感動・泣き

人当たりがいい人は豊かな人生を送れる!考え方や行動のポイント

投稿日:

人当たりがいい、と言われたことはありませんか?人当たりがいい人は豊かな人生を歩めるとも言われますし、自分もそうなりたいと思っているほうもいるでしょう。そこで、ここでは

  • 人当たりがいい人のメリット
  • 人当たりがいい人の考え方
  • 人当たりがいい人になるための行動

と、人当たりがいい人のメリットや、考え方などについてまとめてみました。また、人当たりがいい人になるための行動についてもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

人当たりがいい人のメリット

人間関係を良好に保てる、職場でムードメーカーになれる、ケンカをしないのでストレスが少なくなるなどがメリットとして挙げられます。

ここでは、人当たりがいい人のメリットについてまとめたので、ぜひ目を通してください。

人間関係で損しない

人に不快な印象を与えないので、人間関係で損をすることがありません。誰に対しても丁寧に接することができますし、誰からも「感じのいい人」と思ってもらえるでしょう。

職場でも良好な人間関係を築くことができますし、誰からも慕われるような存在になれます。一方的に誰かから嫌われるということもほとんどありません。

職場の雰囲気をよくする

ネガティブなことを口にすることもなくムードメーカー的な存在なので、職場の雰囲気がよくなります。雰囲気が悪くなりそうになったときも、人当たりのいい人がいるだけで、場が和んでしまうのです。

他人の意見を尊重できる人でもあるので、職場で意見が分かれたとき、ぶつかったときなどもうまくまとめることができます。

困ったときには周囲が助けてくれる

基本的に誰からも好かれるような性格なので、困ったときには周りの人が助けてくれます。また、人当たりがいい人は、困っている人を見ると率先して助けようとします。

周りの人はそのこともよく理解しているので、困っているときには「今度は私が助けなくては」と思ってもらえるのです。さまざまなシーンで人のサポートが得られるでしょう。

さまざまな情報が入ってくる

人当たりが悪い人、嫌われている人だと、「あの人には言わないでおこう」といったことも起こります。しかし、人当たりがいい人だと、逆に「あの人には言ってあげたいね」となり、さまざまな情報が入ってくるのです。

お得な情報、今後に役立つ情報なども入ってきて、もしかすると人生を左右するような情報も得られるかもしれません。

ケンカがなくストレスが少ない

いつもニコニコしていますし、人に対してイライラするようなこともほぼないため、ケンカが起きません。

友人や職場の人、恋人などとケンカになることはまずないため、ストレスを抱えることもないのです。ストレスが少ないため、毎日高いモチベーションを保って働けますし、プライベートも充実させられます。

人当たりがいい人の考え方

ここでは、人当たりがいい人がどのような考え方をしているのかを、まとめてみました。

ネガティブなことは言わない、人の悪口は言わない、他人の意見を尊重する、などが挙げられます。より詳しくお話しましょう。

ネガティブなことは言わない

ネガティブなことを口にしてしまうと、それが現実のものになることがあります。人当たりがいい人は、普段からネガティブなことを言わないようにして、ポジティブなことしか言いません。

ネガティブな話題が人を不快にさせることもあるので、それについても理解しています。周りを不快にさせないため、ネガティブなことを言わないという気持ちもあるのです。

他人の悪口を言わない

他人の悪口は必ず自分に返ってくると考えています。そのため、腹の立つことがあったとしても、人の悪口を言うことはありません。

周りの人が誰かの悪口で盛り上がっているようなときでも、それに加わることはないでしょう。むしろ、悪口を言われている人のことをフォローするようなタイプです。

相手によって態度を変えない

誰に対しても、同じ態度で接することができます。自分でも意識して、人によって態度を変えないようにしています。

職場の上司でも同僚でも、部下でも同じように接するため、周りからは評判もよいでしょう。信頼できる人だと思われますし、大切な仕事を任されるようにもなるでしょう。

ほかの人の意見を尊重する

自分の意見もきちんと持っていますが、他人の意見も尊重できます。人によって考え方や価値観が異なることを、よく理解していますし、いろいろな意見があって当たり前だと思っているのです。

職場の会議でたくさんの意見が集まったときも、すべての意見を尊重できます。その上で、自分の意見とのすり合わせをしていこうとします。

めったに怒らない

腹が立たないというわけではありませんが、めったに怒ることはありません。つまり、感情的になりにくいということです。

何かをされたとき、言われたときなどは腹も立つものですが、そんなときでも感情的に声を荒らげるようなことはないでしょう。ただ、本気で怒ってしまったときにはほかの誰よりも怖いということがほとんどです。

人当たりがいい人になるための行動

ここでは、人当たりのいい人になるにはどうすればいいか、ということについてまとめてみました。

元気な挨拶を心がける、ゆっくり話す、困っている人に手を差し伸べる、などが挙げられます。詳しくご説明しましょう。

元気な挨拶を心がける

元気に挨拶すると、よい印象を与えることができます。人当たりがいい、とも思ってもらえるので、元気で明るい挨拶を日ごろから心がけましょう。

元気がいいだけでなく、素敵な笑顔で挨拶できるようになるとさらにいいですね。笑顔を作るのが苦手、というほうは、普段から鏡の前で笑顔の練習をしてみるのもおススメですよ。

ゆっくりと話す

早口で話す人は、何となくせっかちという印象を抱いてしまいます。また、早口だと相手にこちらの伝えたいことが伝わらないこともあるので、それが誤解を招いてしまうこともあるでしょう。

そうならないよう、普段からゆっくり丁寧に話すことを心がけてください。話していて少しずつ早くなるかもしれませんが、意識しておくと改善できます。

困っている人に手を差し伸べる

積極的に手を差し伸べるようにしましょう。人を思いやる気持ちを養えますし、その上助けた人からはありがたがられます。自分を助けてくれた人に対し、何か恩返しをしたいとも思われるでしょう。

もしかすると、これからの人生に影響を与えるような恩返しがあるかもしれません。見返り目的で人を助けるわけではありませんが、人の縁はどこでどう繋がり、何に影響するか分からないということです。

イライラしたら深呼吸する

イライラしてしまうシーンは多々あります。仕事でもプライベートでもイライラすることはありますが、そういうときは大きく深呼吸してみましょう

大きく息を吸って、ゆっくり吐いてください。思わず感情的になりそうなときも、深呼吸は効果的です。すぐに言葉に出してしまうのではなく、まず深呼吸してから口に出しましょう。

人に接するときは笑顔で

笑顔で接することを心がければ、人によい印象を与えられます。暗い表情でコミュニケーションをとるよりも、明るい笑顔で接したほうが、必ず印象はよくなります。

笑顔を作るときのポイントは、口角をしっかりと上げましょう。口角がきちんと上がっていないと、不自然な笑顔になってしまうので注意してください。普段から意識しましょう。

毎日、感謝の言葉を言う

感謝の言葉をできるだけ口にするようにしましょう。そうすることで、感謝をするのが当たり前のような気持ちになってきます。どんなことに対しても感謝できるようになれば、ゆとりのある心も手に入れられるでしょう。

何かをしてもらったときには、必ずありがとうと言うことです。この世のすべてに感謝し、毎日仕事があること、平和な日々を送れていることに対しても感謝するようにしてみましょう。

まとめ

人当たりがよくなれば、人間関係で損をすることもありませんし、誰とでも良好な関係を築くことができます。職場でもムードメーカーのようになれますし、上司からも高く評価されるようになるでしょう

ここでは、人当たりがよい人になるためのポイントについてもご紹介したので、さっそくでも試してください。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.