感動・泣き

春の訪れ、香り高い黄色い花「ミモザ」の楽しみ方

投稿日:

「ミモザ」の季節がやってきました

ミモザの旬は3月から4月

小さな黄色い花を咲かせる、マメ科アカシヤ属のミモザ。

2月下旬から4月頃までが開花シーズンだと言われています。

花言葉は、「優雅」と「友情」

ミモザを飾ることで、生活がちょっぴり豊かになりそうですね。

大切な人に贈るのにもぴったり。

季節を感じる、ミモザの楽しみ方を見ていきましょう。

旬の「ミモザ」を楽しむ5つの方法

「ドライフラワー」として長くミモザを愛でる

ミモザを開花期間だけではなく、長く楽しみたい。

そんな人におすすめなのが「ドライフラワー」。

ミモザは、ドライフラワーとしても人気の高い種類と言われています。

また、ドライフラワー初心者でも比較的扱いやすいのもポイント。

飾りたいイメージに合わせて、準備してみてくださいね。

他の植物と組み合わせて「リース」で飾る

ミモザの黄色は、リースとして飾ってもよく映えてくれます。

他の植物と組み合わせたリースも魅力。

お部屋の中が一気に明るくなりそうですね。

多くのハンドメイド作家さんが作品を販売中。

お気に入りのひとつを探してみるのもいいでしょう。

あなたを光で包み込む「ミモザキャンドル」

ゆったりとした夜の時間にぴったり。

旬のミモザを詰め込んだキャンドル。

黄色の花とキャンドルの灯りに癒されそう。

キャンドルの種類によっては、ミモザの香りが楽しめるものも。

インテリアとして、お部屋に飾っても素敵ですね。

身軽に、季節を身に纏う「ミモザネイル」

ミモザがもっと身近な存在になる「ミモザネイル」。

ネイルデザインにすることで、春を指先から感じることができます。

そんなミモザの楽しみ方も粋なもの。

普段あまり部屋に花を飾る習慣がない人でも。

ミモザを楽しめる方法がここにありますよ。

ミモザの美しさを閉じ込めた「ハーバリウム」

ボトルにミモザを詰め込んだ「ハーバリウム」。

彩り豊かなミモザの花を長く楽しめます。

サイズ感もコンパクト。

ひとり暮らしの限られた空間やデスク周りなど

小スペースでミモザ鑑賞できるのもポイント。

「友情」の意味を込めて。

別れの多い春だからこそ、ミモザを贈ってみるのもいいですね。

ミモザとわたし。ぴったりな楽しみ方を探して

春という季節は、別れや出会いが多い時期。

新しい環境を迎える人も多く、不安になることも時にはあるでしょう。

小さくて、可愛らしい黄色い花。

ミモザがあなたの気分をちょっとだけ、明るくしてくれるかもしれません。

あなたなりの楽しみ方を探してみてはいかがでしょうか?

元の記事を見る

-感動・泣き
-, ,

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.