感動・泣き

数秘術2の性格傾向・恋愛運は?運勢アップ法も教えます!

投稿日:

生年月日を使って運命数を導き出すことで人生全体の把握に繋げられる、数秘術。厳密にはカバラ数秘術と呼ばれており、長い歴史を誇ります。ユダヤ人の時代に生み出されたため、ユダヤ最高の占術などとも称されているそうです。以下で取り上げているのは、カバラ数秘術における運命数のひとつ、「2」の特徴です。前半で紹介する計算法によって2が出たのであれば、目を通しておいて損はありません。より充実感のある人生に、役立てられるでしょう。

数秘術2の性格の傾向

生年月日を使って考えるカバラ数秘術。初めて知る人からすると、複雑で難しそうな印象を受けるかもしれません。ですが実際は、流行りのありふれた占い以上に簡単!西暦から始まる生年月日の数字を足し合わせて、一桁の数字、もしくはぞろ目の数字にするだけだからです。

そんな数秘術の運命数2が今回のテーマです。2の人は、どのような性格傾向をしているのでしょうか。

常に柔らかな雰囲気で穏やか


2の数字の人は、穏やかな性格をしています。争いを好まないため、相手を威圧するような接し方は好みません。いかに平和な関係を築けるかにこだわるため、協調性があり柔らかな物腰をしています。そのため、周囲にいる多くの人が好感を覚えます。誰からも好かれる立ち位置で、穏やかな日々を過ごせるでしょう。

協調性と知性がある

運命数2の人には生まれ持った天性ともいえる協調性や穏やかさがあります。これは、生まれ持っての高い知性があるからこそです。そのため、コミュニケーション上手な上気品もまとうことができるでしょう。

対人能力が高い

コミュニケーションを得意としているのは、繊細な心の持ち主であるからこそ。相手の感情を細かに察することで、適切な会話や反応ができるのです。加えて、穏やかな性格からくる優しさや思いやりも伴います。あらゆるタイプの人から、慕われるでしょう。表立ってリーダー格になる性格ではありませんが、影のリーダーのような立ち位置になりやすいです。

場の空気の変化を敏感に察する

察することができるのは、会話相手の気持ちだけでもありません。集団の中における、場の空気もまた敏感に読み取れます。これもまた、影のリーダーのような立ち位置で慕われる理由といえます。場の空気を把握しながら、縁の下の力持ちのようなスタンスで全体を思いやることができます。

他者をサポートすることに喜びを感じる


空気が読めるからといって、かならずしも全体を気遣う必要はありません。にもかかわらず、前述の通り2の人は縁の下の力持ちとして場を思いやります

理由は、他者をサポートすることに喜びを感じるタイプだからです。そのため、参謀として手腕をふるえる立ち位置で活躍できます。一方で、自分のための行動においてはあまりモチベーションが上がらないという特徴も持っています。

争いが嫌い

とにかく平和的であるため、争いを好みません。繊細な心を持っており、人の痛みが分かるからが理由です。傷つく言葉を使うと、どんな痛みを感じるか、2の人はそれを十分に理解しています。ですが、少々度を越えた争い嫌いである場合も。はっきり言うべきところでも発言できず、損してしまうケースも少なくありません。

自分で決断して責任を負うことが苦手

2の人が注意すべき傾向として、ネガティブ思考があります。何ごとも深刻に考えてしまうため、前向きに考えることが苦手です。自分で決断すべき場面でも、マイナスなイメージが先行してしまうため、責任を負うことを嫌います。逆に、責任の伴わない白黒はっきりしない立場を好みます。

とはいえ、あらかじめ最悪の展開をイメージしておけば、本当にそのようなリスクが起こったとき冷静に対処できるでしょう。かならずしも、デメリットとなる特徴でもありません。

感受性が強く想像力豊か


繊細な心は、豊かな感受性ともいいかえられます。さらにこれにより際立っているのが、想像力です。人にはない自分の世界で想像を膨らませられるため、「自分がこれをしたら相手はどう思うだろう」ということをきちんと想像し、行動に移せるタイプの人です。なので、人を傷つけるようなことはしません。

ただ繊細ゆえに人の言葉を悪く捉えてしまい、どんどん悪い方に考えてしまうという欠点も。想像力の豊かさも相まって、いわゆる「考え過ぎ」の状態にもなりがちです。

数秘術2の恋愛傾向と相性のいい数字

恋愛はやっぱり相性が大事。数秘術は参考程度に見てみてくださいね。

数秘術2の人は穏やかでのんびりした性格だけに、はっきりと意見を言い、物事を進めるタイプの性格は合わないかもしれません。そうした相性は、恋愛傾向を知ることで把握できます。以下、参考にしてください。

感受性が高くロマンチックな恋愛を求める

感受性の高さと豊かな想像力が伴うため、ありふれた恋愛はあまり好みません。ロマンチックで運命的な恋愛にこそ、充実を感じるでしょう。とはいえ、創造は無限にできてしまうので、高望みし過ぎには注意すべきかもしれません。

好き嫌いが激しく恋に落ちるまで時間がかかる

誰とでもコミュニケーションがとれる穏やかな性格ですが、恋愛相手についてはこだわりを持っています。穏やかさとは裏腹に、意外にも好き嫌いが激しいため、本当に気に入った人や深く知っている人でなければ、恋に落ちません。ある種の、奥手のような性格でもあるでしょう。

恋に落ちると献身的


恋に落ちるまで時間がかかる一方、いざ恋愛に発展すると献身的です。持ち前の思いやりをひとりに集中させるため、大きな愛情を注げるでしょう。それこそ、相手にとっては重すぎると感じられる場合もあるほどです。

相性のいい数字は4と6

運命数の観点から相性を考えると、分かりやすいです。2が恋愛する相手として適しているのは、4と6でしょう。どちらにも共通しているのは、穏やかで繊細な心を持っていること。共感できる部分が多いので、良い関係を築けるでしょう。

数秘術2の向いている仕事

性格の傾向から、適職を考えることも可能です。2の能力が発揮できる仕事、やりがいを感じられる仕事はどういったものでしょうか。

強い感受性や想像力が活かせる仕事

感受性の高さや想像力は、自分だけの世界を表現することに適しています。そのため、芸術家や作家といった無から有を生み出す仕事に向いているでしょう。また、ひとつの世界に深く没頭できるため、宗教家としても活躍が期待できます。

人をサポートする仕事


持ち前の献身性も、業種によっては重宝されます。それこそ2は人に尽くすことで幸せすら感じられるタイプなので、やりがいある職場となるでしょう。秘書・保育士・介護職・看護師がその代表例です。

数秘術2の運勢アップのポイント

自分の生年月日が2だからといって、かならずしも数秘術の考え通り人生を送る必要はありません。運勢をアップさせることで、デメリット面を抑えて特色の強調された生き方をすることも可能です。2ならではの運勢アップについて、チェックしておきましょう。

人をサポートして信頼を得ることで自分の運勢も上昇する

2の特徴である献身性をしっかり働かせることで、運勢アップが期待できます。他者に献身的になれば、その分自分への負担は大きくなるでしょう。心身共に、疲労が溜まってしまいます。ですが。運勢に関しては逆に高まっていきます。スピリチュアルな観点ではもちろん、献身的なおこないに幸せを感じる本人もまた、充実した気分になれるでしょう。人にサポートできる場があれば、協力しない手はありません。

他者からの助けを当然と思わず常に謙虚でいると運勢上昇

自分からおこなうサポートが運勢アップに繋がる一方、他者からの優しさは安易に受けない方が良いでしょう。そこに甘んじてしまうと、せっかくの献身で得られた運気も逃げてしまいます。とはいえ、本当に辛いときは人を頼り助けてもらうのも大事。優しさを受け取る場合も、謙虚な気持ちを忘れないようにすることで運勢は高められます。

決断力が乏し過ぎると本質を見極められず気力も低下するので注意


前述の通り、2は白黒はっきりつけることを苦手としています。ですが、決断を避け過ぎるのはあまりおすすめできません。自分で物ごとを決めることから逃げ続けていると、本質の見極めができず気力が低下してしまうためです。苦手な作業とはいえ、最低限は自分でも決断するようにしてください。

まとめ

2の運命数には、デメリットとなる特徴もいくつか見られます。ですが、数秘術で理解できていれば、どのような状況が起きても冷静に対処できるでしょう。加えて、2の良さを活かした理想的な生き方にも繋げられます。当記事を役立てて、2に生まれて良かったといえる充実の人生を目指してみてください。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.