感動・泣き

学生と社会人の違いの違いって何?面接で聞かれたときのポイント

投稿日:

学生と社会人との違いは、漠然とは感じていてもいざ説明を求められると明確に答えにくいと思いませんか?特に、学生のときは社会人との違いはわかりにくいものです。

そこでここでは、

  • 学生と社会人の違いを面接で聞かれる理由とは?
  • 学生と社会人の違いとは?
  • 学生と社会人の違いを答えるときのポイント

と、面接のときによく聞かれる学生と社会人との違いについてまとめてみました。

学生と社会人の違いを面接で聞かれる理由とは?

学生と社会人に違いがあるのは当たり前と思っていても、面接でわざわざ質問される理由までは想像がつきにくいものです。

面接官には当然質問をする理由があり、そこにはいくつかのポイントが秘められています。

抽象的な質問に対しいかに明確に答えることができるか確認したい

学生が持っている社会人のイメージは漠然としています。学生時代とは違うだろうとは思っていても、何がどのように違うのか実質的にはわかりません。

そのため、学生と社会人との違いといった抽象的な質問をされても、具体的な答えが出てきにくいのです。

ただし、実際の体験としては具体的に答えられないことでも想像することはできます。いかに想像をめぐらして回答できるかは、社会人として働くことにどの程度前向きかにも関係するでしょう。明確な回答ができるぶん、将来への覚悟が固まり始めているわけです。

社会人になるための心構えや覚悟をどの程度もっているか確認したい

社会人になって働くのは、学生時代にアルバイトで働くのとは責任が違います。具体的にどのような責任感が必要かはわかりにくいかもしれませんが、どの程度の心構えがあるかで採用の合否が分かれることは少なくありません。

社会人になる覚悟がないと、働くのが嫌になってすぐに辞めてしまう可能性もあります。自分や職場にどの程度の責任を持てるかを確認するために、学生と社会人の違いを自ら答えてもらうのです

働くことに対するイメージや不安に感じていることを確認したい


働くことにどんな価値観を持っているか知るために、学生と社会人の違いを聞かれることもあります。学生のうちは、社会人として働くことに不安を感じても当然です。面接官としては、何が心配かが気になります。

不安を放っておくと、働くことに前向きになれないかもしれません。それは、覚悟のなさにつながります。仕事のどこに価値観を持つかも、一緒に働くためには重要です。

学生と社会人の違いとは?

学生と社会人の違いは、どこにあるのでしょうか?面接官に質問されて学生が答えること、面接官に求められている答えは様々ですが、一般的な概念として心得ておきたいところを見ておきましょう。

自分の行動に対する責任感


学生のうちに自分の行動への責任を意識している人はいるでしょう。しかしどこかで、学生だから許してもらえると甘える部分もあるのではないでしょうか。社会人になれば、仕事の上で甘えが許されることはありません。職場での助け合いはあっても、基本的には常に責任感を強く持っている必要があります。

例えば、学生のバイトのうちは、終業時間が来れば仕事が残っていても帰してもらえることが多いでしょう。しかし、社会人になれば仕事を残して帰るわけにはいきません。終業時間が来たからと退社できるのは、仕事が終わっているからです。

疲れたから明日の仕事は休もうと、自主休講のような真似をするのも無責任です。体調管理も社会人としての責任で、急に休んだりすれば他の人に負担がかかることを忘れてはなりません。外出先での行動も、会社の一員として社会でチェックされていることを意識する必要があります。

生活をするためのお金の使い方


お金に対する考え方も、社会人と学生では異なります。アルバイトで定収入があっても、社会人ほどの収入を得ている人は多くありません。税金の支払いや生活費のやり繰りなど学生と社会人では大きな差があり、上手にやり繰りすることが社会人の責任の一つです。

お金遣いの荒さから借金をして支払いに行き詰り、職場に督促が来たりすれば、職場に迷惑をかけることになります。職場内での個人の信用も低下し、仕事に支障が出てくるかもしれません。自分のお金の管理ができない人に、大事な仕事を任せて安心とは思えないのが会社の本音です。

自ら積極的に取り組む行動力


就職したての頃は、何をすればいいのか右も左もわかりません。それでも自ら積極的に取り組もうとする姿勢があるのとないのとでは大違いです。やる気はあっても常に指示待ちでは、先輩や上司にとっては積極性がないとみなされます。

やる気があるのに積極性がないと評価されてしまうのは、つらいものです。対策としては、頼まれた仕事を終えたら次に何をすればよいか自分から聞いてみるとよいでしょう。この仕事をしてもよいかと、提案してみるのも一案です。

見積もりが必要な時間の使い方

社会人になると、仕事が充実してくるほどに自由な時間がなくなってきます。必然的に、限られた時間内でどう過ごすかを重視するようになるのです。時間のやり繰りは、約束の時間までに任された仕事をこなせるかどうかにも関わってきます。

誰かの仕事が10分遅れると、他の人の仕事にも影響を与えるものです。直接的に関わっていないようでも、間接的に迷惑を被る人が出てくることを忘れてはなりません。仕事を任されたら、時間配分をして遅れないように終わらせることが重要です。

連絡や返信の重要性


報連相という言葉があるように、職場での連絡や返信の重要性は意識しなければなりません。報告・連絡・相談を怠って自己流で進んでしまうと、必ず誰かに負担がかかります。

大体わかってもらえるだろうという判断での行動は、社会においては危険です。問題がなければ問題がないなりの連絡をするなど、職場で関係している人に自分の状況を知っておいてもらうことが社会人としての責任になります。

言葉の使い方

社会に出たら、言葉の使い方には十分に気を付ける必要があります。職場によっては、若者言葉やタメ口が全ての人間関係で許されることもあります。しかし、取引先にも同じような言葉の使い方をすると、失敗しかねません。

社会では、敬語を使うのが基本です。それも正しい敬語でなければ、職場全体が社会常識がないのではないかと疑われてしまいます。堅苦しい敬語ばかりが正解とは限りませんが、言葉遣いへの配慮は社会人にとって大きな課題です。

労働をして報酬を得られる

学生でもバイトをすれば報酬を得られますが、社会人としてフルタイムで働いて得られる報酬とは金額が大きく異なります。モチベーションが下がってくると出勤さえすれば給料が出ると思ってしまうことがありますが、それは間違いです。自分が担当する仕事をこなし、職場に貢献したことで報酬を得ているのです。

だからこそ、終業時間が来ても仕事が終わっていなければ帰れないという事態もあり得ます。いかに良い仕事をして納得できる報酬を得られるかが、社会人として働く醍醐味です。

学生と社会人の違いを答えるときのポイント

面接の際に、面接官から学生と社会人の違いを聞かれる確率は高めです。面接に備えて、あらかじめ答えを考えておいたほうがよいでしょう。どのような答えをしたらよいか、ポイントをまとめてみました。

社会人というものに対して前向きに捉えた答え方をする

学生と社会人の違いについての回答は、個人によって違いがあって当たり前です。ただし、回答が前向きか後ろ向きかといった点は重視されます。

面接官にとって好ましいのは、もちろん前向きな意見です。社会人になることに希望を持っているか、学生を卒業して社会人としてスタートしたい心構えがあるかを伝えることに重きを置きましょう。

インターンシップなど実体験をもとにした答え方をする

学生のうちに、全く職業体験をしたことがない人は少ないでしょう。アルバイト、インターンシップなど、実体験をもとにした仕事への考え方は面接官に興味を持ってもらえます。

具体的な回答をするためにも、学生のうちにたった1日でも何らかの職業体験はしておくのがおすすめです。

漠然とした当たり前すぎる答え方はしない

仕事
社会人として働く意欲がある、責任感を大切にしたいなど、漠然とした回答は面接官に響きません。

そんなことは社会人として働くうえで大前提で、当たり前すぎる答えがマイナスイメージになってしまう恐れがあります。たった1つでもよいので、具体的な答えを用意していきましょう。

まとめ

学生と社会人との違いという平凡にも思えるような質問は、面接で頻繁に出てきます。それほど、重要な問題だからこそ面接官もわざわざ質問するのです。

甘く考えず、面接の準備をするときから社会人になる心構えを意識してみることをおすすめします。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.