感動・泣き

O型で左利きの性格・能力傾向は?付き合うときにフォローすること

投稿日:

O型で左利きの人は、性格にも能力傾向にも特徴があります。付き合う時にはフォローすべきことも多いです。

そこで、ここでは

  • O型で左利きの人の特徴
  • O型で左利きの人の性格傾向
  • O型で左利きの人の能力特性の傾向
  • O型で左利きの人と恋愛するポイント

と、O型で左利きの性格や能力の特徴はもちろん、付き合う際のポイントについても解説するので参考にしてみてください。

O型で左利きの特徴

O型で左利きの人は、非常に少数派の血液型と利き腕をしています。O型自体は日本人にも多いのですが、その上で左利きというのは珍しいです。

右脳特性が混ざるので、かなり個性的です。ここでは、そんなO型で左利きの人の特徴を解説します。

非常に少数派な血液型と利き腕

O型はA型と並んで日本人に多いと言えるでしょう。ただ、O型で左利きの人というのは少数派と言えます。日本の人口で考えても少ないです。そんな珍しい利き手をしているということもあって、性格や能力の傾向も特殊です。

特徴としては色々とあるのですが、やはりO型特有の性格や能力が強く出ていて、そこに左利きの人特有の特徴も出ています。付き合う場合などはもちろん、関わる場合にはその特徴を把握しておくことが必要となるでしょう。

O型気質に右脳の特性が混ざる

O型の人がよく言われる性格や能力が気質として出ていて、そこに右脳の特性が混ざるのが特徴となっています。彼らは、よりO型の思考プロセスが強く出ていて、それでいて芸術肌という方が多いです。

右脳が発達していることによって、他の人にはない発想を持つ人もいます。逆に言えば、個性が強くて他の人とは混ざり合わない特性とも言えるかもしれません。性格も能力も特徴が強く出ているので、そこに注目してみると面白いです。

O型で左利きの性格傾向

O型で左利きの人は大雑把でルーズなのが特徴で、コミュニケーション能力に長けている一面が強いです。

人見知りは基本的にせず、その一方で、自分の意見を通す頑固な一面もあります。ここからはO型で左利きの人の性格について解説します。

大雑把でルーズ

O型の人によく見られるのが、大雑把でルーズという傾向です。時間は守らずに遅刻することが多く、約束なども守らないことがあります。そのため、周囲にいる人の方が彼らに合わせるということも多いです。

何をするにもどんぶり勘定で考えることが多く、「とりあえずはこれで良いかな」と自分を納得させることもあります。自分自身に対して甘いと思われることも多く、周囲からは賛否両論の性格だと言えるかもしれませんね。

人見知りしない

基本的に人との壁を作らないので、人見知りをするということもありません。相手の年齢や地位、権力などはあまり気にせず、ドカドカと入り込んでいく強さがあります。メンタルが強いので、あまり人の感情などは考慮せず、興味を持ったら近づく感性を持っています。

ただ、好奇心が強いものの飽きるのも早いです。そのため、人間関係は広く浅いことが多く、本当の意味で信頼を置いている人は数人しかいないという人もいます。O型で左利きの人がハマれるかどうかで、人間関係も大きく変わってくるのです。

自分の意見を大事にする

他人の意見を聞かないということではなく、O型で左利きの人は単純に、自分の意見を大切にしています。誰かに指摘されて意見を変えるということは、まずないと言えるでしょう。それはある意味頑固なのですが、強い自分を持っているという意味にもなります。

逆に言えば、意見をコロコロ変えることがないので、周囲の人から信用を得ていることもあります。裏表のない性格なので、周囲の人もわかりやすい単純明快、かつ単細胞な性格として認識されていることが多いです。

O型で左利きの能力特性の傾向

O型で左利きの人は、能力にも色々な特性が見られます。臨機応変で頭の回転が早かったり、アクティブに行動できたり、アイディアが豊富だったりします。

ここからは、そんなO型で左利きの人の能力の傾向について知ってみましょう。

臨機応変で頭の回転も速い

O型で左利きの人は柔軟な発想ができるので、臨機応変に対応することができます。感受性が豊かということもあって、より新しいことにも興味を持ち、挑戦していくことができるのです。そのため、柔軟に物事を受け入れることができる能力を持っています。

また、常に新しいことに興味を持っているので、頭の回転がとても速いです。そのため、会話していても飽きることがありません。また、仕事でもプライベートでも頭の良さを発揮します。勉強ができるというよりは感覚的に頭の良い人が多いと言えますね。

アクティブで行動力がある

行動力があるのもO型で左利きの人の特徴です。何事に対しても好奇心が強く、新しいことにも恐れず挑戦していくので、猪突猛進な特徴を持っています。このアクティブさは、新しい時代を切り開く原動力にもなると言えるでしょう。

思慮深いというよりは、あまり考えずに行動していくので、かなり失敗も多いです。しかし、失敗から成功に繋げるのが上手いとも言えます。失敗することに慣れているので、成功するまで何度も挑戦できるバイタリティの高さも魅力的です。

アイディアが豊富

常人とは思考のプロセスが違ってくるので、アイディアも豊富です。それこそ普通の人が「バカバカしい」と思うアイディアに関しても、1つのアイディアとしてしっかり煮詰めていくことができるのです。それは常人にはできない発想と言えるでしょう。

アイディア自体が湯水のように湧き出てくるので、くだらないことでも積極的に挑戦できる能力があります。現実的な発想から理想的な発想までできるので、ある意味で無尽蔵なアイディア製造機だと言えるでしょうね。

O型で左利きの人と恋愛するポイント

O型で左利きの人と恋愛する場合は、ポイントをしっかり押さえておくことが重要です。特に、付き合う時にはフォローしておきたいこともあるので、その点は確認しておくことが必要です。

ここからはO型で左利きの人と恋愛するポイントを紹介します。

整理整頓は代わりに手伝う

整理整頓ができない人も多いので、O型で左利きの人と付き合う場合は、代わりに手伝ってあげることが重要です。好奇心が強くて色々なことに興味を持つので、整理整頓が苦手と言えます。

ただ、大切にしているものは人に見られたくなかったり、触られたくなかったりするこだわりもあるので、そこは注意が必要です。手伝う場合は「手伝っても良い?」と聞いてからにすると、より信頼を得られます。

発想力の面は頼る

面白い発想をするので、発想力に関しては頼ってみても良いかもしれません。むしろ自分の意見を大切にしているので、そこで頼ってあげることによってO型で左利きの人を肯定することができます。それは本人にとっても嬉しいことです。

また、その発想力によっては時に大成功することもあります。仕事でもプライベートでも突飛な発想で飛躍的に大活躍するということもあるのです。そのチャンスを摘み取らないように、相手の意見を尊重して受け入れることが重要となります。

約束の時間にルーズでも怒らない

O型で左利きの人は時間にルーズなので、約束の時間に遅刻してくるというのは日常茶飯事です。彼らにとってはそれが普通なので、無理に改善させようとしてもお互いにストレスが溜まるだけです。

約束の時間を早めに設定して、自分はその10分後や20分後に到着するようにいくなど、相手のリズムに合わせて付き合うのが良いでしょう。また、絶対に遅刻してくると思っておくとイライラすることもありません。

気持ちを押し付けない

自分の気持ちを押し付けるのはやめておきましょう。O型で左利きの人の場合は色々な意見を持っていて、その気持ちをとても大切にしています。そのため、自分の気持ちを押し付けると、相手は窮屈に感じてしまうことも多いです。

特に長く付き合うことを考えるのであれば、相手の気持ちを尊重してあげることが重要で、もちろん自分の意見を伝えたい場合は、真剣に話せばわかってくれます。そこは上手な距離感が必要となってくるかもしれませんね。

まとめ

O型で左利きの人はかなりクセも強いので、付き合うのは大変かもしれません。しかし、慣れれば相手の自由奔放な姿に惹かれることも多いです。

こちらで紹介した性格や能力の特徴を知り、上手に恋愛に繋げてみてください。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.