感動・泣き

他人に興味がない人が心がけたいこと!他人への関心セルフチェック付き

投稿日:

他人に興味がない、なさそうと言われたことはありませんか?もっと人に興味を持ったほうがいい、持つべきなどと言われることもありますよね。しかし、どうして他人に興味がないといけないのでしょうか。

ここでは、

  • 他人に興味がないことの弊害
  • 他人に興味がないのか見極めるセルフチェック
  • 人に興味を持つために心がけたいこと

についてご紹介しましょう。

他人に興味がないと何がいけないの?

そもそも、他人に興味がないことはそんなにいけないことなのでしょうか。今までの人生で別に困ったことなど一度もなかったと思う方もいるかもしれません。ここでは、他人に興味がないことで生じることをお伝えします。

会話が盛り上がらないことがある

会話をしている相手に興味を持てないと、何を聞いても「ふーん」となってしまいます。興味がないので、話をきちんと聞かないこともありますし、それ以上会話を広げようという気にもなりません。

当たり障りのない会話になってしまいがちですし、会話していて楽しくないと思われる可能性もあります。いろいろな人からそう思われてしまうと、積極的にコミュニケーションをとろうとする人も少なくなってしまいます。

友達が増えず交友関係が広がらない

人に興味を持てないと友達も増えません。「この人のことをもっと知りたい」「友達になりたい」という感情が湧かず、浅い交流しかできないからです。

友達が増えないため、交友関係もそれ以上広がりません。狭いコミュニティの中で生きていくことになりますし、視野も狭くなってしまいます。今近くにいる人が去ってしまうと、一人になってしまうかもしれません。

価値観が広がらない

人との関わりが最小限になってしまうため、価値観も広がりません。いろいろな人と関わり合うことで、さまざまな価値観があることを知れますが、それができないのです。

今ある価値観がすべてだと思ってしまいますし、それ以上の成長が見込めなくなるかもしれません。人に興味を持てないと、このような弊害も生じてしまいます。

今のままが嫌だと思う人は改善してみよう

他人に興味を持たずとも、生きていくことは可能です。しかし、もしあなたが今の状況を嫌だと感じているのなら、改善する努力をしてみませんか?努力次第で他人に興味を持てるようになりますよ。

人に興味を持てるようになると、積極的にコミュニケーションをとるようになりますし、交友関係も広がります。いろいろなタイプの人と関わることで、自分自身の成長にもつながるでしょう。

他人に興味がない人のセルフチェック

自分は他人に興味を持っている、と思っていても、周りからはそう思われていないこともあります。そこで、セルフチェック項目を用意しました。該当する部分が多いと、他人に興味を持てない人かもしれません。

承認欲求や自己顕示欲が強いと感じる

承認欲求が強いと、常に誰かに自分を認めてほしいと思います。他人に興味は持ちませんが、人に自分を認めてほしいという欲求だけは人一倍あるタイプです。

また、自己顕示欲が強いと感じているのなら、他人に興味を持てない人かもしれません。このタイプは、常に自分が前に前に出ようとします。とにかく自分を誇示したがりますし、他人のことよりも自分のこと、というスタンスです。

毎日の生活で精いっぱい

日々の生活だけで精いっぱい、という人だと、とても他人に興味を向けることができません。まずは自分が生きていくことを第一に考えますし、他人のことを知りたいとも思わないのです。

仕事が忙しすぎる人、経済的に困窮しているような人だと、日々の生活がいっぱいいっぱいになってしまいます。このような状況で人に興味を持つことは少ないでしょう。

なぜか自信はある

何の根拠もないのに自信だけはある、という方はいませんか?このタイプも、他人にあまり興味を持てないかもしれません。自信があるだけに、人から何かを学ぶということをしようとしないからです。

自分の考え方や行動が一番正しいと思っているため、人の振り見て我が振り直せ、ということをしようともしません。

過去に裏切られた経験がある

信じていた人に裏切られた、という経験があると人を信じられなくなります。信用すると裏切られる、裏切られると自分が傷つくという図式が出来上がっており、人に対して興味を持たなくなります。

人に興味を持ってしまうと、もっとその人のことを知りたくなります。そうなると、自然と親密な関係にもなるでしょうし、深い仲になるかもしれません。そうなってから裏切られたときのことを考えてしまうので、興味を持たないようにしています。

単独行動が多い

集団で行動するのが苦手、というケースもありますが、他人との関わりをなるべく避けたい方も単独行動が多いです。人の意見を聞きたくない、周りに流されたくないという気持ちもあるのかもしれません。

このタイプは、集団で行動するときでもなるべく一人になろうとします。そのため、周りからは協調性がないと思われてしまったり、変わり者と見られてしまったりすることもあります。

話し下手だと感じる

話し下手なのは、他人に興味を持てないからかもしれません。相手に対して興味を持てないため、何を話していいのか分からず、スムーズな会話ができません。

すぐに会話が詰まってしまう、言葉が出てこなくなる、ということはありませんか?相手に少しでも興味があれば、趣味や仕事などについて質問もできるでしょう。それができないのは、興味を持てていないからです。

聞き上手だと思う

聞き上手は会話上手とも言われますが、意図せず聞き上手になっていることもあります。これは、単純に自分から相手と話したいとは思っていないため、相手の話を聞くだけになっている状態です。

聞き上手の人は、相手からしっかり話を聞きながら、適度に相槌やリアクションを織り交ぜています。また、アドバイスをすることも少なくありません。他人に興味のない聞き上手だと、本当にただ話を聞いているだけです。

暗黙のルールがわからない

明確にルールとして決まっているわけではないものの、慣習として決まっているものを暗黙の了解、ルールと呼びます。こうした暗黙のルールが分からないという方も、他人に興味が持てない人である可能性があります。

暗黙のルールが分かっていれば、相手が不快になったり、傷つくような言動をすることはありません。しかし、他人に興味を持てず、暗黙のルールが分からない人は、平気でそのようなことを言ってしまうのです。

仕事中に邪魔されるとイライラする

仕事中に、同僚や後輩がコミュニケーションをとってくることもあるでしょう。このようなとき、笑顔で応じられる人もいれば、イライラしてしまう人もいます。もし、イライラしてしまうのなら要注意です。

他人に興味を持てる人なら、コミュニケーションをとってきた理由を知りたがります。どんな話題なのだろう、と興味を持ちますが、他人に興味がない人は、単純に仕事を邪魔されたという怒りを発動してしまうのです。

他人の話をあまり覚えていない

相手からされた話をあまり覚えていないのも、他人に興味を持っていないからだと考えられます。「この前の話覚えてる?」と聞かれて、まったく覚えていなかったことはありませんか?

もし、相手に少しでも興味を持っていれば、多少話の内容は覚えているでしょう。相手に興味がないと、話が右から左へと抜けていってしまいます。真面目に聞く必要もないと思っているのかもしれません。

他人に興味を持つために心がけたいこと

もっと他人に興味を持てるようになりたい、と思っているのなら、ここでご紹介することを心がけてみましょう。新しいことにチャレンジしたり、他人の話をよく聞く、友達と出かけるなどが挙げられます。詳しく見てみましょう。

新しいことにチャレンジする

新しいことにチャレンジすると視野が広がります。そこで面白い、楽しいと感じると、新しいことに興味を持つ素晴らしさを理解できるでしょう。そうすれば、自分以外の人にも興味を持てるようになります。

できることなら、今までほとんど興味を持てなかった分野にチャレンジしてみましょう。今までにはまったく分からなかった素晴らしさに気づければ、他人に興味を持つことの大切さにも気づけます。

自分の興味を自己分析する

自分がどのようなことに興味を持っているのかを自己分析してみましょう。頭の中で整理できないのなら、紙に書いてみるのも良いでしょう。

興味を自己分析し、自分と同じような趣味、嗜好を持つ人とコミュニケーションをとってみましょう。同じものに興味を持っている人となら、スムーズにコミュニケーションもとれるでしょう。

他人の話はよく聞く

他人に興味を持てない人は、人の話をあまり聞いていません。右から左に受け流していますし、生返事になってしまうことも多いです。まずはそれをやめてみましょう。

会話をしているときには、きちんと聞くことを心がけてください。また、ただ聞いているだけでなく、途中で自分の意見や感想を言ってあげましょう。それを習慣づけていけば、他人に興味が持てるようになります。

雑談力を鍛える

雑談力を鍛えることで、他人とコミュニケーションがとりやすくなります。また、あまり興味を持てない人ともスムーズな会話ができるようになり、次第に相手に興味を持てるようになるでしょう。

雑談力を鍛える方法ですが、基本は会話そのものに慣れることです。また、相槌やリアクションのバリエーションも増やしてみましょう。

慕ってくれる人を大事にする

自分のことを慕ってくれている人に対して興味がない素振りをしていると、次第に離れていってしまいます。慕ってくれているのは、あなたに魅力を感じているからであり、信頼しているからでもあるでしょう。

そのような人をないがしろにしていると、どんどん人が離れていきます。慕ってくれる人を大事にできるようになれば、自然と人に興味を持てるようになります。

友達と出かける

普段から一人で過ごすことが多いという方はなるべく友達と出かけるようにしましょう。友達と出かけることが多くなれば、自然とその友達のことをもっと知りたいと考えるようになります。

仲のいい人との交流を増やす

交流を増やすことで、人に興味を持つことの楽しさも覚えるようになります。こうなってくれば、だいぶよい兆候といえるでしょう。もともと仲のいい人との交流を増やし、さらに交友関係も広げていきましょう。いろいろな人と出会い、いろいろな人に対して興味を持つようにしてくださいね。

まとめ

他人に興味がないと会話が盛り上がらない、交友関係が広がらない、価値観が広がらず成長できないといった弊害があります。人にもっと興味を持てるようになれば、より豊かな人生を送れるようになるでしょう。

他人の話をよく聞き、雑談力を鍛えるなどの心がけで、他人に少しずつ興味を持てるようになってきます。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.