感動・泣き

女性からのボディタッチってどう?嫌われたくないアナタに教えます

投稿日:

この記事の情報提供者

男性に対して、女性からボディタッチをしても良いものなのかどうか、気になってはいないでしょうか?今回は恋愛アドバイザーであるyukinanaさん提供の情報をもとに、女性からのボディタッチについて解説します。男性の体に触れることで嫌われるのを避けたいと思っている女性は、ぜひご覧ください。

男性にボディタッチをする女性の心理

男性にボディタッチをしている女性を見たときに、「この人はどういうつもりで触れるんだろう」と気になったことはないでしょうか。心の状態として主なものを以下にまとめました。

単純に触れたい

女性でも男性でも好きな人に対しては、「触れたい」と思うものです。ボディタッチをする女性の中には、その思いを押し殺さず素直に行動にあらわす人も少なくありません。ちょっとでも良いから触れることで、ドキドキする気持ちを楽しみたいという心理が働いているのです。

意識してほしい

相手のことが好きだからこそ、自分のことを意識してほしくてボディタッチをする場合があります。女性も男性に触れられることで、ドキドキすることがありますよね。それと同じように相手にドキドキして、自分のことを意識してほしいと願っているのです。

無意識のうちにしてしまう

とくになんの考えもなくボディタッチしてしまう人もいます。この場合は気になっている男性だからではなく、誰にでも距離が近ければ、話しているうちに自然と触れてしまうのです。無意識なので、ボディタッチをしていること自体覚えていないことも。

好意を伝えるための手段

好きだったり、気になったりしていることは、なかなか口に出して伝えられないもの。そのため、好意を伝えるための手段としてボディタッチをする女性も。この場合は、好きな男性にしかボディタッチをしないことで、「もしかして俺のこと……?」と察してほしいのです。

yukinanaさんの実体験談

yukinana さん
好きな人にはやはり触れたいです。自己満ですが、ただ話しかけるだけで良いのにも関わらず、あえてポンポンと叩いて振り向いてもらうような行動をとりたくなります。

女性からボディタッチをされた男性の心理

女性からボディタッチをされると、男性はどんな気持ちになるのでしょうか。ここでは4つピックアップしましたので、順番にチェックしていきましょう。

好きなのかと意識する

女性から触れられていることで、男性は少なからず意識をするでしょう。とくに普段は触れられないような腕や頭をふいに触れられると、「俺のこと好きなのかな?」と相手を意識してしまいます。

誰にでもやってるんだろうと思う

あまりにボディタッチが多かったり、きわどい部分に触れてこられたりすると、「誰にでもやっているんだろうな」と思う場合も。これはボディタッチをすることに慣れていると感じてしまい、軽い印象になるのです。

こういった女性は軽い=その場限りと判断されて、一夜限りの関係として選ばれてしまう傾向があります。

嬉しいと感じる

女性から触れられることで、自分に甘えてくれている、頼ってくれているという意識が働き、嬉しいと感じる男性は多いです。また、気軽に女性が触れてきたことに対し、自分は親しみやすさを感じられているのだと、安心感を覚える男性もいます。

なんとも思わない

女性からボディタッチをされたところで、意識の状態に何の変化も起こらない男性もいます。これは女性に慣れている男性や、ボディタッチを特別視していない男性のほか、体に触れてきた女性に対してとくに好きまたは嫌いの感情を持っていない男性に多いです。

yukinanaさんの実体験談

yukinana さん
元彼は、ボディタッチがきっかけで私を好きになったと言っていました。そのとき私は何も思っていなくて、完全に無意識だったんですけどね。とくに恋愛経験が少ない男性だったので、ボディタッチで意識してしまったようです。

男性がドキッとする女性からのボディタッチ

以下のようなボディタッチをされることによって、男性は触れてきた女性を意識してしまうようになるケースが多いです。気になる男性がいる女性は、ぜひ自分のものにしてくださいね。

「止まって」と引き止められる

歩いているときに、「ちょっと止まって」と言って、服や髪の毛についたゴミを取ってくれる女性の行動にはドキッとする男性は多くいます。あえて言葉で動きを封じられることで緊張感が増し、ドキドキしてしまうのです。

指先に触れられる

ふとした瞬間に指先に触れれば、男性は完全に意識します。異性の手に触れる機会は少なく、手をつなぐ行為は恋人ならではのものですよね。だからこそ付き合っていない段階で指先に触れられると、男性はドキドキしてしまうのです。

服の裾をキュッとつまむ

服の袖をキュッとつまむのも、男性がドキッとするボディタッチのひとつです。女性に甘えられている感じがして、「可愛いなぁ」と思います。そして、「守ってあげたい」という本能が働くのです。

ボディタッチが多すぎる女性の印象

食べすぎ、飲みすぎなどなんでも“すぎる”のは良くありません。ボディタッチも例外ではないです。やりすぎると、以下のようなマイナスイメージを持たれてしまうおそれがあります。

誰にでもしている

少しならまだしも、やりすぎてしまうと、「誰にでも同じことをしているんだろうなぁ」と思われてしまいます。男慣れしている印象を持たれてしまうので、特別な存在として自分だけにボディタッチをしているとは、男性はまったく思えません。

慣れている・軽い

ボディタッチが多いと、すでに述べたようにどうしても男性に慣れている印象が強くなります。そしてそれが、「軽い子なんだ」という認識にも繋がりかねません。

実際にそう受け取った男性からは結果的に、「この子ならエッチできるかな」と思われてしまうリスクが高いです。

嫌悪感を抱く

あまり親しくもないのにたくさんボディタッチをされると、嫌悪感を抱く男性も多いです。好きな子ならまだしも、まったくタイプじゃない女性には触られたくないのです。好意を持たれている確信もなく、まだ付き合ってもいない相手にたくさんボディタッチをするのは避けるのが無難でしょう。

女性からのボディタッチのやり方で避けたほうが良いもの

セクハラ

ボディタッチと一口に言っても、具体的な触れ方はさまざまです。これはやめておくべきというボディタッチの仕方は、最低限覚えておきましょう。

太ももや首筋に触れる

ボディタッチをする部位は、腕か背中にとどめておきましょう。あまりきわどい部分を触れるのはおすすめできません。たとえば太ももや首筋などは、お水の世界の女性を連想してしまいます。男性慣れしていると思われてしまうと、マイナス効果なので気をつけましょう。

あからさまに触れる

あからさまに気を引こうとした、バレバレのボディタッチもやめましょう。これは男性が引いてしまいます。ハイタッチや、呼びかけるときにポンポンするなど、あくまで自然に触れる程度にとどめておきましょう

人がたくさんいる場所

人がたくさんいる場所でのボディタッチは避けましょう。これはまわりに冷やかされたり、見られたりするのが苦手な男性もいるためです。ボディタッチは2人だけのときや、軽いタッチだけで我慢しましょう。

まとめ

女性からのボディタッチを男性が良く思うかどうかには、お互いの関係性、場所やタイミング、触れ方などが大きく影響します。

これらの要素に気をつけ、ここぞというときに可愛げのあるボディタッチができれば、男性が恋愛感情を持ってくれるようになる可能性も十分にあります。逆に誰彼かまわず、シチュエーションも無視してベタベタ触れば、男慣れしている女性、軽い女性と誤解されたり、嫌悪感を抱かれたりしかねません。

今回ご紹介した内容を参考に、マイナスイメージを与えないようにしてくださいね。

元の記事を見る

-感動・泣き
-, , ,

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.