感動・泣き

2回目のデートで告白はアリ?告白OK・NGのサインとは

投稿日:

好意を抱いている相手がいるとき、頭を悩ませる人が多いのが告白のタイミングです。現状で1回目のデートを終えて、いつ言おうかと考えている人もいるでしょう。

今回は、

  • 2回目のデートは脈があるのか
  • 2回目のデートのおすすめデートスポット
  • 告白してもOKがもらえそうなサインとNGサイン

をご紹介します。2回目のデートで告白を考えている方は是非、参考にしてみてください!

\FEELY公式LINE@登録はこちら /
毎日トレンド情報をお届けします!
友だち追加

2回目のデートができるのは脈ありなのか?


絶対に脈ありになっているとは限りません。しかし、しっかりとした理由があって2回目のデートの約束を取ることができ、脈あり状態になっていることはあります。その理由も含め、以下にまとめました。

脈ありの確率は決して低くない

多くの場合、2回目のデートができるのは、1回目のデートの内容に満足しているためです。それと共に、相手に対する好感度もアップしていると考えることができます。初回のデートが最悪であれば、2度と会いたくないと思われることもあるため、次があったというだけで脈ありの確率は上がるわけです。

まだまだ様子見のスタンスの可能性もある

相手のことを友達以上の存在と思っていても、まだ付き合いたいと思うところまでは至っていない状態のこともあります。気合が入っているデートは初回だけではないか、下心があるのではないかなど、探る狙いが2回目のデートにはあるケースも珍しくありません。ここでボロを出してしまうと、脈なしになってしまうリスクがあります。

2回目のデートの内容で告白の成功率はアップする

相手が満足でき、お互いの新密度が高まるデートを2回目にできれば、告白してOKを貰える確率は上がるでしょう。初回と2回目のデートまでのあいだに連絡を取り合ったり、職場など2人きりでない環境で会って話したりする機会がある人も当然います。そのときの印象がよければ、成功率はよりアップするでしょう。

告白のタイミングで最も多いのは2~3回目のデート

多いからと言って、3回目までに決着をつけなければいけないわけではありません。ただ、1回目で相手に好意を持って、2回目か3回目でそれが確信に変わるケースが多いようです。男性から告白するケースもあれば、女性から告白するケースもあります。

2回目デートで告白してOKを貰おう!おすすめデートコース

高級レストランでのディナーをはじめ、2回目で告白も視野に入れたデートと言っても選択肢は多くあります。OKを貰う確率を上げるため、相手の好みに合わせてどこへ行くか決めたいところです。ここでは、おすすめのデートコースを見ていきましょう。

かわいい動物に癒される♪動物園


全体的に入園料が安く、その割りに長時間楽しめる点も魅力的な動物園では、いろいろな動物を見るだけでなく、触れ合える機会もあり、ほっこりとした気持ちになれます。動物自体にだけでなく、動物と接する姿には母性・父性本能がくすぐられます。お互いに癒されて、より心を開きやすくなれるのではないでしょうか。

見ごたえがあって盛り上がる!水族館

イルカなどの迫力があるショーや、海中にいるような気分を味わえるトンネル型の水槽、心癒されるかわいらしい生物など、全国には見ごたえのある水族館が多数あります。見たものに対する感想を言いながら回ればよいため、案外会話のネタには困りません雨の日に行くデートスポットとしてもよいでしょう。

車内はふたりきり♡ドライブ


長時間ゆっくり喋ることができるほか、人に聞かれる心配をせずに告白しやすい点もGood。また、移動手段として優秀なのも車の魅力です。走りながら景色を楽しむだけでなく、ショッピングや食事などを兼ねて出かけるのも楽しいでしょう。

楽しさいっぱい!テーマパーク

アトラクションが豊富にあり、飲食のサービスを提供している施設も入っているため、デートスポットで悩むことなく、一日中楽しめるのがテーマパークの魅力です。また、たとえば観覧車に乗って景色を楽しみつつ、2人きりになれる空間でロマンティックなムードになれるのもよいでしょう。

トークが苦手なら……映画館

喋りが不得意な人であっても、デートを成立させやすいのが映画館です。通常の上映スタイルであれば黙って見ているのが基本のため、相手と会話しなくても問題ありません。また、映画を見終わったあともその作品の内容が会話のネタになりますし、見たい作品を見れたこと自体への満足感もあります。

ゆっくりおしゃべり♪カフェ

カフェは軽い食事を摂ることができるほか、腰を落ち着けて会話を楽しめる点が魅力的です。デートはどこか一箇所に行って終わりというわけではないことも多く、ホッとひと息つく場所としてもカフェは組み込みやすいでしょう。なお、カフェというと昼間のイメージが強い人もいるでと思いますが、今は夜カフェが増えており、デートスポットとしても人気があります。

リッチな気分で!レストランディナー


2回目のデートコースには、レストランディナーと言っても高級店で奮発するのがおすすめです。初回よりデートをランクダウンさせていないことをアピールできます。よりゆっくりと食事や会話を楽しみたければ個室のお店もよいでしょうし、告白へのムードを高めたければ夜景の美しいお店もよいでしょう。

大人デートに♪BAR

シャイ・口下手な性格の人でも、お酒が入れば緊張がほぐれて、普段より大胆になれたり、スムーズに喋れたりするという人は多いです。お酒好きの人はもちろんのこと、お酒の力に頼りたい人は、落ち着いた雰囲気のバーでゆったり過ごすのも良いでしょう。ただ、とくに緊張をほぐそうとして飲むとペースが速くなる傾向があるため、悪酔い・泥酔による醜態をさらすことには気をつけなくてはいけません。

2回目のデートで告白してOKと判断するポイント

相手が1回目のデートと同じように、または1回目より積極的な態度で臨んできていれば、告白してOKをくれる可能性は高いでしょう。どこを見ていけそうか判断するか、ポイントをご紹介します。

手を繋ぐなどボディタッチがOKだった場合

ただの知り合い程度の人が至近距離にいると不快に感じるのは、パーソナルスペースという心の縄張りがあるためです。どういう関係性でどのぐらいの距離まで許容できるかは個人差ありますが、恋人になるぐらいの関係性であればボディタッチも自然と受け入れられます。ただ、正式に付き合う前から軽々しくボディタッチをすると、異性関係にだらしない人と誤解されることもあるため注意が必要です。

3回目のデートの約束も取れた時


また会いたいと思ってくれていることを示しているため、2回目のデートで次回の約束が決まるのはプラス要素です。なお、2回目のデート中に次の約束について難色を示されることはありますが、単純に仕事が忙しいなどの理由で、今後の日程が不明確なだけのこともあります。この場合、脈ありであれば後日、こちらから催促しなくても3回目のデートの話題を振ってきてくれるでしょう。

自分の事を色々と聞いてくる

相手に対して興味があり、より深く知ることによって関係を発展させたいと思っている場合は好意を持ってくれている可能性が高いです。とくに前回恋愛寄りの質問をされて、好みの異性の話題になったとしましょう。その結果、2回目のデートで自分の理想像に相手が寄せてきている場合には、期待値は高いと言えます。

相手の服装に気合が入っている

初回と同様に、または初回以上に服装に気を遣っていれば、自分と会うことを特別なイベントとして捉えてくれていると言えるでしょう。2回目のデートで服装に手を抜いてしまうと、それが相手に対して脈なしサインとして伝わってしまうこともあります。そのため、自分も気合を入れて臨むことをおすすめします。

前回のデートの話をしてくれる

2回目のデート中、会話の中に初回のデートの話題がよく出てくるのはプラス材料です。好意を持っていない相手と喋った内容や行った場所、身に着けていたものまでいちいち全部記憶している人は多くありません。とくに男性は好きな女性とのことでないと、まったく覚えていないことがザラにあります。

カップルを見て羨ましいといった類の発言がある

自分達も付き合いたいと思っている可能性があるでしょう。そしてそのことを、遠まわしに相手にアピールしていると考えることができます。また、相手が同調してくれるかどうかによって、脈ありなのかなしなのか、探りを入れてきているのかもしれません。

2回目のデートで告白はまだ早いと判断するポイント


相手の2回目のデートでの様子を見てみると、告白するのはまだ早いのかどうかを見極めるのに役立ちます。ここでは、どういったところに注目すると良いのか、ポイントをまとめました。

話をしてもリアクションが薄く話題が広がらない

まず、相手への興味が薄れてきている可能性があるため、盛り返すための時間が必要でしょう。ただ、一方またはお互いにシャイ・口下手な場合には、会う回数が増えていくと改善する可能性があるでしょう。逆にシャイ・口下手でもないのにこの状態であれば、何か悩みなどがあって会話に集中できずにいることもあり、告白より話の聞き役に徹するのがよいかもしれません。

相手のテンションが低い

ひとまず相手は2回目のデートにはやってきているわけで、相手のテンションが低くなっていても、その時点で嫌われているわけではないかもしれません。というのも、初回が張り切り過ぎていただけで、2回目のデートでは落ち着いたテンションで臨めているだけと考えられるためです。ただ、相手の中ではもはや恋愛対象ではなくなっている可能性も残るため、様子見はしたほうがよいでしょう。

ボディタッチを避けられる

避けられると言っても、良い避けられ方と悪い避けられ方があります。避けられたとしても恥ずかしそう、嬉しそうにしているようであれば、デートを重ねるうちに自然に受け入れてくれるようになる可能性は十分にあります。一方、露骨に嫌な顔をされて、避けられたあとも不機嫌になっている場合は、関係の発展は難しいと言えるかもしれません。

相手がスマホを良く見ている

仕事絡みなど理由があってスマホを確認している場合は良いですし、マナーが悪いと自覚していればごめんなどと断りを入れた上でチェックするでしょう。しかし、とくに理由もなく退屈しのぎのためにスマホを操作していて、喋りかけても気のない返事ばかりということではまずいです。2回目のデートで告白はまだ早いというより、脈なしかもしれません。

まとめ


2回目のデートの約束を取ることができれば、脈ありの可能性があることが多いです。しかし、デートコースの選定や立ち回り方を間違えると、脈なしの方向へ傾いてしまうリスクもあります。今回ご紹介した2回目のデートで告白してOKかどうか判断するポイント、おすすめデートコースを参考にし、告白の成功率をアップできるようにしましょう。

\FEELY公式LINE@登録はこちら /
毎日トレンド情報をお届けします!
友だち追加

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.