感動・泣き

「友達以上恋人未満」をデートで打破!親密になるコツ教えます

投稿日:

この記事の情報提供者:菜々美 さん
菜々美 さん
元々、法律事務所、司法書士事務所で勤務していました。恋愛に関する様々な問題にアドバイスをさせていただきます。

LINEでやり取りをしたり、一緒に食事や遊びには出かけたりするものの、それ以上の間柄に発展しない……。今回は、そんな彼との関係をもっと進展させたいと望む人に向けて……

  • 友達以上恋人未満とはどんな関係?
  • 友達以上恋人未満の相手をデートに誘う方法
  • 二人の関係を発展させるデートのコツ
  • おすすめのデートプラン

について、元法律事務所勤務で恋愛に詳しい菜々美さん提供の情報を基にまとめました。

友達以上恋人未満とはどんな関係?

「友達以上恋人未満」といっても、どのような関係のことを指すのか少し曖昧ですよね。そこで、どういう関係ならそう呼べるのか、具体的に見ていきましょう。

定期的に二人で会う関係

「デート」とはいわないまでも、定期的に二人きりで会っている関係は、「友達以上恋人未満」といって問題ないでしょう。会うペースにもよりますが、週に1回以上会うようなら、まず間違いなく友達以上恋人未満といえます。

ただし、会う頻度が月に1回以下となると、「友達以上」とは言いがたく、グレーゾーンというところでしょう。

お互いに好意を抱きつつ告白していない

お互いに、相手に対して秘かに好意を抱いているにもかかわらず、その気持ちをまだ打ち明けていない場合も、「友達以上恋人未満」の関係といえます。どちらも「自分は好きだけれど、相手は自分のことどう思っているのかな?」と手探りの状態です。

この場合は、どちらかが好意を伝えた時点で、友達以上恋人未満の関係とはいえなくなるでしょう。つまり交際がスタートするということです。

友達以上恋人未満の相手をデートに誘う方法

友達以上恋人未満の関係にある場合、二人の関係性がはっきりしないため、デートに誘っていいものかどうか悩ましいこともあるでしょう。そんな場合に、上手にデートに誘う方法を3つご紹介します。

ストレートに誘う

相手の性格にもよりますが、下手にオブラートに包むような言い方ではなく、ストレートに「デートしようよ♪」と誘ってみましょう。ポイントはあくまでも重すぎずに、適度に軽いノリで誘うことです。

「デートしよう」と誘われたら、よほど嫌いな相手でない限り悪い気はしないでしょう。また、こちらから軽く誘うことにより、相手側も都合が悪い場合に気軽に断れるため、負担に感じさせることがありません。

なお、もうひとつのポイントは、「デート」という言葉を使うこと。すると、「まだ恋人ではないけど、これはデートなのかな?」と、相手に意識させられます。また一方で、やや軽いノリのため、「もしかして、これはデートじゃないのかな?」と、お互いにやきもきする時間を楽しめます。

相手の好みの場所に誘う

相手の好みに合わせた理由をつけて、デートに誘うのもひとつの方法です。ただ、「どこかに行こうよ」とか、「会おうよ」と誘うのではなく、以下のように具体的に誘ってみましょう。

  • 「〇〇に美味しいお寿司屋さん見つけたから、一緒に行こうよ」
  • 「評判のいい美術展やってるから行かない?」

こうして、相手の好みに合わせた理由があると誘いやすいほか、OKしてくれやすいです。これを実践するためには、まず相手の好みを十分に把握しておき、誘う理由をたくさん見つけてストックしておく必要があります。

お互いの友達を交えてのデートを提案

お互いの友達を交えて、デートを提案してみるという方法もあります。相手の趣味にもよりますが、たとえば彼がアウトドア好きなら、「お互いに友達を誘って、バーベキューしようよ!」などと誘ってみても良いでしょう。

二人きりのデートではありませんが、友達と接するときの相手の様子を見れるため、いつもとは違った一面を発見できる可能性も。また、友達に背中を押されて、二人の関係が進展することになるかもしれません。

二人の関係を発展させるデートのコツ

月に数回は会っているけれど、なかなか友達以上の関係が打破できない……。こんなふうにやきもきしている人はいませんか。そんな人に向けて、二人の関係を少しでも発展させる「デートのコツ」をお教えしましょう!

普段とは違ったシチュエーションで会ってみる

いつも休日の昼間に会っているなら、夜に会ってみるのもおすすめです。逆にいつも夜に会っているなら、休日の昼間に会うなど、普段とは違うシチュエーションで会ってみましょう。そうすると、いつもと違う相手の一面が見られるため、ドキドキしたりすることがあります。

シチュエーションを変えることで次のような印象を持ち、関係の発展につながる可能性があります。

  • いつも休日に会っていた場合:「平日の夜に会ったらスーツ姿でカッコ良かった」
  • 平日の夜に飲みに行く関係だった場合:「休日に会ったら周りにカップルが多くて、自分たちも恋人同士のような気分になった」

スキンシップをしてみる

ありきたりな方法かもしれませんが、より親密な関係になれるように、軽くスキンシップを図ってみることもおすすめです。スキンシップは、勇気で出なければお酒の力を借りても良いですが、人混みなどでさりげなく触れるのも効果的です。

たとえば、デート中にはぐれないように、相手の袖や服の裾をそっとつかんでみてはいかがでしょうか。遠慮がちな雰囲気で触れることでもドキッとさせられるため、これもまた良いでしょう。

近場に旅行に行きたいとにおわせてみる

相手との会話の中で、それとなく近場の旅行の話をしてみても良いでしょう。「温泉とか行きたいなぁ」という感じで、思わせぶりにいってみましょう。

すると相手が、「もしかして自分と一緒に行きたいのかな?」と考えたり、「一緒に旅行したらどんな感じかな?」などと意識してくれたりすることもあり得ます。それをきっかけに、上手くいけば本当に旅行が実現するでしょう。

相手の目を見つめてみる

デート中に、ふと沈黙する瞬間があったら、いつもより少しだけ長く相手の目を見つめてみましょう。照れくささがあるかもしれませんが、友達以上恋人未満の関係を打破するには、とても効果的な方法です。相手はドキッとして、今までよりさらに異性として意識してくれるかもしれません。

おすすめのデートプラン

二人の関係をより進展させるためには、どんなデートをすれば良いのでしょう。恋人未満の二人におすすめのデートプランを2つピックアップしましたので、順番に確認していきましょう。

カップルが多い場所でデートする

普段は、「飲みに行ってばかりいる」という関係性の二人もいるでしょう。そんな場合は、休日にカップルが多い場所でデートするプランがおすすめです。

ディズニーなどのテーマパークは、「さすがに恋人同士でないと……」と抵抗を感じる人もいるでしょう。その場合、水族館や美術館であればハードルがそれほど高くなく、気軽にデートできるのではないでしょうか。カップルも多く訪れるため、「自分達も、周りから見たらカップルに見えるのかな」などと意識するきっかけになります

どちらかの家の近くでディナーをする

どちらかの家の近くで、すぐに移動できる範囲のお店で、ディナーをするプランもおすすめです。ディナーのあとで、「少しお酒でも飲みに行こうか?」という話になったら、どちらかの家の近くにあるお店をチョイスしましょう。

そのあとは実際に家に行かないまでも、「このあと、ひょっとして誘ってもいいかな?」とか、「ひょっとしたら家に誘われたりするのかな?」など、お互いに恋人になるかもしれない微妙な時間を楽しめるでしょう。

まとめ

「友達以上恋人未満の関係」というと、なんとなく初々しくてキュンとしあえる間柄ともいえます。ただし、そんな関係性がずるずると続いたら、やきもきしてしまいますよね。

もしかしたら、相手も同じように感じている可能性もあるため、二人の関係性をはっきりさせるためにも、できることをいろいろと試してみましょう。ただし、いい意味でも悪い意味でも、友達以上恋人未満の関係にピリオドが打たれるかもしれません。

あえて曖昧な関係を楽しんでいるのであれば、今まで通りのまま続けていけば良いですし、関係性を進展させたいのであれば、思い切って行動に移しましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.