感動・泣き

男兄弟育ちの男性の性格や恋愛観とは?攻略のヒントを提供します!

投稿日:

人は家族構成や小さい頃からの育ち方によっても性格や考え方、そして恋愛傾向が変わります。男兄弟だけの中で育った男性はどうなのでしょうか。今回は、恋愛アドバイザーであるM.S さん提供による情報から、

  • 男兄弟育ちの男性の特徴とは
  • 男兄弟育ちの男性の落とし方
  • 男兄弟育ちの男性と付き合うメリット
  • 男兄弟育ちの男性と付き合うデメリット

を解説していきます。さっそく見ていきましょう。

男兄弟育ちの男性の特徴とは

男兄弟だけの家庭環境で育ってきた男性には、わかりやすい以下の4つの特徴が挙げられます。

  • 女性の扱いに不慣れ
  • 女性への理想が高め
  • 女性に対して不器用
  • 女性に関する情報にやや疎い

順番に詳細を確認していきましょう。

女性の扱いに不慣れ

男兄弟だけの中で育ってきた男性は、母親や親族以外の女性と関わる機会が少ないことから、女性の扱いに慣れていません。母親世代の女性とは異なり、同世代の女性に対してどう接すれば良いのか、どう気遣うと喜ばれるかがわからない男性が多いのです。

女性への理想が高め

女性との関わりが少ない中で育ったからこそ、理想が高くなる場合も多いです。姉や妹がいる男性は、小さい頃から嫌でも女性の面倒くさい部分やだらしがない部分を間近で見てきていますが、男兄弟のみで育つと、そういう部分を見る機会に乏しいです。

そのため、おのずと女性は清く美しいものというように、綺麗な女性像がふくらみ理想が高くなっていくのです。

女性に対して不器用

小さな頃から同世代の女性との関わりが少ないことから、女性が泣いてしまったときにどう対処したら良いのか、何をしたりいったりすれば喜ばれるかなど、女性とのあいだにある独特の空気を読むのが苦手です。いわなくても良いことをいってしまったり、察して欲しいことや気づいて欲しいことには鈍感になったりしてしまいます。

女性に関する情報にやや疎い

小さな頃から年頃になるまで、男性の遊びやファッションしか知らずに育つため、同世代の女性が好きなものやトレンドをわからない人が多いです。

また、イマドキの女性の仕事に対する考え方や家事育児の分担のことなどにも疎い人が、男兄弟だけの中で育ってきた男性には珍しくありません。そのため、結婚相手となる女性が苦労する場合も。

男兄弟育ちの男性の落とし方

姉や妹のいる家庭環境で育ってきた男性とは違い、男兄弟のみで育ってきた男性には、どうアプローチするのが効果的なのでしょうか。以下に2パターン記載しましたので、チェックしてみてください。

自分の母親に似た女性が理想の場合

男兄弟のみの家庭で育つと、近くにいる女性は母親や祖母だけです。そして小さな頃から食事を作ってくれたり、身の回りのことをやってくれたりしていた母親を、基本的な女性像としてとらえて育ちます。そういったことから、男兄弟のみで育つ男性は、自分の母親に似た女性と付き合いたい、結婚したいと思う傾向があるのです。

理想の女性像が母親である男性がターゲットであれば、まずは彼の母親についてリサーチするのが良いでしょう。彼の理想とする女性像=母親の良い部分を吸収するように努力することや、彼の母親と仲良くなるのも好かれるポイントです。

非現実世界の女性が理想の場合

男兄弟だけの家庭環境で育ってきた男性は、漫画や小説、テレビの中の女性が理想として確立されるケースも多いです。姉や妹がいないと年齢の近い女性と接する機会が少ないため、女性の汚い部分やあざとい部分に触れないまま育ちます。多くの場合、綺麗な部分しか見せない非現実世界の女性が理想の男性は当然、現実の女性に対してがっかりすることが増えます。

このような男性がターゲットであれば、なるべくその理想の女性像を目指し、演じるしかありません。見た目も中身も彼の理想をリサーチして近づけましょう。

M.S さんの実体験談

M.S さん
私の夫は男兄弟の末っ子です。幼い頃から母親のいうことをよく聞き、お手伝いもよくしていたようで、家庭的な一面もあります。

そんな夫は、大人になって母親が理想の女性像になっていたようで、最終的には自分の母親に似た私と結婚しました。

男兄弟育ちの男性と付き合うメリット

女性に対して不器用で、気遣いができないとなると、「男兄弟で育った男性はちょっと……。」と思いがち。しかし、女性に慣れていないということこそ、男兄弟だけの中で育った男性と付き合うメリットといえるでしょう。詳しくは以下の通りです。

駆け引き不要

姉や妹がいる家庭環境で育った男性とは異なり鈍感で大雑把なため、駆け引きが要りません。そのため、恋愛の駆け引きが不得意、まどろっこしいのは苦手という人にはとても良いでしょう。気持ちをストレートに伝えると、交際に発展するケースが多いです。

女性の涙に弱い

姉や妹のいる男性だと、子どもの頃からケンカして泣かせたり、泣かされたりしているため、女性の涙に多少の免疫ができています。

一方、男兄弟で育つと母の涙以外見たことがないという人が多いです。人生経験の豊富な先輩かつ子育て経験のある母親はめったなことでは泣かないため、女性の涙、とくに恋愛感情のある相手に対する涙の免疫がほとんどありません

男兄弟育ちの男性と付き合うデメリット

男兄弟の中で育ってきた男性と付き合うことにはメリットがある一方で、デメリットがある点は知っておいたほうが良いでしょう。ここでは、よく挙げられるものを2つ記載しました。

女性の気持ちを汲み取るのが下手

女性は少しの変化にも気づいてほしいもの。たとえば髪の毛を切ったり、洋服やメイクを変えたりしたら、「今日なんか雰囲気違うね?」と気づいてくれるだけでも嬉しいのです。

しかし、男兄弟だけの中で育ってきた男性は、そのような女性の変化に気づくのが苦手です。ただし、これはあなたを見ていない、興味がないのではありません。ただ単純に鈍感で大雑把なために気づけないだけに過ぎないのです。

そのため、たとえば髪を切ったことやいつもと装いが違うのであれば、「いつもと違う髪型で行くね」などと事前に言葉にして教えておくのが良いでしょう。そうすれば気づかれずに腹を立てたり、悲しくなったりせずに済みます。

傷つくこともある

男兄弟だけの中で育ってきた男性は、どうしても鈍感さや大雑把さが出てきてしまいます。性格はもちろん、生活面や言葉遣いに関しても雑な部分があるでしょう。

そのため、女性に対して傷つくことをさらっといったり、いわなくて良いような余計な一言をいってきたりすることも。これによって女性は落ち込んだり腹を立てたりしがちですが、男兄弟育ちの男性にはほとんどの場合、悪意がありません。

もし彼の嫌な部分が姉や妹がいない、男兄弟だけの中で育ってきたことが関係していそうであれば、きっちり言葉で納得させる言い方をして、教えてあげるのが良いです。注意を受けたり教えてもらったりするだけで、それなりに男性は女性の気持ちを考えられるようになるでしょう。

まとめ

男兄弟だけの中で育った男性と付き合いはじめたとき、姉や妹のいる家庭環境で育ってきた男性と比較して、女性に対する理解度が低いために悩むことがあるかもしれません。しかしそれは、同年齢程度の女性が家族にいない中で育ってきたために仕方がないこと。察してくれるのを待っていても、期待するアクションを起こしてくれる可能性は低いでしょう。

ただ、言語化して伝えるようにすれば、次からは気をつけてくれることも多いです。ぜひ取り入れて、彼と良好な関係を築けるようにしてくださいね。

元の記事を見る

-感動・泣き
-, , , , , , ,

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.