感動・泣き

眉毛が濃いメリットと悩みとは?眉毛のお手入れをご紹介

投稿日:

眉毛はチャーミングポイントになりますが、濃い人もいれば薄い人もいて、それぞれ悩みも違います。

ここでは、

  • 眉毛が濃いときに気になること
  • 眉毛が濃い人の自然な眉の作り方
  • さらにふんわり見せる方法
  • 濃い眉毛に憧れる女子も!自信を持ってみて

についてまとめてみました。

眉毛が濃いときに気になること


眉毛が濃い時は、やはり気になることも多いのではないでしょうか。人から見られることも多い眉毛は、濃いだけでも印象がちょっと変わってきてしまいます。そこで、ここからは眉毛が濃い時に気になってしまうことについて紹介します。

眉毛を薄く見せたくても難しい

眉毛が濃い人は、もともと濃いということもあって、薄く見せたくても難しいというのが気になるポイントですね。どうしても薄くしたくても薄く見せるのが難しいので、抜いたり切ったり、自分でお手入れしているということも多いでしょう。

確かに眉毛が濃いと顔の印象も違ってきます。薄く見せる方法は色々とありますが、よりナチュラルな眉毛でいたいのなら、濃さも上手に活かしていくことが必要となるでしょう。ただ、それも難しいからこそ気になってしまうことも多いと言えます。

細い眉毛にあこがれる

太い眉毛の人ほど、細い眉毛に憧れるという人が多いのではないでしょうか。実際に太い眉毛でも細い眉毛でも、その人に似合っていれば、それが正解と言えるでしょう。いや、正解も不正解も眉毛には存在しておらず、より自由にお手入れすれば良いんですけどね。

実際に眉毛が濃い人は、どうしても薄い人と比べてしまって気になっている人もいます。ちょっとしたコンプレックスのようになっている人もいるため、そこは自分でお手入れするのが良いと言えるでしょう。特に大人になってくると気になってくるので、ぜひお手入れの方法を知っておくと良いでしょう。

眉毛が濃い人の自然な眉の作り方


眉毛が濃い人は、眉毛だけが浮いてしまって不自然な眉毛になっていることも多いです。まったくお手入れしていないと、見た目もあまり良くありませんよね。そこで、ここからは眉毛が濃い人に向けて、自然な眉毛の作り方を紹介します。

1.コームで眉毛をとかす

まず眉毛が濃い人は、無造作に生えていると汚く見えてしまうので、コームなどを使って整えるようにしましょう。コームでとかすことによって、毛並みがしっかりと整い、整理整頓された眉毛にできます。毛並みが揃っているだけでも、統一感が出て印象も良くなりやすいです。

コームを使うと眉毛も一定の方向に向けて整うので、汚くなることもありません。逆に眉毛が右往左往していると、それだけで圧迫感や威圧感がどうしても出てしまいます。毛の方向を考えて、毛穴から流れるようにといていくと良いでしょう。

2.コームを上に立てて上側からはみ出した余分な眉毛を切る

毛並みを整えるだけでは、濃い眉毛を自然に見せるのが難しいこともあります。そのため、コームを上に立てて、上側からはみ出した余分な眉毛はカットしましょう。この時、意識としては1mm~2mmほどで良いです。

上側に眉毛が向いているとボリュームが出てしまうので、飛び出している眉毛は丁寧にカットしていくことをおすすめします。なお、はみ出した余分な毛だけ切るようにし、必要なところは残しておくことが重要です。すべて切るとそれはそれで印象も良くありません。

3.コームを下に立てて下側からはみ出した余分な眉毛を切る


毛並みを整えて、さらにお手入れしたいのが下側の眉毛です。コームを下に立てて、その下側からはみ出した余分な毛を切ってください。これで下のボリュームも抑えることができます。濃い眉毛の場合は、これだけのお手入れでも効果抜群です。

どうしても眉毛が濃い人は毛の向きも無造作になってしまうことがあるので、ポイントとなるのは毛並みを整え、余分に出ている毛をカットするということです。それを意識するだけでも、よりナチュラルで綺麗な眉毛になりますね。

さらにふんわり見せる方法


眉毛はカットするだけでは、ふんわりと自然な眉毛にならないこともあります。そのため、ちょっとしたお手入れをさらに加えていくと良いでしょう。ここからはプラスアルファでやっておきたい眉毛をふんわり見せる方法を紹介します。

コンシーラーで眉毛のボリュームを隠す

コンシーラーを使えば、眉毛のボリュームを隠すことができます。メイクによって眉毛の濃さや薄さを自在にコントロールすることもできるので、眉毛が気になる時にはコンシーラーで自然と隠してみてはいかがでしょうか。

ちなみにコンシーラーは目の下のクマや黒ずみ、くすみなども隠すことができるので、合わせてメイクをしていけばよりナチュラルな眉毛に見せることもできます。顔に余分な汚れがあると眉毛も汚く見えるので、ぜひ化粧のテクニックも身につけておきましょう。

眉毛を脱色する

眉毛がどうしても濃くて悩んでいるという人は、眉毛を脱色してみても良いかもしれません。ただ、市販のブリーチなどで色素を抜いてしまうのはあまりおすすめしません。やりすぎると眉毛というよりは肌が荒れてしまうことがありますからね。

でも、脱色すれば眉毛の濃さが目立つことがなくなり、濃くても軽く見せることができます。軽く見せたいのなら脱色も視野に入れてみてください。エステサロンや美容室でも対応しているところがあるので、プロに相談するとより安心です。

濃い眉毛に憧れる女子も!自信を持ってみて


眉毛が濃いとコンプレックスになってしまうこともありますが、実は逆に近年は濃い眉毛が人気となっています。ナチュラルな眉毛を演出できれば、ある程度濃い方が可愛かったり綺麗だったり、印象も変わってきたのです。ここからはそんな最近の眉毛事情について紹介します。

顔立ちがハッキリする

眉毛が濃いと顔立ちがはっきりして、より陰影のある立体感に恵まれた顔になります。日本人は顔がフラットな人が多いので、逆に眉毛が濃いというのは武器になるでしょう。顔のメリハリが出るので、上手にメイクを覚えればかなり魅力も引き立ちます。

顔をはっきりさせる他にも、顔に線が入ることによって輪郭もはっきりします。また、目や鼻、口などのパーツに与える印象も変わってきて、より美しく洗練された顔に見えることもあるのです。ただ、しっかりお手入れしていることが前提なので、そこは注意しておきましょうね。

外国人のようなほりの深い顔立ちに見える

濃い眉毛は、外国人のような堀が深い顔に見えます。陰影がはっきりしない日本人の平坦な顔よりも、陰影がはっきりとした外国人のように見えるのは魅力的ですよね。事実、海外のセレブやお金持ちなどの間でも、太い眉毛が流行っています。

時代によって眉毛の濃さというのは、流行りも違ってきます。そのため、もっとヘアスタイルと同様に楽しむべきものだと言えるでしょうね。せっかく主張の強い眉毛を持っているのなら、それを使ってメリハリのある顔で勝負してみてはいかがでしょうか。

自眉を活かした太めアーチ眉になれる


眉毛は自分の眉毛だけで太目のアーチ眉毛を描くこともできます。世界の俳優やアーティストの中でもアーチ眉毛は人気となっていて、日本人ではなかなかできている人も少ないです。逆に自分の眉毛だけでアーチ眉毛を描けるというのは武器になりますね。

顔の陰影がはっきりするだけではなく、まるで絵画のような濃さを活かしてユニークな武器として使っていくことができます。ただ、無造作に生えているだけだと汚い印象になってしまうので、お手入れはしっかりしておいた方が良いです。

オルチャン系の平行眉も作りやすい

アメリカやヨーロッパの人の中にも濃い眉毛は多いですが、近年は韓国などの美容大国でも人気となっています。特にオルチャン系のメイクが好きな人は、平行眉毛にもできちゃいます

最近はあまり角度があるのを好まない人も多いので、平行眉毛にしてみるのも良いでしょう。さらに角度をつけて困り眉毛にすると印象も柔らかくなってさらに可愛さも綺麗さもアップしますね。日本人は特に角度のある眉毛よりも角度のない眉毛の方が好印象なので、自分の顔に合わせてお手入れしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

濃い眉毛はコンプレックスになっている人もいますが、お手入れによっては武器にもなります。むしろ眉毛の濃さは個性とも言えるでしょう。せっかくはっきりとした眉毛を持っているのなら、しっかりお手入れしてジャパニーズビューティーを目指してみてはいかがでしょうか。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.