感動・泣き

センスのいい人の特徴は?センスを身に付ける方法

投稿日:

センスがいい、と人から言われるとうれしいですよね。センスのいい人は好かれやすいですし、友達も増えます。しかし、いったいどうすればセンスは身につくのでしょうか。

ここでは、

  • センスのいい人のファッション
  • センスが問われるスキル
  • センスを磨くポイント

などについてまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

センスのいい人は好かれる

センスがいいと友達が増えますし、職場での評判もよくなります。恋人や結婚相手の候補にもなりやすいので、幸せな人生を送ることも可能になるでしょう。ここでは、センスのいい人が好かれる事実をお伝えします。

友達が増える


センスのいい人は、たくさんの友達がいます。その人のセンスに魅力を感じ、たくさんの人が近寄ってくるからです。ファッションセンスがいい人だと、一緒にいて自分も鼻が高いですし、勉強にもなるため友達も増えるでしょう。いろいろな人との出会いがあります。

職場でも評判がいい

センスがいい人は仕事もデキます。難しい仕事でもスピーディに仕上げてくれますし、安心して任せられるため上司からも高く評価されています。職場の上司だけでなく、同僚や後輩からも信頼されていますし、総じて評判はいいと言えるでしょう。評判が良いため出世もしやすいです。

恋人候補や結婚相手候補になりやすい

恋人や結婚相手の候補になりやすいという特徴があります。センスがいい人は料理が上手だったり、運動神経も良かったりします。また、文章や会話も上手で、一緒にいる人を飽きさせることがありません。こうした理由から、お付き合いしたいと考える異性がたくさんいますし、結婚したいという異性もたくさんいます。

センスのいい人のファッション

センスがいい人は、どのようなファッションを心がけているのでしょうか。自分に合った服装を選んでいる、年齢に合わせている、小物にこだわっているなどが挙げられます。ここでは、センスがいい人のファッションに着目しました。

自分に合った服装を着ている

服選び ファッション
オシャレで大切なのは、自分に合った服を着るということです。どんなにトレンドでも、どれほど素敵なデザインの服でも、自分の体形や顔立ちに似合わない服はNGです。センスがいい人は、直感的にそれを理解していますし、自分に合う服しか選びません。しかも、それをセンスよく着こなしてしまいます。

年齢に合わせた服装を心がけている

年齢にマッチした服を着る、というのもオシャレでは大切なポイントですね。明らかに10代の女子が着るような服を、30~40代の女性が着ていると、違和感しかありません。どうしても着たい、という方もいますが、センスがいい人は年齢に合った服を着ることを心がけています。

TPOに合わせた服装を理解している

TPOに合わせた服を選ぶというのは、社会人として当然のことです。TPOに合っていない服を着てしまうと、非常識と思われてしまいますし、一緒にいる人にも恥をかかせてしまうでしょう。そのシーンにもっともマッチした服を選んでいますし、悪目立ちするようなこともありません

小物選びにこだわっている

さりげなく小物で魅せているのも、ファッションセンスがいい人の特徴です。小物選びにこだわりを持っている人が多く、それをアクセントとしてさりげなくアピールできるのです。こうしたことができるのも、センスがあるからでしょう。

アイロンをかけた服装を着ている

アイロンをかけた服はピシッとしていますよね。センスがいい人は、アイロンがけした服を着るようにしていますし、それゆえにいつもピシッとした印象があります。しっかりした人、真面目で誠実な人、という印象も与えられますよね。

ファッションだけじゃない!センスが問われるスキル

センスがいい、というのはファッションだけに限ったことではありません。センスが求められることはたくさんありますし、料理や絵、文章、会話などにもセンスが求められます。ここでは、センスが問われるスキルをご紹介しましょう。

料理上手


料理上手と言われる人は、たいていセンスがいいです。調味料を使うときも、目分量で絶妙な味加減にしてしまいます。旬の食材を上手に使って調理できますし、冷蔵庫の中のあまりものを使って、ササっと料理することもできます。女性なら誰でも料理のセンスは欲しいと思っているかもしれませんね。

運動神経がいい

運動もセンスが必要と言われています。テクニックはもちろん、センスのほうが大事とも言われているのです。運動神経がいい人は、たいてい運動に関するセンスがいいですし、優れた成績も残しやすいです。運動センスがある人だと、学生時代から優秀な成績を残したり、よい記録を残し続けていますよね。

文章がうまい

文章がうまいというのは、日本語を上手に使えるということだけではありません。読んでいて面白いと思える文章かどうか、読み手に伝わりやすい、分かりやすい文章かどうかが大切です。文章のセンスがある人は、そうしたことをあまり意識せず、面白い文章、読みやすい文章を書いてしまいます。無意識にできるからセンスなのかもしれません。

絵がうまい


絵はアーティスティックなセンスが求められます。センスがある人は絵の構図からして違いますし、独特な色使いをしています。普通の人は描かないようなものをモチーフにしたり、斬新な色使いをするようなケースも少なくありません。もっともセンスが求められるのは、こうした芸術方面かもしれませんね。

会話が上手

会話の組み立てにもセンスが必要です。会話をしていて、楽しい、落ち着くと思ったことはありませんか?そのようなケースだと、会話をしている相手にセンスがあると考えられます。上手に会話を組み立てることができる、タイミングを意識しながら言葉を発することができる人なのです。

センスを身に付ける方法

いったいどうすれば、センスを身につけられるのでしょうか。自分を理解する、自分の得意分野で勝負する、トレンドをチェックするといった方法があります。ここでは、センスを身につける方法についてまとめています。

自分を理解する

まずは自分を理解することから始めましょう。自分のことは自分が一番よく知っている、という方は多いですが、実際にはそうでもありません。客観的に自分を見ることはそうありませんし、知っているつもりになっていることがほとんどなのです。客観的に自分を見つめ、自分自身を理解することから始めましょう

自分の得意分野で勝負する

わざわざ苦手な分野、よく分からないジャンルで勝負する必要はありません。絵を描くのが得意なら絵で、文章なら文章、運動なら運動と、自分が得意とするジャンルで勝負しましょう。馴染みがあり、よく理解できている世界なら、センスも磨きやすいです

流行をチェックする


センスがいいと言われるようになるには、流行のチェックは欠かせません。トレンドから外れてしまうと、センスがない、ダサいと言われてしまうこともあるでしょう。特にファッションの世界などはそれが顕著です。今はインターネットもあるので、トレンドを探るのも簡単になりましたね。ファッション誌とネットを駆使して、トレンドを探りましょう。

さまざまな経験をして視野を広げる

視野を広げることが、センスを磨くことに繋がります。いろいろな経験をすることで、視野を広げられるので、新しいことにもどんどんチャレンジしてみましょう。視野が広がり経験値も増えれば、あなたのセンスもより磨かれます。

その道の詳しい人やプロのまねをする

センスを身につけるのに手っ取り早いのは、誰かをお手本にしてマネをすることです。例えば、ギター演奏のセンスを磨きたいのなら、好きなギタリストの動画をひたすら観るなどして、マネをしてください。まったく同じように演奏できるまでトレーニングすれば、そのプロセスでセンスも身につけられています

まとめ


センスがあれば異性からもモテますし、職場でも重宝されるようになります。センスがあれば、さまざまな分野で活躍できるようにもなるので、ぜひセンスを身につけてくださいね。流行をチェックする、視野を広げる、得意な分野で勝負するといったことを覚えておきましょう。頑張ってセンスを身につけてくださいね。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.