感動・泣き

ダメな上司とうまく付き合う方法は?ダメ上司の特徴と対処法

投稿日:

会社という組織の中に入って仕事をするとなると、人間関係を良好に保つことも必要になります。時にはダメな上司とも上手に付き合う必要があるわけですが、どのように接すれば良いのかは難しいものです。

  • ダメな上司の特徴
  • ダメな上司への対処法

について見ていきましょう。

ダメな上司とは?その特徴

ダメな上司の特徴さえインプットしてしまえば、どのカテゴリーに分類され、そしてどのように対処をしていけば良いのかが分かります。パーソナリティを的確に分類して、効率的に対処していくように心掛けましょう。それではまずはダメな上司の特徴について見ていきましょう。

人の話を聞かない

人の話を聞かない上司はダメな上司の典型例です。部下が何を言ったとしても反抗的と捉えられてしまい、たとえ必要な連絡であったとしても取り合ってもらえないこともあります。

部下が社会人の基本「報連相」を率先して行っても鬱陶しがられるといったケースも起こるほどです。良い上司はたとえ忙しい時であったとしても、部下の声を軽視することはありません。

トラブルが起きたときに逃げる・責任感がない

トラブルが起きた時には上司がしっかりと指揮を取り、迅速に対応する必要があります。しかし、ダメな上司はそんな緊急事態に何も動かなかったり、指示を出さなかったりと、責任感が見られません。あまつさえ全てを部下に任せて、上司自身は逃げてしまうといったこともあります。

仕事ができない・臨機応変な対処ができない

仕事ができないこともダメな上司の特徴のひとつです。部下が行っている仕事すらままならないような上司は、仕事の管理能力が不足していると言わざるを得ません。

組織をまとめ、効率的に仕事を回すため、トラブルが起きた際に臨機応変な対処をするためには、部下の仕事も当然理解しているべきです。

感情的になって部下を怒鳴る

感情に任せて部下を怒鳴りつける上司も、ダメな上司の例に挙げられます。本来、叱ることと怒ることは別物で、部下を教育するためには叱る必要があります。

間違いを冷静に指摘したり、なぜ失敗してしまったのかを説明したり、仕事の解説をして教育を施すのが良い上司です。これに対してダメな上司はそういった細やかな説明はほとんど無く、ただ失敗してしまったことのみを指摘する傾向が強いです。

相手によって態度を変える

人によって著しく態度を変える上司は、部下からの信頼を得られません。たとえば上司には良い顔を見せるにもかかわらず、部下に対してはきつく当たるなど、相手によってがらりと態度を変えていれば不信感が高まります。平等に人を扱う上司こそ、信頼される上司であると言えるでしょう。

その場を支配しようとする

自分の思い通りにならないからといって、権力を振りかざして無理に組織をまとめようとするのはダメな上司の例に含まれます。その場を支配して部下に圧力をかけ続けていると、組織にはいずれひびが入ってしまいます。

お酒の席でしつこい

飲み会に行きたくない!飲み会を断る5つの方法

上司と部下の間でコミュニケーションを取る機会を設けることは重要です。しかし、あまりに多く飲み会に誘って、プライベートにまで干渉することは、決して良いこととは言えません。相手を慮ることも良い上司の条件です。必要な時だけ、適度に部下を連れ出してお話の機会を設ける、これができる上司です。

ダメな上司の対処法

自分の上司がダメな上司だった場合、具体的にどのような対処をすべきなのでしょうか。次に各上司の特徴ごとの対処法について見ていきましょう。

話を聞かない上司:「報連相」は書面に残して証拠を抑える

報告、連絡、相談を口頭で済ませてしまうと、最悪のケースとして「聞いていない」という一言で一蹴されてしまう可能性があります。たとえ誰かがその場に居合わせていたとしても、その人も覚えていないと口を揃える可能性すらあります。したがって、「報連相」については口頭で済ませてしまうのではなく、書面という明確な証拠を作って行うと良いでしょう。

書面にしてしまえば、後から言った言わないの水掛け論にはなりにくいです。最低限、重要なことについては書面に記した上で報告をしてみてください。

責任感がない上司:指示されたことはしっかりとメモして確認をとる

なにかと責任を取ろうとしない、責任感の感じられない上司の場合は、しっかりとメモを取り、確認を取るように心掛けてみてください。

メモを取って確認を取れば、もしもトラブルが起きても、自分が上司の指示通りに動いたことの証明になります。そうすれば、上司も言い逃れすることが難しくなり、結果的に自分が負わなければならない責任の量も軽減されることになります。

仕事ができない上司:自分のスキルを伸ばすチャンスだと思う

楽をして仕事をしようとしない上司がいて、その分の仕事が自分に回ってきてしまうといった場合には、まずは深呼吸をしてみましょう。見方を変えれば、それは自分の仕事スキルを伸ばすためのチャンスでもあります。

そして、しっかりと仕事をしていれば、直接の上司でなくとも同僚など、誰かしらがその頑張りを見ているはずです。将来的に仕事ぶりが認められる可能性が高いので、これをチャンスと思ってスキルを伸ばしていきましょう。

感情的になる上司:ネガティブ思考に引きずられないように冷静になる

感情的に怒鳴る人と接していると、ネガティブ思考に陥ってしまいがちです。正しいことを行っているにもかかわらず、心が傷ついてしまう可能性もあるので、そういった場合は冷静になると良いでしょう。ストレスを発散する方法を考えてみることも有効です。

相手によって態度を変える上司:周りに自分の理解者を増やす

自分だけに辛くあたる上司の場合、周囲に自分の理解者を増やしておくと良いです。相手によって態度を変えているということを理解してもらえれば、周囲から助けてもらえる可能性もあります。

その場を支配しようとする上司:専門部署に相談しながらも毅然とした態度を通す

部下を支配して圧政的な管理をする上司の場合は、まず人事や総務といった専門部署に相談するようにしましょう。対応を取ってもらっている間は、毅然とした態度でその上司と接するように心掛けてください。

お酒の席でしつこい上司:一人で抱え込んで対処をしようとしない

女性 酒 断る

アルコールにかこつけて、しつこくプライベートに干渉する上司の場合は、とにかく誰かに相談してみてください。同僚や友人にそのことを知っていてもらえれば、誘われた時に無理やり予定を作って逃げることも可能です。予定が入っていないと誘いが断りづらくなってしまいますが、予定さえ入っていれば断りやすくなります。

ダメな上司にどうしても我慢が出来ない!そのときは?

ダメな上司にこれ以上我慢ができない、どうしても社会人としての付き合い方ができないといった場合には、どのような対処法が考えられるでしょうか。

いざというときの相談窓口を調べておく

パワハラ、セクハラといった場合、労働組合などの相談窓口に報告することも視野に入れておきましょう。また、会社に労働組合が無い場合には、労働基準監督署の利用を考えておくと良いでしょう。

相談する際には、有力な証拠があると信憑性も高まり、動いてくれる可能性も高くなります。日頃の書面化、メモを取るといった行動は、このような時にも大変役に立つので、ぜひ行うようにしてください。

万が一に備えて証拠をしっかりと残しておく

労働基準監督署や労働組合、法律の力を借りて弁護士に相談するといった場合には、証拠の有無が非常に重要となります。もちろん証拠がなくとも相談をすることは可能ですが、実際に解決へと向けて動いてくれるかどうかは分かりません。

証拠さえしっかりと見てもらえれば、何かしらの動きを取ってくれる可能性が高まります。ボイスレコーダーによる録音や書面のコピーといった証拠はできるだけ集めておくようにしましょう。

転職するときは挨拶をしっかりと済ませていい印象を残しておく

もしも転職を考えている場合には、お世話になった同僚等にしっかりと挨拶を済ませておくと良いでしょう。上司への報告は勿論必要となりますが、特に同僚については、今後も何かの時に連絡を取れると便利なこともあるので挨拶をしておいてください。

まとめ

ダメな上司とうまく付き合うためには、部下の側から少しアプローチの仕方を考える必要があります。それぞれの特徴ごとに対処方法は異なるので、まずはダメ上司がどのようにダメなのかを考えてみてください。そして、特徴によって的確に対処していきましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.