感動・泣き

落ち着いている人の10個の特徴!落ち着いた人になるには?

投稿日:

落ち着いている人になりたい、または落ち着いている人が素敵だと思う人は多いと思います。自分が同じようになりたくても、どうしたらいいのか分からないというのが正直なところ。

今回は、

  • 落ち着いている人の特徴10個
  • 仕事面でプラスになること
  • 恋愛面でプラスになること
  • 落ち着いている人になるためには

を解説していきます。落ち着きがあることで周囲の人からも好意的に見られることも多いため、一歩近ずくきっかけになればと思います。是非、参考にしてみてくださいね!

落ち着いている人の10個の特徴

落ち着いている人になりたいという人や、落ち着いている人に憧れている人は少なくありません。落ち着いている人は、それだけで素敵に見えるものです。そんな落ち着いている人の特徴を10個紹介します。

声が低い

声の高い人と低い人をイメージしたときに、声が低い人の方が落ち着いているように聞こえるものです。声の高さは生まれた要素でもありますが、落ち着いた雰囲気で話すときはいつもの声よりも低く意識することがポイントになってきます。

会話のテンポがゆったりしている

落ち着いている人は、会話のテンポが非常にゆったりしています。会話のテンポがゆっくりなので、話を聞く側も分かりやすく落ち着いた雰囲気に感じるでしょう。逆に会話が速い人はいつも焦っているような感じを受けます。話すテンポで印象はずいぶんと変わってきます。

聞き上手

落ち着いている人は聞き上手な人が多くいます。聞き上手なのは、話しやすい雰囲気を醸し出しているからです。その際にしっかり話を聞いているかという点は別になります。相槌が上手くても、肝心の話は聞いてない人は意外と少なくありません。その点、落ち着いている人は話しを理解し、きちんと反応してくれるますよね。

トラブルにも動じない

 

落ち着いている人は何かのトラブルが発生したときに、状況を把握してベストな対処法を考えることに尽力します。トラブルに動じないことは、落ち着いた人の印象をさらに強めます。トラブルに動じないだけでなく、対応力に優れている点も特徴です。

性格が大人しい

落ち着いている人は、自分から積極的に行くことはありません。大人しい性格の人が多く、トラブルになることもほとんどないです。ゆったり構えているので、周囲から親しまれやすい特徴もあります。

礼儀作法がしっかりとしている

礼儀作法がしっかりしている人は、きちんとしている人というイメージがあります。落ち着いている人の特徴として、礼儀作法はしっかりしている傾向です。そのため、周りから頼られる存在でもあります。

実年齢よりも大人っぽい見た目

落ち着いている人の特徴として、実年齢よりも少し大人っぽく見えることもあります。落ち着いた行動や所作の中で大人っぽさを感じることがあるようです。実年齢よりも上に見られることはネガティブなイメージもありますが、若いうちなら褒め言葉として捉えてもいいでしょう。

感情的な発言をしない

落ち着いた人というのは感情的な発言をしない特徴があります。腹が立ったときは怒り、悲しいときは悲しみを前面に出すなど、喜怒哀楽が激しい人は少なくありません。感情を外に出すことは大切ですが、大人になると感情のまま行動する人にあまり良い印象を持たなくなります。

場全体を客観視している

落ち着いている人は多角的な視野を持って広範囲を見る能力に長けています。その場全体を客観視することができるので、そのときにベストな案を提案することもできます。一歩引いた目線で物事を見ており、周囲の人から貴重な人材として重宝されます。

精神年齢が高い

精神年齢が高い人は、見た目以上に落ち着いて物事を見ることができます。大人になっても精神年齢が低い人はたくさんいます。見た目だけ大人でも、いつまでも心が子供の人が周囲にいると、しんどく感じるかもしれません。

落ち着いている人が仕事で得すること

落ち着いている人は、仕事でも得をしやすい特徴があります。会社が落ち着いている人材を求めているだけでなく、落ち着きの雰囲気には安心感や信頼感もあります。落ち着いている人が仕事で得をする内容は、どんなものがあるのでしょうか。

大事な仕事を任されやすい

落ち着いている人は、依頼されたことをしっかりやり遂げることができるので、大事な仕事を任されやすい特徴があります。また、大事な仕事を任されても順序よくこなすことができるので、さらに大きな仕事につながることもあるようです。そのため周囲からの人望も厚く安心感があります。

部下をまとめる仕事を任されやすい

部下をまとめる仕事を任されやすい人は、落ち着いている傾向にあります。人間関係の問題も客観視ができるので、最善の方法でまとめることができます。会社でトラブルが多いのは仕事よりも人間関係です。仕事を円滑に進めていくためにも、人間関係を正常化させていく必要があります。

ミスやトラブルが少ないと思われる

落ち着いている人は、確認作業のように基本的な作業に手を抜くことがありません。ヒューマンエラーが少なく、ミスやトラブルもないため、細かい仕事や会社の核となるような仕事を任されることが少なくありません。

トラブルがあったときに頼りにされる

落ち着いている人は相談役としても上手に立ち回ることができるため、トラブルがあったときも頼りにされます。また、仕事ではクレーム対応に向いており、冷静に問題と向き合ってそのときに最善な方法で対応する能力にも優れているようです。

男女ともに評判がよく嫌われない

落ち着いている人は、基本的に悪く言われることがありません。自分から進んで情報を発信することがないので、嫉みの対象になりにくいです。男女ともに評判がいい人が多く、偉そうにすることもありません。そのため相談役だけでなく、仲間や友達としても重宝されます。

落ち着いている人が恋愛で得すること

落ち着いている人は恋愛でもよくモテます。男性も女性も落ち着いている人には異性としての魅力がありますが、それは恋愛の中で得をすることにもつながります。では、具体的にどんな得をすることがあるのでしょうか。

異性から頼りにされるためモテる

落ち着いている人は、異性から頼りにされがちです。頼りになる人はかっこよく見えるもので、これは男女問わず共通して言えます。また、モテていても常に謙虚な姿勢で立ち振る舞っているので、嫉みの対象になりにくいです。

落ち着きがあるので結婚相手候補になる

 

落ち着きがある人は恋人候補だけでなく、結婚相手の候補になりやすい特徴があります。子供のように落ち着きがない人も、それはそれで刺激的かもしれません。しかし、長い結婚生活を考えるとリスクとなります。将来を共にする結婚だからこそ、落ち着きがある方が安心です。

落ち着いている人になる方法

落ち着いている人になるにはどうすればいいのでしょうか。落ち着いている人を参考にするのが一番ですが、普段から心がけることで落ち着いた人になることもできます。ここでは落ち着いている人になる方法を紹介します。

聞き上手に徹する

落ち着いている人になりたいという気持ちがあれば、自分の日頃を見直して落ち着いている人に寄せていくことが大切です。最初に心がけたいのは、人の話を聞くことに徹することです。落ち着いた人への道は、聞き上手になることから始まります。

仕事や人間関係について勉強する

落ち着いた人は日頃の勉強を欠かしません。知識を増やすという意味での勉強だけでなく、仕事や人間関係についても学ぶスタンスでいます。勉強していると学ぶ姿勢が身に付き、自然と落ち着いた雰囲気になります。本を読むことも落ち着いた気持ちを出すために有効です。

話すトーンやスピードに気を付ける

女性 友達

 

 

落ち着いた人になるためには、話し方のトーンやスピードに気を付ける必要があります。可能であれば、ボイスレコーダーやビデオカメラなどで、自分の話している声のトーンやスピードをチェックしてみましょう。自分が思っている以上に落ち着いてないと感じるはずです。

自分に自信を付ける

能ある鷹は爪を隠すという言葉があるように、落ち着いた人は人に見せない絶対的な自信を持っていることが多いです。自分に自信があるからこそ、落ち着いて物事を見ることができるとも言えるでしょう。自分に自信を持つことは難しいかもしれませんが、まずは筋トレなどで自分を鍛えることから始めるとよいでしょう。

まとめ

落ち着いている人の特徴について紹介しました。落ち着いている人になるためには、日頃から目標となる人を探して、模範にすることもおすすめです。話し方やトーンを変えるだけでも人の雰囲気は大きく変わります。まずは変えられるところから変えていきましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.