感動・泣き

好きな彼と近づくLINEテクニック!元キャバ嬢が教えます

投稿日:

この記事の情報提供者:Nao さん
Nao さん
五年間勤めたキャバクラを結婚を機に退職。現在は子供と旦那と三人で暮らしています。

いまやLINEは手軽な連絡ツールとして、男女ともに欠かせないものになっています。そんな便利なLINEを使って、意中の人と仲良くなりたいと考える女性も多いでしょう。

ただし、まずは連絡先の交換からはじまり、その先のやり取りまでどうすべきなのか……。好きな相手だからこそ、ハードルが高く感じるものです。今回は、キャバクラに5年間勤務経験があるNaoさんに、

  • 好きな男性とLINEを交換するテクニック
  • 男性とLINEをやり取りする際のテクニック
  • 返信のタイミングのコツ
  • 「脈なし」かどうか判断する方法

などのLINEのテクニックに関して詳しく教えていただきました。

好きな男性とLINEを交換するテクニック

気になっている人とLINEを交換したいと思っても、女性のほうから誘う場合、どんなふうに切り出せば良いのか迷ってしまいますね。そこで、自然な流れでさりげなく誘えるテクニックを2つご紹介します。

可愛く誘う

相手との関係性や女性のキャラにもよりますが、親しく話せるようなら「ふるふるしよー!」と可愛く誘ってみましょう。これなら「ライン交換しませんか?」と聞くよりも気軽に聞けますし、相手からもOKされやすいですよ。

また、ふるふる機能を知らない男性には、「貸して!」と携帯を借りて、一緒にふるふるできるのでおすすめです。

ラインの画像を見たがる・見せたがる

好きな男性に「ラインの画像何にしてますか~?」と、会話を振ることもひとつのテクニックです。たとえば「飼ってる犬だよ」と言われたら、「見たいからライン交換しよう!」と、さらっとお願いしてみてください。

逆に、「私のラインの画像面白いんだ!」と切り出して、「なに?」と聞かれたら「見せたいからライン交換しよう!」とお願いするのもアリです。

男性とLINEをやり取りする際のテクニック

いざ意中の人とLINEが交換できたとしても、その先のやり取りをどうすれば良いのかも、なかなか難しいところです。ここでは、2人の関係をより進展させるために、上手にやり取りするためのコツをお伝えします。

無理やり会話を続けない

好きな人とLINEをはじめたら、できるだけ会話を続けたいと思うのはわかりますが、無理に続けるのはNGです。LINEの良いところは、こまめに連絡をし合えるところですよね。

そのため、不自然に会話を途切れさせないように頑張るよりは、スタンプや一言だけを、気軽にやり取りできる関係を目指したほうが良いでしょう。

たとえば、可愛いスタンプを送って「なにしてるー?暇なときでいいから話そう!」など、相手の都合を気遣いつつ、さらっと連絡をするのもありです。ひとつの会話を長く続けるのではなく、短い会話を頻繁にできるといいですね。

出先から写真を送って「今度一緒に来たい」アピール

友達と出かけている写真を送って、「今度一緒に来たいな」とアピールするのもおすすめです。「いま、こんなところにきてるよー!」と写真を送れば、話のネタにもなりますよね。

また「〇〇君とも今度一緒に来たいと思った!」と一言添えることで、さり気なくデートにも誘えます。今回は友達と来たけれど、とても良いところだったので、”次はあなたと一緒に来たい”という部分を強調しましょう

返信のタイミングのコツ

男性とのLINEのやり取りで難しいのが、返信のタイミングではないでしょうか。じらすこともひとつの手かもしれませんが、返信は早めにしたほうがなにかと良さそうです。

既読して放置などの駆け引きはNG

相手からLINEがきて即返信するのは、「余裕がないみたいで嫌」と考える人もいるでしょう。その場合、駆け引きのために既読をつけて、しばらく放置するというのもひとつのテクニックなのかもしれません。

ただし、やはりそういう駆け引きはせずに、返信したいタイミングで連絡するのが一番でしょう。自分に置き換えてみても、返信が遅いよりは、早くくれたほうが断然うれしいですよね。

できるだけ早めに返信する

好きな男性には「たくさん話したい!」という気持ちを込めて、早めに返信しましょう。じらして返信しないでいると、彼に勘違いされてしまうかもしれません。たとえば……。

  • 返事が遅いけど、俺と話すの楽しくないのかな?
  • 忙しそうだし、デートに誘っても断られるかも

こんなふうに思われてしまったら、もったいないですよね。もしも「返信早いね!」と言われたら、「だって、LINE来るの楽しみに待ってるから」と素直に伝えましょう。

「脈あり」かどうか判断する方法

彼とLINEをはじめてしばらくしたら、彼の気持ちが気になってきますね。彼が脈ありなのかどうかは、こんな部分でチェックしてみましょう。

こちらの話をスルーせずに会話をしてくれるか

相手に興味を持たれていなければ、話を振っても丁寧に返してくれない可能性があります。もし、こちらが話した内容について、スルーせずにきちんと会話をしてくれれば、「考えてくれているのかな?脈ありかな」と思えます。

また返信の際に、とくに問いかけていない内容や笑えるような要素を伝えてきたら、こちらの反応を気にしてくれているサインかもしれません。そんなときは、相手側も意識して返信内容に気を遣ってくれたと思って良いでしょう。

男性のほうから何気ない連絡がくるか

こちらから連絡をしなくても、彼のほうから何気ない連絡がくれば期待しても良さそうです。特にこれといった用事がなくても、「いま何してるの?」や「休みの日はどこいくの?」と質問されるのは脈ありと見て良いでしょう。

また「俺、今〇〇にいるよー!」と言われるなど「こちらのことを知りたいのかな?」という内容の連絡がくれば、脈ありだと思って良いでしょう。

「脈なし」かどうか判断する方法

LINEを交換したものの、なんとなく進展がない……。「これって脈なしなの?」と思ったら、以下にあてはまるかどうか確認してみてください。

返信の早さはあてにならない

相手の男性が脈ありかどうかを判断する際に、「返信が遅ければ期待できそうにない」と思いがちです。しかし、もともと連絡がマメではないタイプの男性や、仕事柄あまり携帯を見ない男性もいるでしょう。そのため、「返信が遅いから脈なし」とは言えません。

既読スルーなら少しは期待できるかも

相手からの返信の早さは、それほど気にする必要はないですが、それは既読がついている場合です。既読がついていても、返事が帰ってこないということは……。

こちらからの連絡を気にして、目を通してくれたと想像できますよね。このような場合は、忙しいなどなんらかの理由があって、返信ができない状況なのだと判断できます。

既読がつかなければ期待薄

既読スルーではなく、なかなか既読すらもつかない場合は、脈なしだと判断して良いかもしれません。LINEでは、ほかにもいろいろな人から連絡が来るので、さすがに最低でも1日1回はチェックするはずです。

それにもかかわらず、こちらからのLINEに目を通してくれていないということは、興味がないか、それほど優先順位が高くないのだと判断できます。

簡単な返信しかこなければ脈なし

既読スルーや既読がつかないというわけではないけれど、返信があまりにも簡単な場合も、脈なしのサインかもしれません。たとえば、こちらからは比較的長文で送ったり、質問したりしているのに、それに対して、スタンプや一言だけで返信してくるなどです。

相手に興味があれば質問には答えるものですし、送った内容に対するコメントもしたくなるもの。それが、いい加減とも思える返信をしてくるようなら、脈なしと思って良いでしょう

まとめ

思いを寄せている男性がいたら、まずは気軽にやり取りできるLINEでつながりたいと考える人は多いでしょう。とはいえ、まずはLINEの連絡先を交換するだけでも勇気が要るものです。

もし気になる人がいたら、あまり硬くならずに、気軽なノリで可愛らしく交換しようと誘ってみましょう。無事に交換できたら、脈があるのかないのかを、彼の態度から見極めることも大切です。脈がありそうなら気楽にやり取りをして、まずは頻繁に会話ができるような仲を目指したいですね。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.