感動・泣き

心が晴れないときの対処法10選!心を晴れやかにする方法

投稿日:

なんかモヤモヤしていて、心が晴れないなんてことありませんか。ストレスがあったり、悩みがあったり、疲れていたりすると心がどんよりしてしまうことも多いです。

ここでは、

  • 心が晴れない原因
  • 心が晴れないときに試したい10つの対処法

についてまとめてみました。

心が晴れない原因

心が晴れない原因は、人によって違います。根本的にポジティブな人はモヤモヤすることもありませんが、ネガティブな人ほどモヤモヤすることが多くなると言えるでしょう。ここからは、心が晴れない原因について解説するので参考にしてみてください。

悩みごとや不安なことがある

悩みがない人など、この世にはいません。しかし、心が晴れない人はその悩みについても過度に心配したり不安になったりしています。人間が不安や心配を抱いていることの8割は、実は起こらないことだと言われています。これは人間の危機管理能力が関係していて、過剰に不安や心配を感じ、それに対処するように動くようできているとも言えます。

そのため、悩みの他にも不安や心配が少しでもある時には、心が晴れないということになってしまいます。まずは、自分が現状で抱えているトラブルや問題を洗い出してみてください。その中には意外と「悩むことでもなかった」と思えるようなものも多いです。まずは悩んでいることを精査して、本当に頭を悩ませるべきなのかどうかを考えたいですね。

環境や季節の変化

よく適応障害などという言葉を聞くことがあると思いますが、人間は自分が適応できない環境にいると、強いストレスを感じます。慣れというのはそういう人間の適応能力に関係しています。だからこそ、環境が変わったりすると対応しきれなくなり、悩みが自然と多くなって、結果的に心が晴れなくなってしまうのです。

また、天気や天候も人間の心に深く関係していると言われています。晴れている時は気分も上がり、雨が降っている時は気分も下がることが多いでしょう。

心が晴れないときに試したい10つの対処法

心が晴れない時には、色々なことを実践してみると良いかもしれません。ここからは心が晴れない時に試したい対処法を紹介します。根本的な悩みの解決をしないといけませんが、まずは少しでも心が晴れるようなことを実践してみるべきです。

自分にご褒美をあげる

自分にちょっとしたご褒美をあげている人はいますか。毎日頑張っている自分へのご褒美があるとそれに向かって突き進むことができるかもしれません。ちょっとしたことでも良いので、自分が嬉しくなるようなご褒美を用意するというのが良いです。

例えば、普段食べているものよりも、ちょっと高級なものを食べてみるというのも良いですね。その他にも、ちょっと贅沢なエステに行ってリフレッシュするというのも良いでしょう。

このように、毎日頑張っている自分を認めてあげて、しっかりとご褒美を与えることが重要なのです。人間は何も対価がなくても頑張れるほど優秀ではないということです。

いつもと違う道を通ってみる

いつも同じ道を通って会社や学校に行っていると、刺激が足りなくなってしまいます。環境を変えるのは怖いと思うかもしれませんが、ちょっとずつ変化に慣れていくというのは、心が晴らすためにとても有効な手段だと言われています。

それこそ、通勤通学の道をいつもと変えてみるというだけでも、意外と気持ちが晴れることがあるでしょう。違う道に入ることで、新しい発見もあります。「ここにこんな店あったんだ」「ここ今度立ち寄ってみようかな」と思うだけでも気分がリフレッシュされるかもしれません。

また、普段とは違う道を通ると、脳への刺激にもなります。新しいことをやると、脳も活性化されて気分が変わってくるということもあるのです。ぜひ今日や明日は違う道を通ってみましょう。

誰かに会って話してみる

誰かに会って話してみるというのも有効な手段です。人は孤独でいると、誰とも話さなくなってしまい、気持ちも塞ぎ込んでしまうことが多くなります。

人と会話すれば、頭がスッキリすることも多いですし、何より悩みも聞いてくれるかもしれません。誰かに心配なことや不安なことを聞いてもらうだけでも、実は心がふっと軽くなることもあるのです。

誰かに会うということがとても重要で、実際に電話やメールなどよりも効果が大きいです。やはり顔を見て、目の前で目や耳を使って会話するのは脳にとっても良い刺激になります。単純にお酒を飲んで語っても良いですし、カフェでまったりしても良いでしょう。人に会わない人は、意識的に人と会う機会を多くしてみると良いですね。

日記をつけてみる

毎日代わり映えのしない日々を送っていると「人生が進んでいる気がしない」と気分が落ちてしまうことも多いですよね。そんな時は日記をつけてみると良いのではないでしょうか。日記は人生の歴史とも言えるもので、その日何をしたのかが明確になります。

当然、何をしていない日でも何かしらの感情はあるはずです。「今日は天気が良くて気持ち良かった」「仕事もちゃんとできた」「新しい友達ができた」など簡単なことで良いです。日々の何でもないことでも、日記にすることで小さな幸せを実感できるようになります。そのための日記をつけてみるというのも良いのではないでしょうか。

コーヒーや紅茶など温かい飲み物を飲む

温かい飲み物はリラックス効果も大きいです。眠たくて気持ちが晴れない時にはコーヒー、イライラして気持ちが晴れない時には紅茶などを飲んでみてください。温かい飲み物が身体に入ってくることで、ホッとした気持ちになります。仕事中や勉強中もホッと一息つけるものがあると良いかもしれませんね。

寝る前にはココアやホットミルクなど、温かくて甘いものを飲むというのも良いです。ストレス解消になるのはもちろん、リラックス効果もあります。ちょっとした幸せを感じる瞬間を少しずつ作っていくことで、心も自然と晴れてくるのではないでしょうか。

ハーブやアロマなど香りでリラックスする

ハーブやアロマの香りには、精神を落ち着かせてくれる効果があります。そのため、普段からハーブやアロマの香りを生活に取り入れてみるというのも良いでしょう。心がリラックスして、人によってはリセットされることもあります。どんなに悩んでいても、ふとしたリラックスタイムがあることで、心を上手に入れ替えられるようになります。

香りによってその時抱く感情というのも違ってくるので、自分の気分に合わせて選んでみてください。ストレスやイライラを解消したいなら、ラベンダー系やムスク系の香りがおすすめです。その他、レモンやオレンジなど柑橘系の香りもスッキリした気持ちにしてくれます。

お花や植物を飾ってみる

観葉植物などがあると、部屋もパッと明るくなって心も晴れやかになることがあります。自分の好きなお花を飾るのも良いですし、多肉植物などペットのように可愛がることができるものを飾っても良いかもしれませんね。植物は空気を綺麗にしてくれるだけではなく、明るくて自然と心をナチュラルにリセットしてくれる効果も期待できます

植物だけではなく、ペットなどを飼って触れ合うのも効果的です。自分とは別の生き物が部屋にいることで自然と気持ちもそちらに向くことが多くなります。さらに触れ合うことができれば、心も晴れ晴れした気持ちになっていくのではないでしょうか。

部屋の掃除をしてみる

部屋の掃除をしてみるというのも、とても効果があります。部屋が散らかっていると、それだけで心も散らかってしまいます。これはスピリチュアルな話ではなく、事実部屋にアイテムが散乱していると、色々と気が散ってしまうのです。

結果的に集中できずにイライラが積もり、ストレスになってしまうこともあります。まずは断捨離などを進め、部屋を綺麗さっぱり整理整頓していきましょう。散らかっていないと生活の導線も整いやすく、心の負担も減っていきます。

早めに寝て体を休めてみる

早めに寝るという習慣を身につけるのもおすすめです。睡眠不足になると、どうしても気分が晴れません。常に眠くてイライラしてしまうことも多いです。また、睡眠不足はストレスにも大きな影響を与えてしまいます。

睡眠時間は1日平均で6時間~8時間ほど確保し、朝もすっきりと起きられるような習慣を身につけていきましょう。なお、睡眠する時間に関しては、あまりバラバラにしない方が良いです。毎日寝る時間を決めて規則正しい生活を送ることが心の健康にも良いです。

あえて何もしないでボーっとしてみる

「何かをしなきゃ」という感情は心の負担を増やすだけです。人間にできることなど限られているのですから、あえて何もしないでボーっとする時間を作ってみてください。これが存外とても心に良く、心も身体も休ませることに繋がっていきます

休日に何も予定が入っていないと焦ることもあるでしょう。でも、その無意味な時間こそ意味があります。特にネガティブになりやすい人は強迫観念に苛まれていることも多いので、何もしないことをポジティブに捉えるようにしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

心が晴れない時、なんかモヤモヤして気持ち良いものではありませんよね。そんな時には、こちらで紹介した方法を実践してみてください。心が晴れてくれば、自然と前向きに考えられるようになります。ぜひ、心の負担を軽くして、清々しい気持ちで毎日を過ごしていきましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.