感動・泣き

35歳独身女性はどう思われてる?結婚は自分の未来に合わせて選んで

投稿日:

35歳独身女性が抱えがちな深刻な悩みが、自身の結婚、出産についてです。これらの問題について簡単には解決しにくい事情が、この年齢の女性たちにはあります。

今回は、恋愛について詳しいA.Kさん提供の情報を基に

  • 35歳独身女性の男性から見た印象
  • 35歳独身女性のあるある
  • 35歳独身女性は結婚を急ぐべき?
  • 35歳独身女性の結婚率とは?
  • 35歳独身女性が出会いをつくるおすすめの方法

についてご紹介します。

35歳独身女性の男性から見た印象

35歳以上で未婚の女性は、男性にどう映るのでしょうか。その答えですが、悪印象を持つ男性もいれば、好印象を持つ人もいます。詳細をさっそく見ていくことにしましょう。

人間性に問題があって独身でいると思ってしまう

生涯独身率は上昇傾向にありますが、やはりある程度の年齢を重ねれば結婚していて当然という価値観が多くの日本人の頭に深く刻み込まれています。そしてその当然のことができていないのだから、きっと何か裏があるに違いないと勘ぐられやすいのです。

実年齢より若く見える

年齢が同じぐらいの既婚女性に比べて、独身女性はおしゃれにもスタイルにも気を遣っている人が多く、実際の歳より低いという好印象を持たれやすいです。

それは、結婚している女性より、圧倒的に自分のために使える時間やお金が多いのが主な理由のひとつでしょう。また、主婦の役割を求められていないぶん生活臭さがないのも、若く見える理由のひとつと考えることができます。

35歳独身女性のあるある

35歳独身女性が日常生活で経験しがちなことを、以下に3つピックアップしました。すでにこの年齢に達している人は、共感できる点があるかどうかチェックしてみてください。

自分の年齢に対する焦りに襲われる

30歳の誕生日を迎えることに対しても女性は敏感で、焦りを感じがちですが、どこかで自分はまだ大丈夫と思っている人もいます。ただ、そんな人でも34~35歳の誕生日を迎える頃には、それまでとは比べ物にならないレベルの焦りを感じがちです。

これは結婚や妊娠・出産の年齢を強く意識していることからきているといえるでしょう。そんな焦りから、交際相手がいる人は結婚の話をついついしがちですし、フリーの人はがむしゃらに出会いを探す傾向があります。そして、それでも相手が見つからなければ、悟りの境地に達してしまうことがあります。

周囲からのプレッシャーもかかる

本人が自分の中で結婚や妊娠・出産ができるかどうかぎりぎりの年齢であると強く意識しているのに加え、そのまわりも程度の差こそあれ、気にしている場合があります。それが「早く結婚したほうがいいよ。」とか「子どもは早いほうがいいよ。」などの言葉として出がちです。

本気で心配していっている場合もあれば、上から目線でいっている場合もあるでしょう。いずれにしてもそれらの言葉が35歳以上で未婚、子どもなしの女性にとって圧力となり、余計に焦りを感じてしまいます。

既婚者に皮肉をいわれる

自由であるのを羨むような発言を既婚者からされると、それを望んでいるわけではない、謳歌できていない独身女性にとっては嫌味に聞こえがちです。

実際に、夫や子どもがいないぶん自分のためだけに使える時間が多くあるとしても、その時間が充実しているとは限りません。たとえば、まわりが既婚者ばかりのため休日は遊び相手がおらず、部屋で孤独を噛み締めているような人もいるでしょう。

また「自分のためだけにお金を使えていいね。」といわれても、非正規雇用で実家暮らしではないなどの理由で、生活を維持していくだけでやっとの状態かもしれません。暮らしていくためのダブルワークで、自分のためだけに使える時間が極端に少ない女性もいるでしょう。

35歳独身女性は結婚を急ぐべき?

どういう生き方を自分が選択したいと思っているのかによって、結婚を急ぐ必要があるかは変わります。以下に今後の身の振り方を3つあげましたので、参考にしてみてください。

結婚と出産の両方をしたい人=結婚を急いだほうが良い

理由は出産できるかどうかの瀬戸際年齢だからです。現状でフリーの女性が交際相手を探しても、子どもを望むのであれば即入籍するようなスピード婚を目指さないといけません。

なお、年齢と妊娠・出産の関係は、意外と多くの男性が得ている知識です。とくに子どもがほしいと思っている男性は、よく勉強している人が多いといえるでしょう。

そして、婚活市場は子どもを望む男性がほとんどです。知識を持つ男性からすると、35歳を過ぎている女性に対してはどうしても妊娠・出産のリスクに意識が向き、敬遠したくなるというわけです。

そのため、結婚して子どもがほしいと思っている女性は、まだ相手を選べるうちに、1歳でも若い今から婚活をしたほうが良いでしょう。

結婚は不要・出産だけしたい人=結婚“は”急がなくて良い

35歳独身女性の中には、結婚願望はないけれど子どもはほしいと思っている人もいるでしょう。その場合のパターンとしては、主に2つあげることができます。

ひとつは、父親はほしいけれど義実家との付き合いが面倒などの理由で婚姻届を提出しない関係でいるケース。もうひとつは父親も要らない、子どもだけいれば良いケースです。

認知や養育費といった別の問題は生じ得ますが、生き方として実際に選択している人はいます。ただ、出産のリスクを考慮すると、結婚は急ぐ必要はなくても恋活と妊活は急ぐのが良いでしょう。

DINKsを望む人=結婚を急いだほうが良い

2収入、子どもなしを意味するDouble Income No Kidsを略した言葉がDINKs=ディンクスです。共働きであえて子どもをもうけない夫婦をさします。すべての男女が子どもを望むわけではなく、35歳独身女性の中にも当然いるでしょう。

この生き方を選択する場合も、結婚は急いだほうが良いです。婚活市場には子どもはほしくないと思っている男性も少なからず存在します。ただ、年齢が低い女性より高い女性のほうがそんな男性たちからの需要がありません

35歳独身女性の結婚率とは?

結論からいいますと、35歳独身女性が今後結婚できる見込みは非常に薄いです。2種類のデータについて以下に記載しましたので、ひとつひとつ内容をチェックしていきましょう。

国勢調査では約2%

日本国民の生活実態や世帯数、年齢分布などの把握を目的に、5年に1回のペースで実施されるのが国勢調査です。

これによると、2005年に行われた際の35~39歳女性の未婚率は18.4%、2010年に行われたときの40~44歳女性の未婚率は16.6%でした。そしてこの数値が意味しているのは、35歳以上の女性の中で5年以内に結婚した人が、たったの1.8%しかいないということです。

ある結婚相談所では約30%

これは、その結婚相談所に入会した35歳独身女性が成婚退会できた割合です。出会いの求め方しだいでは、国勢調査の約2%の中に入れる見込みがあると、このデータが示してくれています。自然な出会いに期待するばかりでは、残りの約98%に入りかねません。

35歳独身女性が出会いをつくるおすすめの方法

まわりに魅力的な人がいない、誰かからの紹介は期待できない、合コンもナンパも期待できないとなれば、自分から積極的に新たな出会いを掴みにいくしかありません。ここでは、具体的にどのような方法があるのかをまとめました。

結婚相談所への登録や婚活パーティへの出席

すでに述べたとおり、結婚相談所の中には約3人に1人の35歳独身女性が結婚しているところもあります。成婚率の高い相談所に入会し、婚活パーティにも積極的に参加しましょう。

なお、結婚したいと思っているのであれば、高望みはしないほうが良いです。男性の年齢や収入、離婚歴など条件をこだわり過ぎると、ただでさえ婚活市場で需要が低い不利な状況を助長します。

趣味のサークルへの加入や地域イベントへの参加

今は30歳を過ぎていても独身の人が多いため、お一人様でも参加できるようなものが増加しています。登山、テニス、ピアノなど、自分の趣味に関連するサークルに参加すれば、自然と気の合う相手も見つけやすいでしょう。

そのほか、ちょっと大人でおしゃれな出会いをしたいのであれば、住んでいる地域にあるワインバーや居酒屋などで開かれている、お酒が飲めるイベントなどもおすすめです。

まとめ

何か裏があって結婚できていないと偏見を持たれる、既婚者に皮肉をいわれる、親などまわりに結婚・妊娠を急かされる、婚活市場で需要が低い……。

散々な印象の35歳独身女性ですが、この歳以上でも結婚している人がいる事実は、パーセンテージは低いもののデータが示しています。

結婚願望も子どもを持つ気もなく、仕事に生きると固く決意したような人以外は、ますます状況が悪くなる前に恋活や婚活、妊活をスタートしましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.