感動・泣き

付き合っているかわからないときに確認する4つの方法

投稿日:

大好きな人で頻繁に会っているのに付き合っているかどうかわからずに悩んだことはないでしょうか。どちらからも告白しておらず正式な交際とはいえない関係性です。彼が本当の彼女と思ってくれているのかモヤモヤしながら曖昧な関係を続けるのは辛いもの。

ここでは、

  • 付き合っているかわからないと思うとき
  • 付き合っているかどうか分からない時の男性の心理
  • 付き合っているかどうかを確認する4つの方法
  • 勇気を出して彼に聞いた方が確実!
  • 付き合っているかどうか分からない状況でやってはいけないこと

についてまとめてみました。

付き合っているかわからないと思うとき


他の友人とは明らかに異なり距離が近く接触する機会も多い彼氏。周りからみてもカップルと思われることが多くても彼氏から正式な言葉がなければ付き合っていると確信が持てません。女性が彼と付き合っているかわからないと思うのはどんなときなのでしょうか。

優しく接するなど自分だけ特別扱いしてくれる

他の女友達とは明らかに違う優しい接し方をしてくれたときには「好きなのでは?」「付き合っているのでは?」と思うものでしょう。大人数で遊んでいるときにそっと手を差し出して助けてくれたり、隣に座って頻繁にスキンシップしてくれたりすれば、自分だけが特別扱いと思って当然です。

しかし、告白や交際の申込など、決定打に欠ければ本当に付き合っているのかどうかわからずに悶々としてしまうこともあるでしょう。

連絡を頻繁に取っている


電話やメール、LINEで頻繁に連絡を取っている状態であれば、女性からすれば付き合っていると思うでしょう。しかし、男性は何でも言える話しやすい関係であり、気を遣わなくて済むから連絡を頻繁に取っていることも考えられます。

頻繁に連絡しているのにメッセージに「好き」「愛している」などの言葉が見当たらない場合は、女性は付き合っているかどうか不安になってしまうことでしょう。自分から確かめるメッセージを送ることもできずに悩んでしまいます。

日常的に体の関係を持つ

日常的に体の関係を持っているからといって付き合っているとは限りません。女性は心が満たされないと体の関係を持とうとは思いませんが、男性は単なる性欲の解消として体の関係を持つことがあります。

女性は付き合っているから体を許していると思っていても男性にとってはいわゆるセフレの関係にしか過ぎない場合もあるでしょう。好きだとも言われずに体の関係を続けることに違和感を覚えるのも無理はありません。

彼からの評価が「大好きな人」「特別な人」

彼が友人に自分のことをどのように話しているかも気になるところでしょう。彼が単なる女友達と話していればあきらめもつくでしょう。しかし、「大好きな人」「特別な人」と表現している場合はとても微妙です。評価が高いからこそ悩んでしまうのです

「それなら何ではっきりと告白してくれないの?」とやきもきすることもあるでしょう。また、彼氏にとっての大好き、特別が恋人とは違う意味かもしれないと悩むことにもなります。

二人でよくデートに出かける


二人でよくデートに出かけるのであれば付き合っていると思い込んでも当然でしょう。しかし、女性はそう思っていても男性は気の合う異性の友達としてしか思っていない可能性もあります。

「気を遣わなくていい」「一緒に居て楽しい」などの理由からデートを重ねているかもしれません。遊んだり食事をしたりする相手が欲しいだけなのかもしれません。女性にとっては付き合っているのかただ仲の良い友達なのか、わからなくなってしまうことも多いでしょう。

付き合っているかどうか分からない時の男性の心理


付き合っているかどうかはっきりしない男性は、相手を正式な彼女として思っていない場合以外にもさまざまな理由を抱えています。女性にはわかりづらい男性がつきあっているかどうかわからない状態の心理を考えてみましょう。

自分に自信が持てない

彼に自信が持てないことから付き合っているかどうか意図的にはっきりさせない場合も考えられます。自分に対するコンプレックスがあって付き合う自信がない場合もあるでしょう。

過去の恋愛で大きなトラウマを抱えた場合も恋人関係にステップアップすることに躊躇する場合もあります。自分に自信が持てない場合は、彼女に対する気持ちは本物であることも多く、彼女の方からさりげなくアシストしてあげることが大切でしょう。

もっと遊んでいたい


彼が意図的に付き合っているかどうかわからない雰囲気を醸し出している場合は、パートナーを特定せずにもっと遊んでいたいと思っている可能性もあります。恋愛経験が豊富で女性に慣れているタイプの男性は、複数の女性と曖昧な関係を続けるのが得意です。

結局何人かいる遊び相手の1人なので、女性が真剣な交際を考えていても叶わないことが多いでしょう。この場合は遊ばれて捨てられる前に関係をはっきりした方が良いでしょう。

束縛されずに自由でいたい

男性のなかには束縛されることを極度に嫌うタイプもいます。正式な彼女として付き合っていることを認めれば、他の異性と気軽に親しく接することもできなくなります。それだけでなく、彼女としてデートや頻繁な連絡などを求められるため自分の時間が制限されてしまうと考えているのでしょう。

彼女を本気で好きな気持ちはあるものの、付き合って面倒くさくなるのは嫌だから曖昧な関係を続ける場合があることも理解しておきましょう

付き合っているかどうかを確認する4つの方法


付き合っているかどうかをはっきりさせる一番良い方法は、彼に直接問いただすことです。しかし、悪い結果を聴きたくなくて躊躇することもあるでしょう。彼に直接聞かなくても付き合っているかどうかを確認できる4つの方法を紹介します。

友達や家族を紹介してくれるか

付き合っていれば親しい友人や家族に彼女として紹介するのが普通です。2人で会うだけでも嬉しいですが、彼を良く知る友人を呼んで彼女として一緒に過ごす時間も楽しいでしょう。

彼の実家を訪れて家族に紹介されるのはとても緊張しますが、真剣に交際していることを知る機会にもなります。どれだけ経っても友達や家族に全く紹介されない場合は正式に付き合っているとはいえない状況かもしれません。今後どうするかを考えるためにも良い確認方法でしょう。

二人の記念日や誕生日などにプレゼントをくれるか


初デートや出会ってから1ヵ月、半年など、節目となる記念日や誕生日も付き合っているかどうかを確認できる日となります。付き合っている関係であればプレゼントを贈って祝うのが普通です。カップルで記念日をおろそかにすることは考えられないでしょう。

もし記念日や誕生日にプレゼントをくれないだけでなく、祝う素振りさえ見せない場合は脈がないと考えるべきです。もしかしたら別な女性に特別な日のプレゼントをしているとも限りません。

デートの頻度や質で判断する

付き合っているのであればデートの頻度が高いはずです。1ヵ月以上も何も連絡しない状態がある場合は特別な関係ではないと思った方がいいでしょう。また、デートの頻度は高いものの定番のデートスポットではなく近場でお金がかからないところばかりに行く場合も軽く扱われている可能性があります。

さらに会う頻度は高いものの体の関係だけですぐに帰るようなら、セフレとして扱われている可能性も考えられるでしょう。

自分の家族に彼を紹介してみる

付き合っているかどうかを確認する方法として自分の家族に彼を紹介することも効果的です。全くその気がないのであれば家族に紹介すると言われたら焦って何らかの理由をつけて拒否するでしょう。遊び相手としかとらえてない場合は家族の存在は重すぎます

しぶしぶ家族に会う場合でも家族への挨拶や接し方をみれば彼女の親としてみているかどうかもわかります。まずは家族に紹介すると告げてみてその反応をうかがいましょう。

勇気を出して彼に聞いた方が確実!


付き合っているかわからない状態でズルズル関係が続くとストレスが溜まるだけでなく本当の恋ができなくなる可能性もあります。はっきりさせるためには、彼に直接聞いて「付き合っている」事実を確認するしかないでしょう。

彼に自分たちはどんな関係か聞いてみる

付き合っているかどうかわからない状態が長く続いている場合には、思い切って彼に直接聞いてみることが大切です。これまでの2人のさまざまな行動を引き合いに出して、どんな関係であると考えているのかを突きつけましょう。

付き合っていると答えなかったり、何とかしてはぐらかそうとしたりするのであれば、曖昧な関係を清算するきっかけにもなります。二度と会えなくなるかもしれなくなることも考えたうえで覚悟を持って聞きましょう。

彼に告白して「付き合ってください」と言ってみる

付き合っているかどうかわからない状況になっている原因には、どちらからも正式な交際を求める告白をしていないことがあげられます。関係性をはっきりさせたいのであれば、思い切って彼に「好きだから付き合ってください」と言ってみましょう。

彼も同じ気持ちで自分から告白する勇気がなかっただけであれば、喜んで受け入れて正式な交際がスタートします。そうでない場合もモヤモヤとした関係を断ち切る良い機会となるでしょう。

共通の友達に自分達の関係を彼から聞きだしてもらう


付き合っているかどうかをはっきりさせるためには、彼に直接聞くのが一番です。しかし、直接聞くのが怖い、抵抗がある場合には、お互いを良く知る共通の友達に頼むのも1つの方法です。

彼女がいない場で友達から彼に2人の関係をどう考えているのか聞いてもらえば本音を話す可能性が高くなります。もし特別な関係でないと言われたらそのまま彼と顔を合わせずに済ませることも可能です。何も語らない場合であっても曖昧な関係をやめるきっかけになるでしょう。

付き合っているかどうか分からない状況でやってはいけないこと


付き合っているかどうかわからないときに焦ってやってしまって後から取り返しがつかないことになる場合もあります。本格的な交際に発展するかもしれない状況でやってはいけないことをまとめました。

何度もしつこく連絡を取る

正式に付き合っている確信が持てない状況で、彼女から彼に何度もしつこく連絡を取るのはNGです。女性にも束縛されるのが嫌いなタイプは少なくありませんが、それ以上に男性は占有物扱いされて縛られるのが大嫌い。頻繁に長文のメールやLINEで一方的に彼女面されると嫌気が指すこともあります。

どう返してよいかわからないようなメッセージを繰り返すと重くて面倒くさい女性だと思われることもあるでしょう。連絡はほどほどにするのが一番です

相手に流されて体の関係を持ってしまう


相手の言葉や雰囲気に流されてズルズルと体の関係を持つのはやめましょう。何回目のデートなら体を許してもいいかと迷うように、交際のステップを重ねて体の関係に至るのが一般的です。付き合っている実感もないままに体の関係を持つのは軽率と言えるでしょう。

きちんと付き合っていることが確認できていない状態で簡単に体を許せば、都合のいいセフレとして認定されるだけです。体を求められた際には自分のことをどう思っているのかはっきりさせた方がいいでしょう。

彼以外の男性と親しく接する

付き合っているかどうかはっきりしないからといって、別な男性と親しく接するのも避けた方がいいでしょう。なかには、彼の気持ちをはっきりさせたいから嫉妬心をあおるためにそのような行動に出る女性もいます。しかし、正式な交際関係でない彼から自分以外の男性に気がある、気が多い女性と思われても仕方ありません。

言葉にしていないだけで心の中では彼女だと思っている場合は、他の男性と親しくすることで告白せずに破局を迎えてしまう可能性もあります。

まとめ

大好きな彼と一緒に過ごす時間が多いのに付き合っているかどうかわからない状態になることがあります。曖昧な関係が長く続くとストレスが溜まるものです。付き合っているかどうかを確認するには彼に直接聞く以外にもさまざまな方法があります。正式な交際に発展したいのか、潮時とするのかよく考えたうえで彼氏の気持ちを確かめましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.