感動・泣き

短気な人の特徴と上手に付き合う10の方法

投稿日:

短気は損気と言われているように、短気な人には損なイメージしかありません。本来なら付き合うことを避けたいタイプですが、学校や会社などの付き合いで短期な人と付き合うことになる場合があります。

今回は、

  • 短気な人の傾向
  • 短気な人の本当の気持ち
  • 短気な人と上手く付き合う方法

についてご紹介します。周りに短気な人がいると疲れてしまうものですが、上手に付き合うことで本人も変わっていってくれるかもしれません!ぜひ、参考にしてみてくださいね!

短気な人の特徴

一般的に言われる短期の人はすぐに怒るというイメージがあります。しかし、細かく見ていくとさまざまな特徴があることに気付くでしょう。ここでは、短気な人の代表的な特徴について紹介します。

被害者意識が高い

短気な人はすぐに怒りますが、なぜ怒るのでしょうか。理由の一つに被害者意識の高さがあります。自分が被害者という意識が強いからこそ、すぐにカッとなって怒ってしまうのです。逆に加害者意識は低い特徴もあります。

非常に細かい性格

短気な人は沸点が低い特徴がありますが、沸点が低くても怒る対象が限定的なら怒る頻度は多くなりません。短気な人は非常に細かい性格で、怒りの対象が多くなっています。これが短気な人の性格の大きな特徴と言えるでしょう。

理屈っぽい

理屈っぽい人には短気な人が多くいます。理屈で話す人は自分ルールが細かく存在しています。そこに納得がいかないと、すぐに怒りの対象になってしまうのです。理屈っぽさと短気さは直結しています。

力の強いものには弱い

短気な人は力が強い人に対して総じて弱い傾向にあるようです。上下関係がしっかりしており、同じ内容でも自分より強い人には何も言わず、自分よりも弱い人にはひどい叱責をします。人によって態度をコロコロ変えてしまうのも短気な人の特徴です。

他人に厳しく自分に甘い

 

短気な人は他人に厳しい反面、自分に対してかなり甘いという特徴があります。人がしたら許せないことでも、自分のミスだと簡単に許す傾向です。そんな態度は周囲にも伝わるため、嫌われてしまう原因になります。

短気な人の心理状態

短気な人の心理状態はどうなっているのでしょうか。いつも強気なので、強い人と感じるかもしれません。しかし、短気な人の心の心理状態を知っていくと想像とは違う人物像が現れてきます。

自分に自信がない

女性

短気な人がすぐに怒る理由として、自分に自信がないことが挙げられます。弱い犬ほどよく吠えるという言葉がありますが、弱い人は自分を大きく見せようとして怒るようです。その怒りは自分への自信のなさが現れています。

プライドを傷つけられた

短気な人はプライドも高い傾向です。このプライドはすぐに傷ついてしまうため、少しのことで怒ってしまいます。プライドが傷つけられると言っても、自分で勝手に傷ついているだけの場合も多いです。

日常的な睡眠不足

日常的な睡眠不足が続いてくると、正常な判断ができなくなってしまいます。ちょっとしたことで怒りやすくなるのも、睡眠不足が原因なことが多いです。短気な人は日常的に睡眠不足に陥っているケースがあります。

出来事に対する不安・心配

短気な人は常に不安や心配という感情で心を覆っています。不安で心配だから攻撃的になってしまうのです。災害が起こったときに短気になる人は多いのですが、これも不安や心配の感情から攻撃的になることが理由となります。短気の人は常にこのような不安を抱いているため、余裕がなくて攻撃的になってしまうようです。

精神的に不安定

精神的に不安定になっていても攻撃的になってしまいます。不安は怒りに転化されやすいことが特徴です。ちょっとした事にも不安を感じたり、いつも焦っているようになっている場合、大したことではなくても短絡的に怒りを感じてしまう傾向にあるようです。

理想が高い

 

理想の高い人はたくさんいます。理想を持つことは大切ですが、理想通りにいかない場合でも許容できるメンタルを持ち合わせてないと怒る原因になるでしょう。短気な性格を改善するためには、理想を高くしすぎないようにする必要もあります。

短気な人と上手に付き合う方法

短気な人と付き合うことはなかなか難しいものです。しかし、短気な人の心理や特徴を知ればある程度理解できるところもあります。ここでは短気な人と上手に付き合っていくための方法やコツを紹介していきます。

相手が感情的でも自分は冷静に対処する

短気な人には冷静に接することが一番です。短気な人が怒っている姿を見ると腹が立つのは分かりますが、そこで怒ってしまうと火に油を注ぐ事態になります。言いたいことがあるなら、相手が落ち着いたときに冷静に言うようにしましょう。

距離を少し置く

 

短気な人と付き合うときは、距離を少し置くようにしましょう。距離を縮めたままだと、精神的に疲れてしまいます。また、少し距離を置いておくことで客観的に物事を見れるようになるので、少しのことではイライラしなくなるものです。

短気な人が怒っているのを見て同情する

短気な人が怒っているときは、その姿を見て同情するのもよいでしょう。同情は憐れむことであり、本質的には相手を見下しているような感じです。一時的に優越感を持つことによって、短気な人が怒っていることも許せるようになります。ただ、あからさまにな同情の態度を取ることで相手を更に怒らせてしまうこともあるので、心の中だけで思うようにしましょう…

相手の自慢話は聞き流す

短気な人は自分を大きく見せようとします。そのため、嘘か本当か分からないような自慢話しもたくさんする傾向です。その度に反応していると、相手の内容はエスカレートします。無視することはいけませんが、なるべく自慢話は聞き流しましょう

相手に理解してもらおうとしない

短気な人には基本的に何も求めないようにするスタンスが一番です。自分のことを理解してもらいたいという気持ちがあっても、理解を求めないようにしましょう。相手に求めるものが多くなると、それが実現しないことにイライラ感が募ります。

言い返す時は論理立てて反論の余地を無くす

 

短気な人との争いはできるだけ避けたいものです。しかし、あまりにも内容がひどいときには反論するのもありです。反論するときは、理論立てて反論の余地を無くしていきましょう。感情的になってしまうと向こうの思うつぼなので注意が必要です。ただし、理論立てて反論しても、相手が逆上するときもあるため気をつけましょう。

おだてて上手に扱う

短気な人は意外と単純な人が多いことも特徴です。褒めると調子に乗る場合も多いので、短気な人が怒っているときは、おだてて上手に扱うことも選択肢の一つでしょう。褒めることがしんどいと思うかもしれませんが、この方法は平和的な解決しやすい方法です。ただし、調子に乗るとすぐに怒り出すこともあるので注意しましょう。

相手のことが気に入らなくても尊重する

短気な人に魅力を感じなくても、相手のことを尊重することは諦めないようにしましょう。短気な人は弱くてプライドが高い性格の持ち主です。尊重されることで、どうにか自分を保つことができています。プライドが傷ついてしまうと突拍子もない行動に出ることもあるので、相手のことが気に入らなくても尊重してあげましょう。

重要な仕事や話題はふらない

短気な人はプライドだけは人一番に高いので、自分から会社の重要な職務に名乗りを上げることがあります。この際にトラブルの元になることが想定されるため、重要な仕事や話題はなるべくふらないようにするのが無難です。

とりあえず話を最後まで聞く

短気な人が怒り出すと収拾がつかなくなることがあります。短気と言ってもいきなり怒るのではなく、大抵は不機嫌になってから怒り出すパターンが多いです。短気な人と接するときは、とりあえず最後まで話を聞くようにしましょう。そこで共感してもらえたと実感すれば怒りの感情は冷めてきます

まとめ

短気な人は面倒な人が多く、周りにいる人が我慢しなければならないケースが多くあります。しかし、短気な人は短気な人なりに問題を抱えているものです。また、思い通りにならないとすぐに怒り出すため注意が必要です。身近に短気な人がいる場合は、この内容を参考にしてみてください。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.