感動・泣き

オーラルケアの「素朴な疑問Q&A」!あなたの歯は大丈夫!?

投稿日:

当たり前に思っていたことが、実は歯に良くないかも…!?

今回は、意外と知らないことが多い《オーラルケア》について、Q&A形式でまとめてみました。自分のやり方が正しいか、是非チェックしてみてくださいね♡

朝起きて一杯の水を飲むと、口の中を清潔に保てるって本当?

答えはNo!

健康のために朝コップ一杯の水を飲むといいと言われていますが、寝る前にしっかり歯磨きをしていても就寝中は唾液の量が減るため、口の中には沢山細菌が増殖しています。

そのため、朝起きてすぐ水を飲むと、細菌ごと体内に入れていることに!

起床後すぐに歯ブラシでブラッシングする癖をつけるのがおすすめですよ♪面倒なら、うがいだけでもするようにしましょう。

食後30分以内に歯を磨くのがよい?

答えはNo!

食後、特に酸性の食品を摂取してすぐの口腔内は酸性に傾いています。すぐにブラッシングすると、歯ブラシで歯のエナメル質までも削り取ってしまうおそれが。

唾液の作用で口腔内が中性に戻るのは食後30分ほどかかるので、食後30分〜60分程度で歯磨きをするのが一番歯に優しいと言えます。

適切なタイミングで歯磨きをするように心がけましょう♪

歯並びを治すと体調が良くなることがある?

答えはYes♪

歯並びや噛みあわせが悪いと、顎の関節がずれて、口が開けづらくなったり、肩や首が凝るなど不快な症状が出ることがあります。

歯列矯正によって歯並びを揃えることで、歯磨きがしやすくなり、虫歯や歯周病のリスクを軽減することができます。また、噛みあわせが良くなることで首周辺の大きな負荷が軽減され、肩こりや頭痛を感じにくくなることも。

必ずしも全ての人に表れるわけではありませんが、体調が良くなる効果は期待できます♪

歯の悩みがないから歯医者に行かなくてもOK?

答えはNo!

問題が起きたときに歯医者に行くという考えはNGです。治療ではなく、予防のために行くという意識を持ちましょう♪

歯周病など、痛みを感じないまま発症する病気もありますし、痛みに耐えられずに歯医者に駆け込んだら、すでに治療ではどうすることもできなくなっている場合もあります。

3ヶ月〜半年に1度のペースで定期的に通うのが理想的。トラブルの早期発見につながりますし、治療の選択肢を大幅に広げることが出来ますよ。

子供の頃に入れた銀歯は身体によくない?

答えはYes♪

現在30代以上で、子供の頃の歯の治療により、光沢のない銀色の詰め物が入っている人は要注意です!「アマルガム」といわれる、水銀を約50%含んだ合金が入っている可能性があります。

アマルガムの水銀は口の中で腐食し、少しずつ溶け出して体内に蓄積すると言われており、腐食した部分から虫歯になるパターンも見られます。

一度、歯科医院で検診を受け、より安全な素材のものに変えることを相談してみるのが良いでしょう。

歯ブラシでごしごし磨いているから虫歯の心配はない?

答えはNo!

歯ブラシを強く握り、力を入れてブラッシングすると歯のエナメル質にダメージがかかります。また、毛先が広がって、歯と歯の間などがきちんと磨けていない可能性も。

力で磨くのではなく、毛先を細かく動かして磨くように心がけましょう。歯ブラシはペンを握るように持つと、無駄な力が入らずおすすめです♪

また、歯ブラシはたくさんの種類がありますが、握りやすいストレートネックの持ち手で、小回りがきく小さめヘッドのタイプがおすすめです。大人は柔らかめ、子供は硬めの毛を選ぶと良いでしょう。

オーラルケアで歯を守ろう!

全問正解できたでしょうか?

食後はすぐ歯磨きをするのがベストと思っていたけれど、30分ほど経ってからが良いというのにビックリした方が多いと思います♪

失ったら戻ってこない、大切な歯。正しい知識に基づいたオーラルケアを行って、自分の歯を大切に守りましょうね♡

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.