感動・泣き

婚約指輪の代わりは何にすべき?経験者がアドバイスします

投稿日:

いまどきは、婚約する際に必ずしも指輪を贈るというわけでなく、代わりに別のものにするカップルが増えています。多くの場合、男性側は贈る気があっても、女性のほうが不要と考えるケースが多いようです。

実際に、彼から婚約指輪を贈るといわれ、「代わりのものにしたほうが良いのでは?」と迷っている人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、恋愛アドバイザーのNaoさんにお話を伺い、以下の内容にまとめてみました。

  • 婚約指輪の代わりに贈って喜ばれるものとは?
  • 女性が選ぶ指輪代わりの人気アイテム
  • 婚約指輪は要らないという女性が多いって本当?
  • 代わりのプレゼントの相場はどのくらい?

ぜひ、参考にしてみてください。

婚約指輪の代わりに贈って喜ばれるものとは?

婚約する際には、「男性が女性に指輪を贈る」というイメージが強い人が多いでしょう。しかし、近頃は婚約指輪の代わりのものを希望する女性も少なくありません。そんなときには、女性に何を贈れば喜ばれるのか。さっそく見ていきましょう。

希望がなければギフト券や商品券

とくに女性から希望がない場合は、幅広い用途に使えるギフト券や商品券がおすすめです。きっと、あまり日の目を見ることのない婚約指輪よりも、実用性があって喜ばれるでしょう

「婚約指輪の代わりに、これで自分の好きなものを買って」などといわれたら、女性は思わず惚れ直してしまうかもしれません。ちなみに、ギフト券を贈った場合は、使い道にはあまり口を出さないのがポイントです。

また、そうはいっても、「ギフト券では味気ないな」と思う方は、一緒にショッピングをして好きなものを買ってあげても良いですね。

相手の希望の品物を少し奮発する

本当の思いやりというのは、相手の求めていることをしてあげることですよね。たとえば、女性が美顔器が欲しいといっていたら、奮発して少しグレードが高いものを買ってあげても良いでしょう。

「自分が贈りたい」と思うより、「相手が贈られて嬉しい」もののほうが、婚約指輪の代わりとしてはベストではないでしょうか?結婚を申し込むということは、これから生活を共にしていくのですから。

女性が選ぶ指輪代わりの人気アイテム

婚約指輪は必要ないと感じた女性が、「指輪の代わりにどんなものを希望することが多いのか」も気になりますね。同じアクセサリーでも、普段身に着けやすいものが人気のようです。

一番はネックレス

婚約指輪の代わりのアイテムとしては、ネックレスが一番でしょう。ほかのアクセサリーとしてブレスレットもありますが、仕事中に腕まわりが邪魔になるケースも少なくないです。また、水仕事などの家事をする際も、いちいち外さなければなりません。ブレスレットは、片手で着けてはめなければならないので、次第に着けることが億劫になってしまうことも。

その点、ネックレスなら基本的に、日常生活で邪魔になることはありませんし、着脱もしやすいです。婚約指輪と違って毎日身に着けられるので、女性もより愛着がわいて大切に扱うでしょう。

ここで注意したいことは、派手なデザインや大きめのもの、コーディネートを選ぶようなものは、女性は好まないということです。長く使ってもらうためにも、ある程度高級感があり、上品かつシンプルなデザインであることが条件です。

パールなら冠婚葬祭に使える

婚約指輪代わりに、少し立派なパールのネックレスを希望する女性もいます。パールのネックレスは普段使いには向きませんが、なんといっても冠婚葬祭のときの必須アイテムなので、良いものを持っておきたいと考えるようです。

パールの良いところは、デザインに関係なくどの年代でも使用できる点で、年を重ねてもずっと使えることがポイントです。

少し値の張るキッチンアイテム

指輪の代わりということで別のアクセサリーも良いですが、二人で生活をはじめてから使用できるキッチンアイテムもおすすめです。たとえば、キッチンに映えるおしゃれなブランド物の鍋や食器など。また、料理好きな人なら、ハイスペックなオーブンレンジなども良いでしょう。

新婚生活は何かとお金がかかるので、それほど高価なものは準備できないことが多いです。そのため、こだわりのあるキッチンアイテムがあれば、この機会に少し値段の張るものを贈っても良いでしょう。

婚約指輪は要らないという女性が多いって本当?

婚約指輪の代わりの品物を贈ってもらうケースが増えているようですが、実際に指輪は必要ないと思っている女性は多いようです。女性にとっては憧れの存在ともいえる婚約指輪を、なぜ不要だと考えているのか、その理由に迫ってみましょう。

ゴージャスすぎて普段使いに不向き

以前は、当然のように婚約の証として指輪が贈られていましたが、最近は婚約指輪は不要だと考える女性が増えています。結婚指輪があれば、それでいいという人が大半なのではないでしょうか。

その理由として、婚約指輪はゴージャスなデザインのものが多く、普段使いには向かないことがあげられます。高価なものなので、「どこに着けて行けばいいのか分からない」とか、「なくしてしまうのが怖い」と、大切に取っておくことになり、なかなか日の目を見ないの婚約指輪が不要と思われる一因でしょう。

指輪にお金をかけるならほかにまわしたい

高価な割に、それほど出番は多くないであろう婚約指輪。実用性がなく、持っていてもタンスの肥やしになりかねないかも……。

そんな指輪にお金をかけるくらいなら、その分を結婚式や新婚旅行の費用にあてたり、本当に必要なものを買う費用にまわしたりしたほうがいいというのが、多くの女性の本音のようです。現実的といえばそうですが、ある意味堅実な人が増えているといえますね。

代わりのプレゼントの相場はどのくらい?

女性が婚約指輪は要らないということで、代わりの品物を希望した場合、悩ましいのが、「いくらくらいのものを贈るべきか」ということではないでしょうか。特に決まりはありませんが、気持ちを込めてできる範囲で贈ると良いでしょう。

婚約指輪ほどがんばらなくてOK

婚約指輪の相場は、”お給料の3カ月分”なんてよくいわれますよね。しかし、婚約指輪が必要ないため、代わりにほかのプレゼントを渡すので、そこまで頑張る必要はないでしょう

あえて金額を提示するとしたら、頑張っても給料の半分程度の金額で良いでしょう。これくらいなら無理がないですし、婚約指輪以外のものなら、けっこう良いものが購入できます。

無理のない範囲で決める

結婚を前提として贈るプレゼントなので、昔のように見栄を張る必要はありません。以前は、婚約指輪を贈ることが当たり前のような風潮があり、無理をして贈っていた人もいたかもしれません。

しかし、今の時代は見栄を張ったところで、男としての株が上がるようなこともないでしょう。最終的には、二人で安定した生活を送るためにも、無理のない範囲で金額を決めてください。

まとめ

時代とともに、少しずつ人の考え方は変化しています。婚約指輪に関しても、「ぜひ贈らなければ」という雰囲気ではなくなってきました。実際のところ、今回ご紹介したような代わりの品を贈るケースも増えています。

どういう選択をするのかは自由ですが、なにもなしというのは相手のことを思うと避けたいところですよね。やはり”婚約”というのは人生の中でもビッグイベントですから。

そんなときに贈るものなので、贈る側も贈られる側も、後悔することがないようにと頭を悩ませてしまいがち。一般論や相場など気になる点はありますが、二人でよく話合い、お互いが納得できるような形にするのが一番といえるでしょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.