感動・泣き

お調子者ってどんな人?お調子者の特徴とお調子者を治す方法

投稿日:

みなさんの周りにはお調子者っていませんか?お調子者って言われてもどんな人がイメージできない人もいるかもしれません。

ここでは

について紹介します。

お調子者ってどんな人なの?


お調子者ってどんな人なのでしょうか。実際に男性でも女性でも、お調子者と呼ばれる人はいます。ここからはお調子者がどのような人なのかについて紹介します。当てはまっている人は、もしかしたら周りから「あの人ってお調子者だよね」と言われているかもしれません。

ひょうきんな人

ひょうきんな人という言葉自体がもう古いですが、今の時代に合わせて言うとチャラチャラしている人でしょうかね。何を言っても冗談で返すような人で、ヘラヘラしている人です。良い意味で使われることもありますが、悪い意味で使われることもあるため、お調子者とは言っても紙一重ですね。正直、ひょうきんな人も両方の意味を持っています。

面白い人

女性 友達
お調子者は面白いことを言って、周囲を盛り上げることが多いです。ジョークも色々と持っていて、中には自分のギャグを持っている人もいます。周囲からは常に明るい人と思われることが多く、ユニークな人だと言えるでしょう。そのキャラクターからも、人気者という人も多いです。

いい加減な人

いい加減な人もお調子者だったりしますね。適当な人ほど、実はお調子者であることが多いです。人に何を言われても真面目に受け取らないということもあって、真剣な話ができないと周囲からは思われていることもあるかもしれません。また、責任感なども感じられないことから、人から頼りにされるということもなかったりします。

お調子者と言われるのは良いこと?


お調子者と言われるのは良いことでもありますが、悪いことでもあります。人によってイメージがまったく違ってくるので、印象は大きく違うでしょう。ここではお調子者がどんなイメージを持たれているのかについて紹介します。

ムードメーカーや親しみやすさを感じる

お調子者はムードメーカーで親しみやすいので、人との壁を作るということもありません。人のパーソナルスペースにも上手に入り込んでいくので、人間関係が作りやすい人が多いです。また、面白くてひょうきんなので愛されキャラになっている人も多いかもしれませんね。

責任感がなく適当だと思われてるマイナスなイメージも

責任感がないので、適当だと思われていることもあるのがお調子者です。責任感がないため、周囲からは頼りにされるということがあまりありません。適当なので仕事でもプライベートでも信用されていないということもあります。お調子者はまさに紙一重なのです。

お調子者と呼ばれる人の共通点


お調子者と呼ばれる人には共通点があります。その共通点を知るとお調子者がどのような人なのかもわかってくるでしょう。周囲の人から探してみるのはもちろん、自分自身がそうなっていないかチェックしてみてください。ここからはお調子者に共通する点を紹介します。

責任感がない

お調子者はいつもヘラヘラしていて、自分の都合が悪くなると逃げる習性があります。普段は面白くて良い人も多いですが、責任感がないので都合の悪いことには耳を塞ぐことも多いです。そのため、本当の意味で信頼関係を築くのが難しいという特徴がありますね。

コミュ力が高い


お調子者はコミュ力が高いため、誰とでも友達になることができます。年上からは可愛がられることが多く、年下からは懐かれることが多いです。どんな人でも分け隔てなく接することができる人もいるため、基本的には良い人と思われることが多いと言えるでしょう。

口が軽い

お調子者は口が軽いという特徴があります。せっかく相談したのに、後になって相談したことが周囲にバレてしまっているということもあるのです。特に相手の気持ちなどは考えていないことが多いので、ベラベラと秘密も話してしまうことがあります。

調子に乗りやすい

お調子者という言葉からもわかる通り、お調子者は褒められたり認められたりするとすぐに調子に乗ります。自信過剰なところもあり、調子に乗ってくると人が静止しても止まらないこともあるのです。ある意味、対応がとても難しい性格とも言えますね。

他人に助けてもらうことが多い


お調子者は普段から色々な人と交流していることも多く、困った時には助けてもらえることも多いです。あまりにもお調子者だったら見放されているということもありますが、基本的に人当たりは良いので、他人に助けてもらうという素質を持っているのです。

意外と傷つきやすい

意外と繊細で傷つきやすいのもお調子者の共通点です。人のことを良く観察していることも多いので、他人の言動や行動に対して敏感なこともあります。ちょっと悪口を言われたりすると、それだけで心が折れてしまうという人もいるくらいです。

褒められることが何よりも好き

褒められることが何よりも好きで、ちょっと褒められるとそれだけで火山が噴火するかのように喜んでしまいます。過剰に褒められることに対して反応するので、褒めてもらいたくて何かをするということも多いのがお調子者だったりするのです。

口先だけのことが多い


お調子者は口先だけのことも多いと言えます。実際に口だけで「ちゃんとやるから」と言っても、基本的にそれを守るということはありません。約束などをしても破ることが多いので、人の信頼や信用を自分で失っている人も少なくありません。

好奇心旺盛

なんでも興味を持つのもお調子者の特徴ですね。好奇心旺盛なのですが、飽きるのも早いです。何かに興味を持って情熱を持って取り組んだと思ったら、次の日には「え?もう興味なくなったけど」ということも普通にあるのです。

お調子者と言われないようにする方法


お調子者は良い意味で使われることも多いですが、どちらかというと悪い意味で使われることが多いかもしれませんね。できればお調子者と言われないようにすることが重要です。ここからはお調子者と思われないようにする方法を紹介します。

責任感を持って行動する

責任感を持って、まずは行動するようにしましょう。約束はしっかり守り、守るべきルールやマナーも守るようにしてください。人から信頼や信用を得るためには、それらの積み重ねが重要です。責任感を持ち、自分の言動や行動はちゃんとしましょう。

場の空気を大事にするクセをつける

場の空気を読むことを身につけていくと良いです。その場の空気で適当に行動していると、後々に大きな責任を負わされることになるかもしれません。空気を大事にするクセをつけておくと、人としての言動や行動にも節度が生まれ、お調子者とは言われなくなります。

真面目な時と楽しむ時のメリハリをつける


真面目な時と楽しむ時のメリハリをつけることも重要です。真面目な時にはしっかりと相手の話を聞き、その場の空気に合わせて言動や行動をするようにしてください。真剣な話をしているのにヘラヘラしていると、人からの信用も信頼も得ることはできません。

もちろん、楽しむ時には思いっきり楽しんでも良いです。ただし、節度を守って行動するようにしてください。特に年齢を重ねて大人になっているのに、中には年相応とは言えないことをやらしてしまう人もいます。楽しむ時は楽しむべきですが、常識の範囲内で楽しむようにしてくださいね。

慎重に行動する

何も考えずに行動してしまうと、他人を傷つけてしまうこともあります。小さなことであれば良いかもしれませんが、その言動が多くの人を不快にしていることもあるかもしれません。まずは自分を客観的に見て、主観的に考えず、慎重に行動するようにしてください。

まとめ

お調子者は良い意味も悪い意味も持つ言葉です。「いやぁ、お調子者だねぇ」と言われる時には、両方の意味を含んでいることもあるでしょう。まずは特徴を把握して、しっかりと治していくことが必要です。大人になってきたら、お調子者はただ恥ずかしいというイメージもあるので、そこはしっかり治すべきですね。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.