感動・泣き

頭がよくなる方法まとめ!勉強方法とおすすめの生活習慣

投稿日:

子供の頃や大人になってからも、様々な場面で頭が良くなりたいと思ったことはありませんか?頭が良くなれば、勉強も進路も上手くいくのでは?仕事や人間関係も上手くいくのでは?と、多くの人は頭が良いことはメリットになると考えます。

そこで今回は、

  • 勉強方法を変えることのメリット
  • 自分に合う勉強方法探しのヒント
  • 勉強で知識を定着させるポイント
  • 頭のいい人から参考にしたいこと
  • 頭をよくする生活習慣

についてまとめてみました。頭が良くなるためにできることを知って、今日からでも始めてみましょう。

勉強方法を変えると頭が良くなる!

テスト前や受験勉強を思い出してみると、人によって勉強方法が違いますし、勉強する時間の長さも違います。今の勉強方法でなかなか成果が出ないと感じている人は、まずは方法から変えてみましょう。頭が良くなるための勉強方法とはどんなものなのでしょうか。

過去の経験から自分に合う勉強方法を考える

過去を振り返って、自分に合う勉強方法を考えてみましょう。短期集中型なのか長期的に積み重ねていくのか、朝型なのか夜型なのか、これまでの勉強方法で成果が出たのは、どんな勉強方法だったのかを考えてみましょう

何をいつやるのか自分に合った勉強方法を見つけることが、頭が良くなるための第一歩と言えるでしょう。

定着する勉強法を学ぶ

ただ闇雲に問題集を解いたり、暗記をしたりしても定着しなければ意味がありません。勉強をしたのにすぐに忘れてしまうのは、定着する勉強法を知らないからです。勉強をしていることに満足してしまって、勉強の方法に目を向けていないのです。

定着させるためには、何度も繰り返し勉強をするだけでなく、今やっている勉強の位置付けを明確にすることが大切です。

頭が良い人の行動を観察する

実際に頭が良いと思う人の行動をじっくりと観察してみましょう。頭が良い人の多くは、がむしゃらに勉強をしていません。効率的に学習したことを定着させるかに長けていることから、頭がいい人の行動を観察することで効率的な勉強法を知ることにも繋がります

同じことをしたからと言って、同じように頭が良くなるというわけではありませんが、少なからず収穫はあるはずです。

自分に合う勉強方法探しのヒント

過去を振り返ってみたが、自分に合う勉強法がなかなか見つからない、そもそもいろいろな勉強法を試したことがないという人に、自分に合う方法探しのヒントを紹介します。具体的な勉強法を知ることで、自分に合う勉強法を見つけやすくなるのではないでしょうか。

聞いて覚える:学習用CDを使う

目で見て覚える人、耳で聴いて覚える人など様々ですが、聴くというのはスキマ時間でも取り入れられるものであり、安易に学習を繰り返すことができます

例えば、英語の学習では度々取り入れられているのが、学習用CDです。学習用のCDをスキマ時間などに聴き続けることで、英語の音に慣れることができ、リスニングやスピーキングなどの学習に役立てることができます。

ただし、学習用CDを使う場合は、ある程度基礎ができていることが前提となります。

書いて覚える:ノートとペンを使う

勉強をするとき、何かを覚えるときは、とにかくノートとペンを使って書いて覚えるという人も多いのではないでしょうか。手を使って何かを書くことで、脳をフル活用しています。

ただし、闇雲に書きなぐっていては効率的とは言えず、書いて覚えるためには目的意識を持って勉強することが大切です。また書いて覚える際は、覚えたいことだけを書くのではなく、関連した事柄なども含めて、紐づけをして勉強するようにしましょう

見て覚える:学習用DVD

問題の解き方は参考書を見ても、説明を聞いてもなかなか解らなかったりします。そんな時は学習用DVDを取り入れることで、より明確に解き方などを知ることができますし、目で見た内容がしっかり頭に入っていることも多いです。

知識を定着させる勉強のポイント

学習したことを記憶として定着させるためには、いくつかのポイントを押さえることが大切です。そこで、定着する勉強法を学ぶポイントを3つ紹介します。

勉強する時間・スケジュールを決める

学習した内容を脳に定着させるためには、勉強する時間やスケジュールを意識しましょう。例えば、脳への定着をより効率的に行いたいのであれば、寝る前の30分間で勉強をします

脳は寝ている間に記憶を定着させるので、寝る前に勉強をすることでより記憶に残りやすくなります。また定着にかかる時間は最低でも6時間必要なので、勉強をした後はしっかり睡眠を取るようにしましょう。

この他にも日中は午後に勉強をするよりも、午前中に勉強をする方が脳の働きが活発なのでおすすめです。また闇雲に様々な教科の勉強をしても、スケジュールが上手く組み立てられていないと定着させることができません。

短時間の勉強を毎日続ける

記憶を定着させるには、ダラダラと長い時間勉強をしてもあまり意味がありません短時間のサイクルで効率的な勉強を毎日続けることが大切です。大人の集中力の限界は約1時間半です。

もちろん集中できる時間には個人差があるので、一概に一時間半と決めることはできませんが、何度か短時間のサイクルで勉強を続けていくうちに、自分が集中できる時間の限界を知ることができるようになります。

覚えるまで同じことを繰り返す

同じことを何度も繰り返して勉強をするのは、人によっては苦痛に感じるでしょう。ですが、頭の良い人の多くは予習よりも復習を重視しており、その中でも反復復習を多く取り入れています。

一度や二度勉強したからと言って、全てが脳に定着するわけではありません。何度も繰り返し勉強をすることで覚える方が、意外に近道だったりします。

単調な復習の繰り返しは苦痛で、より新しい知識を脳が求めることから、勉強をしていると復習をしないで次のテキストに手を伸ばしたくなりますが、ぐっと我慢して繰り返し勉強する癖を身につけましょう。

頭のいい人から参考にしたいこと

頭が良い人は、生まれたときから頭がいいわけではありません。自分に合った勉強法を見つけ、効率的に学習をすることで勉強を定着させて、今があります。

そこで、頭の良い人が知識を身につける方法を観察してみましょう。きっと自分にも取り入れることができるのではないでしょうか。

知識をどう実践に使うかを見る

知識を身につけることも大切ですが、知識は実践して成果を出すために存在し、自ら実践しなければ成果を出すことはできません。頭の良い人の多くは、知識実践派であり、知識と体験の両方を手に入れることで、さらに頭を良くしています

結果ではなく考え方に注目する

得た知識を実践して成果を出すことは大切なことですが、結果ではなく、どう考えたことによって成果を出すことができたのか、頭の良い人の考え方に着目してみましょう。

頭の良い人は、結果はもちろんですが、成果を出すために様々な視点から考えられる全ての結果を素早く予測することができます。そしてそれぞれの結果を導き出すためのプロセスを計画することができます

とりあえず行動しながら考えるのではなく、結果を出すための過程を考えることに長けています。

考え方のプロセスを尋ねる

実際に頭のいい人に考え方のプロセスを尋ねてみましょう。自分では思いつかないような考え方で結果を導き出しています。

自分なりに考え方のプロセスを持っているつもりでも、頭の良い人はもっと深い部分まで注目して、組み立てています。

生活習慣を変えて頭を良くする

頭を良くする方法として一番に挙げられるのは勉強法の見直しですが、日常生活の中にも頭を良くする方法はあります。特に毎日の生活習慣や脳にも大きく影響することから、普段の生活習慣を振り返って、頭をよくする生活習慣を意識してみましょう。

脳に良い食生活を心がける

例えばブドウ糖は、脳が働くために必要不可欠なエネルギー源です。エネルギーがなければ脳はガス欠を起こしてしまい、記憶力にも影響してしまいます。

中でも手軽に取り入れることができるのはレシチンで、大豆に多く含まれる栄養であり、納豆や豆腐、味噌などから摂取することができます。レシチンは脳細胞の抗生物質であり、脳の形成に必要不可欠な成分であり、他に神経伝達物質であるアセチルコリンの合成成分でもあります。

レシチンをしっかり摂取することで集中力や記憶力、判断力などを増大させることができます。そして最後に紹介するのが、DHAです。サバやアジ、イワシなどの青魚に含まれているDHAには、脳を活発にする作用があります。

集中できるように睡眠時間を確保する

睡眠不足は体や心に様々な影響を与えますが、脳も例外ではありません。勉強に必要な集中力を高めるためには、質の良い睡眠をしっかり取ることが大切です。睡眠時間の目安は7時間から8時間を意識しましょう

夜型生活を朝型生活に変える

集中力のゴールデンタイムは朝と言われています。朝と夜の集中力の差は2倍以上あると言われており、人間の集中力は起きたときの状態が一番いいです。時間が経つに連れて疲れてきますし、夜になればその疲れはピークに達します。

生活のスタイルを夜型から朝型に変えるだけでも、頭を良くすることができます。

頭が良い人と一緒に行動してマネをする

頭の良い人と行動を共にして、行動パターンをマネしてみましょう。頭が良くなりたいと思うのであれば、頭の良い人と同じ時間を過ごすことで刺激を受けることができますし、何気ない会話の中でさらに知識を広げることにも繋がります。

いろいろな人と会う

握手

頭を良くしたいと思うのであれば、勉強をすることも大切ですが、たくさんの人と会ってコミュニケーションを取りましょう。いろいろなタイプの人と触れ合うことで、脳を活性化することができ、頭を良くすることに役立てることができます

まとめ

頭が良くなりたいと漠然と思っている人は、まずは自分に合った勉強法を見つけて、学習したことを定着させることができるように工夫してみましょう。

また、実際に頭のいい人の行動を観察したり、頭が良くなる生活習慣を意識したりするのも大切なことです。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.