感動・泣き

面長な人必見!眼鏡が似合うポイントはフレーム選びだった

投稿日:

顔の輪郭によって似合うものと似合わないものがありますよね。中でも面長な人は、メガネ選びに苦戦したことがあるのではないでしょうか?

いろんな形のフレーム、デザインがあるメガネの中で、面長さんに似合うメガネはどんなものなのでしょうか。

  • メガネフレームの基本的な選び方
  • 顔の特徴を活かしたフレームの選び方
  • 面長さんに向けた眼鏡の選び方

などをご紹介していきます。

眼鏡フレームの基本的な選び方


眼鏡の見た目やデザインを大きく左右するのが、レンズを囲むフレームです。まずは眼鏡フレームの基本的な選び方からチェックしていきましょう。

横幅は顔の横幅とほぼ同じにすること

眼鏡をかけたときに目立つのは、フェイスラインです。眼鏡のフレーム次第で顔が大きく見えたり骨ばって見えたりしてしまうので、注意したいところ。

特に顔の横幅をスッキリと見せるには、眼鏡の横幅に注目眼鏡と顔の横幅がほぼ同じ長さになるようにしましょう。もしくは眼鏡の横幅の方が、顔の横幅よりも大きいくらいがちょうど良いですね。

眼鏡の方が顔の横幅よりも小さいと、眼鏡に比べて顔が大きくフェイスラインが太って見えてしまいます。

縦の長さは顔の長さの1/3以下にすること

横幅の次は縦幅です。眼鏡の縦の長さは、顔の長さの1/3以下が理想的です。ここでいう顔の大きさは、眉毛から顎の先までの長さのこと。頭の全体の長さではないので要注意。

ちょうど眼鏡の縦幅が1/3くらいだと、面長さん特有の「顔が長い」というイメージを払拭することができます。逆に縦幅が短すぎる眼鏡は面長のイメージをさらに助長してしまいますので、なるべく避けてくださいね。

黒目の位置はレンズの中央か少し内側に来ること

女性 メガネ
実際に眼鏡をかけたときの印象にも注目です。顔が縦に長いタイプの面長さんは、眼鏡をかけたときに黒目の位置がレンズの中央、もしくは少し内側にくるような眼鏡が似合います。逆に黒目がレンズの外側に来るようなら、眼鏡の幅が小さくて顔を大きく見せてしまうので注意。

こればかりは実際に眼鏡をかけてみないと分からないので、眼鏡屋さんにいったとき、気になる眼鏡があったら試着させてもらってくださいね。

フェイスラインと似たラインのフレームを選ぼう

眼鏡選びの基本は、自分のフェイスラインと似たフレームを選ぶことです。こればかりはどんな顔の形をした人でも変わりません。では、具体的にどんな風にフェイスラインとフレームを見比べていくのか、そのポイントについてご紹介していきます。

髪の生え際のラインとフレーム上部のラインを合わせる


前髪を作る人なら見落としがちですが、髪の毛の生え際のラインだってフェイスラインの一部です。眼鏡のフレームの上部は、髪の毛の生え際と合わせるようにしてみましょう。

例えば顔の生え際がアーチを描くように丸い曲線の人は、フレーム上部が丸いオーパル型やラウンド型(丸メガネ)が似合うでしょう。これに対して生え際の線が真っ直ぐだったり、富士額だったりする人は、フレーム上部が直線のスクエア型やバレル型、もしくはウェリントンでシャープな印象を演出するのがおすすめです。

頬のラインとフレームの横ラインを合わせる

眼鏡フレームの横ラインは、頬のラインを参考に選んでみましょう。ふっくらと丸いほっぺの人は、横ラインがふわっと丸いタイプの眼鏡フレームを選んでみてください。逆に頬のラインがシャープな人なら、丸眼鏡よりもスクエア型などの知的でシャープな印象の眼鏡フレームが似合うでしょう。

実際に眼鏡をかけてみて、眼鏡の横のラインが頬のラインと馴染んでいるかチェックしてみると分かりやすいですよ。

下唇のラインとフレームの下部ラインを合わせる

眼鏡フレームの下のラインは、下唇のラインと合わせて選ぶのがおすすめです。もしも下唇だけぽってりとボリュームがあるようなら、上のフレームがないアンダーリムタイプの眼鏡フレーム、もしくはフレームの下部ラインだけが太目のものを選ぶと良いですね。逆に下唇が薄い人なら、フレームの下部は細くてあまり目立たないものがおすすめです。

顔の特徴を活かしたフレームの選び方


誰の顔にも、その人にしかない魅力や特徴があります。そんな一人一人の顔の特徴を活かした眼鏡フレームの選び方を見ていきましょう。

目と目の間の長さに合わせて眼鏡のブリッジの長さを選ぶ

眼鏡の「ブリッジ」とは左右のレンズをつなぐ、鼻に直接かかる部分のことを言います。目と目の間の長さは人によって違いますから、フレームを選ぶときはブリッジの長さにも注目ですよ。

例えばブリッジの長さが違えば、上でご説明した「黒目がレンズの中心にくる」という条件を果たせなくなります。極端にブリッジが長すぎor短すぎればフェイスラインにも影響が出ますから、目と目の間の長さをあらかじめ測っておくと、フレームを選びやすくなりますよ。

目を大きく見せるにはレンズの小さいもの

少しでも目を大きく見せたいとき、レンズは小さいものの方がおすすめです。レンズが大きいとメガネのフレームの中で目の周りのスペースが余ってしまい、結果としてフレームに比べて目が小さく見えてしまうのです。出来ればフレームの中いっぱいに目が見えるように、レンズは小さめのものを選びましょう。

鼻を小さく見せるにはブリッジがまっすぐ

眼鏡をかけると鼻が強調されやすくなります。これを防ぐには、真っ直ぐなブリッジのメガネを選ぶのがポイント。丸いアーチ型のブリッジだと鼻の大きさを強調してしまいますから、真っ直ぐなブリッジを選んで鼻筋を細く見せていきましょう。

面長な顔に似合うフレームの形とは?


丸眼鏡に四角い眼鏡、楕円型の眼鏡…眼鏡のフレームにはたくさんの種類がありますよね。中でも面長さんに似合う眼鏡フレームはどんな形なのか、形の名前と一緒にご紹介します。

ウェリントンタイプ

ウェリントンタイプというのは、正方形に近い四角形の、ちょっと大き目な眼鏡のことです。横幅はもちろん縦幅も広いので、面長さん特有の顔の長さを上手くごまかすことができますよ。レンズが大きいので子どもっぽくなるのが怖いかもしれませんが、かけてみると意外と大人っぽく、知的な印象を与えることができます。

ボストンタイプ

ボストンタイプは、全体的に丸みを帯びた逆三角形に近い形の眼鏡フレームです。丸眼鏡ほどクセがなく、ふんわりとしたフレームの形で面長のクールな印象を和らげるのにおすすめ。ラウンドタイプの眼鏡を選ぶ場合は、顔の横幅よりもちょっとだけ長めのフレームを選ぶと良いでしょう。

アンダーリムタイプ

アンダーリムとは、レンズの下半分だけをフレームで囲んだ眼鏡のタイプです。スタイリッシュで個性的な印象を演出するのに向いていますね。

下半分だけのフレームが存在を主張するので、フレームの下のフェイスラインがスッキリして見えます。フレームが顔を上下に区切ってくれるので、「顔が長い」という印象が薄れますよ。面長をカバーする目的なら、アンダーリムのフレームは濃い色がおすすめです。

スクエアタイプ

スクエアタイプは横に長い長方形の眼鏡フレーム。使用率も高い王道と言える眼鏡です。面長さんは大人っぽくて知的な印象を与えることが多いですから、それをさらに助長して賢そうな雰囲気を演出してくれるフレームと言えますね。

ただしスクエアタイプの眼鏡フレームは面長な印象を強めてしまうこともあるので、フレームの色は目立ちにくいように、薄めのものを選ぶのがおすすめですよ。

まとめ

思ったよりもたくさんある眼鏡のフレーム、それぞれの特徴と魅力は伝わりましたでしょうか?面長さんは顔の長さで「大人っぽい」とは言われても「可愛い」とは言われにくいので、それを上手く眼鏡でカバーしていきたいものですね。

眼鏡は単なる生活必需品ではなく、オシャレアイテムでもあります。もしも面長な自分の顔にコンプレックスがあるなら、ぜひ眼鏡で上手くカバーしてみてください。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.