感動・泣き

リーダーの役割とは?良きリーダーになるための心得

投稿日:

組織において、リーダーが果たすべき正しい役割とは何でしょうか。経験の少ない方は特に、自分がその役割を担えているかどうか不安で、責任に押し潰されそうになってしまうこともあると思います。良きリーダーになるためにどうすれば良いか悩んでいる方に向けて、これから目指すべきリーダー像と必要な能力についてまとめました。

今回は、

  • リーダーに求められる役割について
  • 求められるリーダー像
  • 良いリーダーに求められる要素

をご紹介します。マネージャーなどのポストに就いている人やこれから目指す人は是非、参考にしてみてください。

リーダーの役割とは?


リーダーとは、単にチーム内で最も重い責任を引き受けた立場の人間のことではなく、チーム全体の能力を伸ばすために選ばれた人のことでもあります。リーダーが負うべき役割には、どのようなものがあるのでしょうか。

メンバー間の潤滑油

リーダーの役割としてまず重要なのは、チーム全体の連携が上手くいくように配慮することです。メンバー間の意思疎通が上手くいかないときには、自ら間に入ってフォローを行う姿勢が不可欠です。チームにとって潤滑油のような存在になれるよう努めましょう

具体的な目標を決める

チームの団結力と士気を高めることも、リーダーにとって大切な役割です。そのためには具体的な目標を決め、全員が明確なビジョンを持って効率的な働きができるような環境を作りましょう。同じ目的を共有することは、チームの結束力の強さにもつながります

目標達成の舵取り

目標達成のために、一人一人がどういう役割をすれば良いかを主導的に決めるのもリーダーの務めです。個々の能力が発揮できるようなポジションに配置し、自信と責任感を与えましょう。チームの舵取りをすることで、リーダーへの求心力も芽生えます

自らお手本となる働きをする


リーダーは常に、自ら率先して模範となる働きぶりを見せなければなりません。メンバーからの信頼を得るために、有言実行ができる人間であることを示す必要があるからです。上に立つ人間として、周りから尊敬を受けるような勤務態度を心がけましょう

メンバーとの信頼関係を築きあげる

メンバーからの信頼なくして、リーダーの役割は決して果たすことができません。重要なのは、中立性を保ちながら、誠実さを持って個々の仕事の評価に当たることです。八方美人な態度を慎み、常に「公平であること」が信頼関係の構築につながります。

求められているリーダー像とは?

リーダーの役割については上記で考察してきましたが、リーダーとしての役割を果たすために、メンバーからの信頼を得ることがとても重要であることが分かりました。そのメンバーから「求められているリーダー像」とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。

リーダーシップがあるけどワンマンではない人

人を惹きつけ、引っ張る力を意味する「リーダーシップ」は、リーダーに欠かせない要素です。しかし、上に立つと独断でことを推し進める「ワンマン」になるタイプの人もいます。組織をまとめるには、ワンマンではなく、部下の意見を尊重できるリーダーが求められます

山あり谷ありを乗り越えられる人


リーダーは、状況の変化の中でもメンバーの士気を下げないように、常に前向きである必要があります。成績が悪いときでも、決して動じずにモチベーションを維持しなくてはなりません。山あり谷ありを乗り越えられる精神力の強さが求められます

いざという時にはメンバーを守れる人

「この人についていきたい」と思わせるには、自分の立場が不利になっても部下を守る姿勢が求められます。逆に、保身のために部下の評価を落とすような言動をすると、一気に信頼を失います。いざとなると守ってくれる人、というイメージがあるかどうかが重要です。

広い視野で物事を見られる人

常に変化する時代の中で、リーダーには広い視野で物事を見る能力が必要とされています。一つの組織の視点しか持っていないと、変化に対応できない人というイメージを持たれてしまいます。自己研鑽し、大局を見る力を養いましょう

決断力のある人

リーダーを任される人間に最も求められている力は「決断力」です。どんな状況であっても迅速に的確な決断を下すためには、ブレない「信念」があるかどうかが重要です。正確な知識と豊富な経験に培われた、信念を持った人が組織には必要と言えます。

良きリーダーとは?必要な要素


どんなに優秀な人でも、最初から完璧なリーダーになれるわけではありません。求められる「良きリーダー」をこれから目指す人は、どんな力を身に付けていけば良いのでしょうか。8つの要素を挙げて説明します。

元気でエネルギッシュ

リーダーが常に元気でエネルギーに溢れていれば、メンバーに良い影響を与えることができます。逆に余裕のない暗い顔をしていると、皆が安心して仕事することができません。自らムードメーカーになることが周りのやる気を引き出す要素になります。

情報収集能力がある

リーダーに情報収集能力があれば、チームは危険を回避し、好機を逃さず仕事をすることが可能となります。ネットが普及した時代だからこそ、正確な情報を選別して収集する能力の高さは大きな武器になります。いつもアンテナを張っていることが、良きリーダーの条件と言えるのではないでしょうか。

何事にも失敗を恐れない

リーダーは失敗を恐れずに、どんどん挑戦する姿勢を見せることが大切です。失敗ばかり怖がるリーダーの下では、部下も委縮してチャレンジ精神を失ってしまいます。むしろリーダーが率先して失敗することで、何事にも挑める環境を作ることができます。

責任能力がある


自分の仕事だけではなく、部下の仕事に対してどれだけ責任を持ってフォローに当たれるかということがリーダーとしての評価を左右します。責任能力の高さは上からも下からも信頼を集める重要な要素です。「この人のためなら」と思わせるきっかけにもなります。

ポジティブ思考

仕事のミスを単なる失敗に終わらせるのではなく、次の成功につながる好機として、「ポジティブ思考」で対応に当たることがチームに良い影響を及ぼします。ピンチをチャンスと捉える思考に全員が変わっていけば、モチベーションの低下がなくなります

誠実であること

誠実さはリーダーには欠かせない要素です。私的な見解で誰かの意見に肩入れしたり、全員に良い顔をしようとしたりすると信頼関係に綻びが出ます。情報を公平に共有し、決して人を欺かないことがリーダーの絶対条件と言えます。

他人の話が聞ける寛容性

どんなに人を惹きつける魅力を持っていても、他人の話を聞けない人は、組織のリーダーに向いていません。立場が上になるほど、自分とは逆の意見を言ってくれる人が減っていくことを自覚し、寛容性を持つことで風通しの良い組織を作ることができます。

部下を育てる育成力


部下の育成はリーダーの重要課題です。リーダーばかりが多くの仕事を抱えるのではなく、リーダー不在でも仕事が滞らないような環境作りが大切です。自分も仕事ができなかったときの気持ちを忘れず、愛情を持って育成に当たりましょう

まとめ

リーダーの役割とは、チーム全体の利益を上げるために行動することです。求められるリーダー像を分析し、自分も近づく努力をしましょう。良きリーダーになるために必要な要素を身に付けられるよう、自己研鑽を怠らず、決して奢らず、いざという時は信念を持って行動できるように、多くの知識と経験を身に付けていきましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.