぶつからない角度にお互いに顔を傾けることで、優しいキスから激しいキスまでぶつかることを気にせず楽しむことができます。

上品な音を立てる

キスをしていると少なからず音がなりますが、この音に抵抗を感じる人もいます。理由は恥ずかしさや、気後れしてしまうなど相手のタイプによりますが、キスが上手な人は相手のタイプをよく理解して、シャイな相手には優しく「チュッ」と鳴るようなキスを、情熱的なタイプにはお互いのキスの音が大きく聞こえるくらいに音を立てることも。この使い分けができるのがキス上手と言えるでしょう。

優しさと激しさを感じる

キスをしているときは、一定のテンションではありません。初めは優しいキスだったのが段々と音が激しくなり抱き寄せる力が強くなることもあります。逆に激しいキスの後に優しく気持ちのこもったキスを繰り返すことも。大切なのは相手と気持ちを合わせること。あまり気分が乗っていない相手に対して、激しいキスをしても相手は興醒めしてしまいます。

相手の気持ちやシュチュエーションに合わせて、優しいキスと激しいキスを使い分けることができると、キス上手になれるでしょう。

上手なキスをされた時の男性心理とは

キスは男性がリードするものと思われていますが、実際はキス上手な女性もたくさんいます。キスが上手になりたいけど、男性にどう思われるか心配という人もいますよね。実際キス上手な女性に出会った時、男性はどんなことを感じるのでしょうか。

単純に驚く

キスは握手のようにたくさんの人とするものではありません。そのため、上手下手の判断が難しいところ。正直上手かわからないなんてことも多いはず。

ですがそんな中でも、圧倒的に「気持ちがいい」と感じられるキスに出会うと、男性は素直に驚いてより相手のことを知りたいと興味を示すようになります。

男慣れしていると疑う

キスが上手な女性に出会うと、男性は男慣れしていると感じることがあります。特に自分自身が女性慣れしているタイプだと女性経験が多い中でも、ずば抜けてキスが上手ということは「自分よりもこの子はもっと遊んでいるに違いない!」と思い込んでしまうことも。

実際はたまたま相性が良かったなどで、全然遊んでいなかったとしても、なかなか信じてもらうことができないかも知れません。

もっとキスをしたいと思う

気持ちの良いキスはみんな大好きです。単純にキスが上手だと感じるともっとしたくなるのが男性的本能。相手の女性とこのままキスをしたらどんなことが起きるのだろうと、興味津々になります。

この場合に余韻や雰囲気を大切にすることで、上手なキスの印象がまた会いたいなど次の機会に繋がる気持ちにさせることも。

男性が好きなキスの種類は?

女性に比べて本能的な男性。激しいキスが好きと思いがちですが、実際は繊細でロマンチストな一面も。ここでは男性がどんなキスが好きかキスの種類とともに説明していきます。

バードキス

日常的にするキスは、チュッチュと鳥のさえずりのような音のするキスが好きという男性は多いです。気軽にできて、テクニックや雰囲気なども必要ないので、相手への気持ちを素直に表現しやすいのが良いのでしょう。

クロスキス

男性は基本的にロマンチストなので、相手との雰囲気が盛り上がってきた時は、クロスキス(いわゆるディープキス)のように舌をクロスして絡め合うキスを好みます。

この後の展開にドキドキしながら心拍数が上がってくるので、抱き寄せる力や相手への気持ちが大きくなりより本能的になれるのです。

カウンターキス

カウンターというのは、相手からのキスを一度避けるそぶりをして不意打ちにこちらからキスを仕返すという上級テクニックです。避けられると一瞬落ち込みますが、その後すぐにキスをしてくれることで、焦らされてからの幸福感に満足して、相手にドキドキしてしまうのです。

このキスをそのほかのバードキスやクロスキスと組み合わせることで、キスの間女性がリーダーシップを取れるので、男性は次に何が起きるかわからないドキドキ感を楽しめます。

キス上手な女性になるためには

キス上手になって相手を喜ばせたいと思えば思うほど、「こんなこと誰にも聞けないし、どうしたら良いの?」と悩んでしまう人も。どうしたらキスが上手になれるか、1人でもできる練習方法をまとめました。

キス動画で練習する

人のキスシーンてなかなか直視して見ることってないですよね。

家でもドラマなどでキスシーンがあると、家族みんなで気まずくなって画面から目をそらすなど、昔からキスをしている男女について観察することは一定の恥ずかしさを感じる人も多いと思います。

ですが、今ではキスの練習動画は無料サイトにたくさんあります。空いている時間に見ておくだけでイメージトレーニングになり、本番の時に雰囲気を掴みやすくなるでしょう。

飴やチョコを口に入れて転がす

これは仕事中や移動中でも気軽にできるキスの練習方法です。飴やチョコを口に入れて、舌でゆっくりと転がしてみましょう。昔からさくらんぼのヘタの部分を舌で結べる人はキスが上手などと言われていますよね。舌先の動きを器用にしておくことで、繊細なタッチのキスができるようになります。

自分の身体の柔らかい部分にキスをしてみる

自分の二の腕や指の腹など柔らかい部分にキスをしてみましょう。力加減などを調整しながら、皮膚を唇でそっと挟むようにします。どれくらいの加減が痛みがなく気持ちがいいと感じるかを練習しておくことで、お互いの唇に触れた時のリラックスした感覚を身に付けることができるでしょう。

女性から上手にキスするコツは?

女性からキスをしたいと思うこともありますよね。でもついつい男性のタイミングを待ってしまうなんてことありませんか?女性からキスをするのは少しだけ勇気がいるかもしれませんが、違和感なく上手にキスができるコツをアドバイスしていきます。

雰囲気と余韻を大切にする

女性側からキスをする時は、テクニックよりも雰囲気や余韻を大切にしましょう。テクニックがあまりにも高いと男性によっては遊んでいるかもと気後れしてしまう人もいます。

恥ずかしがって少しうつむいてみせたり、キスが終わった後に顔を相手の胸に埋めるなど、女性らしい雰囲気づくりをしてあげることで、相手にとって印象的なキスだったと感じさせることができます。

目をつぶってもらう

どうしても恥ずかしくて、ムード作りなんて無理!という方は、思い切って目をつぶってもらいましょう。

「何かまつげについているよ!」と言って目をつぶってもらっている間に、すかさず自分からキスをしてみると相手は驚きと嬉しさでドキドキして、もっと相手とキスがしてたいと感じるようになります。

不意にキスをする

相手の男性がキスをしてきて、離れた瞬間に自分からキスをし返すカウンターキスを試してみましょう。この時少し腕を引っ張る、首を優しく捕まえるなど激しさを見せることで、男性はドキドキしてしまいます。

不意打ちに弱く、ドキッとすることが好きな男性にとって、つかみ所のない相手として興味をそそることもできるかも。

まとめ

先述したとおり、キスが上手下手の基準は様々でしたが、たとえテクニックが高くても歯が当たらなかったとしても、相手との一体感を感じることができなければ、気持ちの良いキスとは言えません。

気持ちのいいキスをするためには、やっぱり気持ちを込めて相手の波長に合わせることが大切。相手の呼吸を感じながらリラックスして自分自身も気持ちのいい状態をキープすること。

お互いの気持ちを感じることができれば、多少のテクニックは気にならないし、心地のいい満足感を与えることができるので、上手なキスだったと感じてもらえるでしょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.